2020/09/09 08:00

おはようございます!クラファン企画チームのあずきざわです。
FUKUOKA NIWAKAを応援してくださっている皆さま、いつもありがとうございます。

先週は残念なことにRoboMaster2020の中止が発表されました。
この1年全力で走ってきたので、みな落ち込んでいるのではないか...と思いきや
メンバーは既に2021年大会を見据え、動き始めています。
エンジニアたちもペースを落とすことなく地道に開発を続けています。

ということで、最近のFUKUOKA NIWAKAの出来事をご紹介します!


■テレビ取材を受けました!

活動拠点ニワカラボでの様子を取材していただきました。

新型コロナウイルスの影響もあり普段は自宅での作業を続けているのですが、この日は久しぶりにラボに集合しました。限られた人数で密を避けつつも、エンジニアたちの熱い想いをレポートしていただきました。実は、このクラファン企画の会議の様子も撮影していただきました。

ローカル放送でしたが、HP上にも動画はUPされるそうなので、どなたでもご覧いただける予定です!公開されたら、お知らせさせていただきますね。お楽しみに!

2020年式歩兵ロボットと哨兵ロボットについて語るエンジニアたち
説明にも熱が入ります!


■リターン品の追加【NIWAKA歩兵ロボット】オリジナルクリアファイル

クラファンページに、リターン品を追加しております!
FUKUOKA NIWAKAの2020年式歩兵ロボットをあしらった、クリアファイルです。

エンジニアの提案から生まれたオリジナルクリアファイル


歩兵ロボットは、RoboMaster競技の中でも最も基本的なマシンです。複数台で連携し攻撃の突破口を開いたり、防御を行ったりと、フィールド内を縦横無尽に駆け抜けます。

表面にロボットの外装がプリントされているだけでなく、裏面には内部構造が印刷されています。挟んだ紙をそっと抜き取ると...

この商品、チームの機械エンジニアの発案で生まれたのが本当に面白いところ。
マシン見た時にその骨格と構造が見えているという、「エンジニアの目線」を体感できてしまうリターン品なのです。

ここでしか手に入らない、メンバーとしても一押しの商品です。ぜひ実際に手に取ってお楽しみください!


さて、クラファン終了まであとわずかです!
そういえば支援しそびれていた、リターン品でまだゲットしておきたいものがあった、という皆さま、この機会にぜひご購入を検討ください。

来年の大会出場に向け活動資金を集めるため、私たちはNEXTゴール150万円を何としてでも突破したいと思っています。もう少しだけ、背中を押していただけると幸いです。


さて、次回の活動報告からは、FUKUOKA NIWAKAの次代を担うメンバーに記事をお願いしています。
2021年大会に向けて、どんなメンバーが、どんな想いでチーム活動に打ち込んでいるのか、感じていただけたらと思っています。
終了日までもうしばらく、お付き合いよろしくお願い致します!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?