2020/09/16 08:10

お久しぶりです。みはらし亭亭主牧原です。皆様、ご健康でいらっしゃいますでしょうか?クラウドファンディングご支援本当にありがとうございました。改めてお礼を申し上げます。

みはらし亭は7月23日に営業再開しました。しかし、例年だと最も忙しい8月も宿泊のお客様は例年の3~4割ほど、9月以降はさらに少なくなりそうな見通し。営業再開後2か月近くの間も営業日はかなり減りましたが、宿営業をしている日は個室はほぼいっぱいという状況でした。反対に、ドミトリーの予約が極端に少なくなりました。外国からのお客様は例年ですと宿泊のお客様全体の4割近くですが、入国拒否が続いており、日本国内在住の外国籍以外の方のお泊りはなくなりました。

このような厳しい現実を踏まえ、無駄に赤字営業を続けて、皆さんからのご支援を浪費してしまうことなく、何とか生き延びる方法の1つの試みとして、期間限定でドミトリーの貸し切り予約を始めました。以前は不可能だった定員以下の宿泊人数でも貸し切りも可能になりました。これまで女性専用ドミトリーだった8畳のお部屋、男女共用ドミトリーの12畳と6畳が1つになったお部屋、それぞれ貸し切りでご家族、お友達の皆さまでお泊りいただけます。ドミトリーのご予約も若干ですがお受けしております。姉妹ゲストハウス「あなごの寝床」は引き続きドミトリーでの宿泊が可能となっております。

クラウドファンディング支援者の皆さまは、すでに尾道の魅力、みはらし亭の魅力をご存知、またはNPO法人尾道空き家再生プロジェクトの活動方針にご賛同いただいてご支援をいただいたことと思います。そんな皆様には、みはらし亭・空き家再生プロジェクトのアンバサダー(大使)となっていただき、まだまだコロナの状況がどうなるかわかりませんが、皆さまぞれぞれのタイミングで、ご家族、お友達、お知り合いの方々と一緒に貸し切りでお泊りにいらしてください。

夏が終わり、日の出の時間が遅くなってきたので、みはらし亭のお部屋からあまり早起きすることなく日の出を楽しむにはちょうど良い時期となりました。少々曇っていても朝焼けもきれいです。先日、来年1月13日宿泊までのご予約の受付を開始いたしました。みはらし亭では、初日の出をパジャマのまま拝んで、さらにみはらし亭から5分で千光寺にて初もうでができます。

暑さも和らいできたので、みはらし亭周りの猫たちもやってくるようになりました。例年ですと宿のお客様と「交流」してますが、今年はぽつんと待っている時間が長いです。

皆さま、どうぞご健康に注意していただきまして、いつかみはらし亭でお会いできる日を楽しみにしております。

尾道ゲストハウスみはらし亭

 牧原



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?