Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

”夏休みを楽しめない子どもたち”にとびきりの田舎体験を届けたい!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
現在の支援総額
860,000円
パトロン数
105人
募集終了まで残り
終了

現在117%/ 目標金額730,000円

このプロジェクトは、2017-06-02に募集を開始し、105人の支援により860,000円の資金を集め、2017-06-29に募集を終了しました

「夏休みらしい思い出を作ってあげたい」 学校のない長期休暇は生活困窮や不安の多い家族にとって、さらに負担の増える時期。 子どもたちが炊事洗濯を担当し、家族の支え手となっているケースもみられます。 サマーキャンプを届けることで子どもたちの思い出を作り、家族の負担も軽減します。

【活動報告】支援者から視た”サマーキャンプ”の意義

いただいたご寄付をもとに、8月に子どもたちを連れてサマーキャンプを実施しました。
夏休み終盤で行われた本活動を引率した権田(ごんだ)が聞いた子どもたちの感想をまとめました。より詳細な子どもたちの様子は9月30日の活動報告会でも報告を行います。そちらもご覧ください。

活動報告会の詳細はこちら(※寄付者の方に限定して実施しております)

子どもたちの声

・家族以外の人との宿泊行事は初めてだったけど寂しくならなかった。

・初めて会う人が多かったけど、意外と平気だった。

・キャンプ前はテントで寝るのは嫌だったけれど、実際に自分で立てるとテントの中で寝てみたくなった。
(※事前にロッジで寝るかテントで寝るかを全員に聞いていましたが、テントで寝たいと言っていたのは3~4名でした。当日の夜にはテントの数以上の子がテントで寝たいと申し出てくれました。)

・小学校の修学旅行以来、久しぶりの宿泊行事だった。不登校経験もあって一人で過ごす時間が多かったので、キャンプの3日間ずっとにぎやかな空間に居られたことが楽しかったし、懐かしい気持ちになった。(※高校生)

・オリエンテーリング中に、村のおじさんから「暑い中お疲れ様」と声をかけてもらい、さらに冷たい缶コーヒーもくれた。歩き疲れていたから嬉しかった。東京じゃ絶対そんなことないし、実際もらったとしても怪しくて受け取らないと思う。

・川遊びをするとは聞いていたけど、思っていた川遊びと違って驚いた。でも想像していたより楽しかった!

・流しそうめんを本当の竹に流してできたのが楽しかった。

・夏休み中、学校が休みになったことで生活リズムが崩れ昼夜逆転の生活を送っていた。サマーキャンプ当日も遅刻・寝坊を予防する為徹夜して参加した。キャンプで3日間規則正しい生活をしたことで、帰ってから昼夜逆転の生活を元に戻すことができた。

・「何時に寝ないといけない」「○○に行ってはいけない」みたいなルールが無い所が、修学旅行と違って良い。明確なルールが無いだけで「してはいけないこと」があるのは分かるけど、縛られている感じがしなくて自由だった。

・(夜寝転がって星を見ているとき)ただ皆で寝転がってるだけなのに、普通の会話が凄く楽しかった。笑いが止まらなかった

スタッフの声

今回は子どもたちの年齢の幅が広く、もともと予定していなかった小学2年生から高校生までの参加となりました。自然を歩き回ることも中でも、上級生がリーダーシップを発揮して一緒に付き添ってくれていたり、面倒をみてくれたり、お互いがこのキャンプを良いものにしようとしてくれていたのが印象的です。

参加したメンバーの中には学校にあまり行くことができなかった子もいます。しかしながら、普段とは異なる環境に身を置くことで、いつもは発揮しないエネルギーが垣間見え、自分を再発見する機会にもなりました。

天候が悪かった今年の夏でしたが、奇跡的に終日晴れが続き、予定していた工程を概ね終えることができ、たくさんの経験を提供することができました。

ご寄付のおかげで本プログラムが実現し、今年も夏休みにひとつの思い出を作ることができたことに感謝申し上げます。

若年支援事業部 権田

実施概要

場 所:山梨県丹波山村
日 程:8月23日~25日
参加者:15名(小~高校生)
引 率:育て上げネット職員3名

実施プログラム

<1日目>
テント張り、オリエンテーリング、カレー作り
<2日目>
オリエンテーリング、川下り、バーベキュー、花火など
<3日目>
お土産づくり、帰路
<その他>
星空観察、キャンプ地すぐ横の川遊び、肝試しなど

【御礼】本プロジェクトの寄付の募集が終了しました

昨日29日を持ちまして、本プロジェクトの寄付の募集が終了となりました。
寄付総額は850,000円、ご寄付いただいた方はのべ103名となりました。

プロジェクト開始時に発行したプレスリリースの掲載は68社にものぼり、
さまざまなメディアより取材を受けることができました。

朝日新聞デジタル様
全ての子に「楽しい夏休みを」 NPOなど寄付募る
NPO法人soar様
どんな環境の子どもにも、楽しい”夏の思い出”を届けたい!育て上げネットがサマーキャンプを開催

目標金額を越えていただいた分を含め、子どもたちと共にサマーキャンプを作り上げてまいります。
ご寄付いただいた方々をはじめ、大変多くの方に情報発信や拡散のお力をお借りできたことで、これまでつながりのなかった方からも応援をいただきました。
改めて、皆様のご協力に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

キャンプの実施は8月中頃を予定しておりますが、その後、9月には活動報告を行う予定です。
場所などは未定ですが、決まり次第、ご連絡を差し上げます。

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

育て上げネット広報担当
山崎

【御礼】目標を達成しました!

昨日残り5%をお伝えしたばかりですが残り7日を残して目標を達成することができました。
ご寄付をいただきましたみなさまをはじめ、情報の発信など、この活動に協力してくださった方々に改めて御礼申し上げます。

7月2日のスタート以降、大変多くのメディアに掲載していただき、現在も取材の依頼をお受けしています。「子どもの貧困」は日常的に触れ合う子どもたちからでは「見えにくい課題」と言われることもあり、今回のような形で、子どもたち・ご家族の方が実際に直面している問題を知っていただくことができているのではと考えております。

残り7日の間も情報発信を継続的に行いながら、引き続き、ご寄付を募ってまいります。
今後、目標金額を超えたご寄付をいただいた場合には、今年のサマーキャンプで活用できるよう参加人数を増やすなど検討をしております。明らかになったところで、活動報告の形で発信予定です。

引き続き、情報の発信・共有にご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

育て上げネット広報担当
山崎