2017/06/13 21:02
【みなさまのおかげで1300%超えました!】

自分が一番使いたかったプロダクトを世に出して、こんなにたくさんの共感を得られた奇跡に感謝しかありません。支援してくださったみなさま、ありがとう!CAMPFIRE、ありがとう!

さきほど2018年2月分の予約も完売となりました。私たちとしてももっと多くのみなさんにお届けしたい気持ちはありますが、いったん残り4日を残して在庫追加は終わります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

これから7月末の出荷に向けて、本当に最終仕様を決めて量産に入りますが、その前に少しだけ、よりよくpicklestoneを使っていただくための前向きな仕様変更をお伝えしたいと思います。

画像でアップした通り、漬け石と当て木のバランスを変更させてください。デザイン的には、石が5mm背が高くなり、木が5mm薄くなったことになります。これは木の厚さを薄くする事により、水分を吸収した時の膨張を少しでも減らすための変更です。

量産前のテストで一部、当て木が水分で膨張し、瓶から抜けなくなる事案が発生したため、急遽このような形で修正をさせていただきたいと考えております。とはいえ、72時間以上、完全に水没させた状態で常温で放置するというテストですので、通常の使い方では考えにくいのですが万が一のことを想定して、仕様を改善させていただきました。リリース直前の修正で申し訳ありません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして、石と木の直径ですが、木のほうを1mm小さくします。

石は職人が一つ一つ手で作っているため、最大で86mm、最小で85mmのゾーンを設けています。木は85mmとしてNCルーターという機械で制御しているため、ブレはありません。

水に浸けた時に、当て木が平均で1mm程度膨らむことがわかり、石とのバランスを美しく保つために、石直径86mm、水に浸けた木が1mm膨張して86mmの直径に揃うように設計しています。とはいえ、天然木ですので、膨らみ方が木の目の方向によっても変わりますが、デザイナーのこだわりとして受け入れていただければ幸いです。

お届けの際、石のほうが少し大きく感じるかもしれませんが、お使いいただいてる間に1mm膨らみ、ちょうど面が揃うように設計しております。水分を吸いすぎて、やや膨張しているように感じたら、陰干しして木を休ませてあげてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最後に麻紐を通す穴のサイズを13mmから、12mmに変更します。

このあたりは、もはや好きにせーよ、と思われるかもしれませんが、支援してくださった方々に一応隠し事なくものづくりをしております、という気持ちの部分だけです。紐が抜けるリスクを限りなくゼロにするための仕様変更です。(元々の仕様でも紐が抜けるという事案は一件もありませんが。)

 

以上、製造チームからのお知らせでした。もしこの仕様変更がどうしても受け入れられない!という場合はメッセージをお願いします。当然ながらキャンセルなどもお話しの上、処理させていただきます。それではあと四日ありますが、この1ヶ月大変お世話になりました。ありがとうございました! 田中友規

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?