2020/10/29 22:50

クラウドファンディングを始めて、半分以上、42日が過ぎました。
現在、達成率はなんと144%、金額で言えば361万円を超える金額が集まっています。
通常、クラウドファンディングを行う際は30日~40日ほどに設定するそうです。
理由は、期間が長いと中だるみしてしまい、結局資金が集まらず、
目標金額を達成できない可能性が高いから、だそうです。

しかし、弊社の場合、まだ商品も販売していない、ブランド力もない、
創業したばかりで誰にも認知されていない、という三重苦(笑)から、
期間を最長の80日に設定し、その間に周東が色々なところで試飲を行って、
自らの足で、毎日1%でも2%でも支援を稼ぐ、という戦略をたてました。

蓋を開けてみると、その心配は杞憂に終わり、たった3週間で
目標金額100%を達成、非常に嬉しい誤算でした。

しかも、その後も順調な伸びを記録し、ここ10日ほどは幸運なことに
メディアへの露出もあり、更に支援者が増加しています。

(埼玉新聞、J:COMなどから始まり、浦和経済新聞、日刊工業新聞、
 農業協同組合新聞、テレビ朝日が既に取り上げてくださり、
 これからまた読売新聞、埼玉新聞、共同通信、ムック本での掲載、大宮経済新聞等が控え
 講演依頼も、県内の中学校、中小機構、ビジネスコンテスト関連 等々)
 

ですが、私が何よりも強調してお伝えしたいのは、
やはりリターンを購入してくださった皆さまへの感謝です。

頂いたメッセージは、すべて拝読しております。

試飲した発酵ジンジャーエールがおいしかったから、
妊娠・授乳でお酒が飲めないので期待している、
健康に良さそうだから、
ずっと20%OFFで買えるリターンが得だと思ったから、
見沼田んぼ救済のため、
地元を盛り上げるため、
周東を応援したいから、等々
理由は十人十色あれ、一様に嬉しく、とても幸せです。
本当にありがとうございます!!

もちろん、未熟な周東が本当に0から立ち上げようとしている
事業であるため、壁もたくさん有ります。

醸造技術に関連するもの、試験栽培中の一部の生姜の病気、養蜂の勉強の遅滞、
取得物件に関する予想外の出費、導入すべき設備の増加、、、

とくに今一番頭を悩ませているのが、空き家の活用もできて良いと考えていた物件が
市街化調整区域に位置するために、土地の用途変更をしなければならず、
そのためには改めて測量を行って書類を作らなければならず、
その後の申請、審査にもかなりの時間がかかるようで・・・
現状、物件を取得しても、これらが終わるまでは着工もできず、
正直、醸造所の2月2日操業という予定に暗雲が立ち込めている状況です。
目下、書類作成のために急いで見積りを取ったりしています。

このようにたくさんの壁が有り、中には一朝一夕ではどうにもならないものも
有りますが、これら全ての壁を乗り越える、どころか、ぶち破って
もしも破れないものは何とか避けて通ってやり過ごし、
春には皆様においしい発酵ジンジャーエールをお届けできるよう、
邁進してまいります。

皆さまには再三申し上げておりますが、この会社、ブランドの黎明期に
ご支援頂いた皆様におかれましては、是非、「一緒に」この会社を、
ブランドを、想いを育てて頂きたいと願っております。
「頑張ってください!」これも嬉しいですが、
「頑張りましょう!」これはもっと嬉しいです!  

より一層のお引き立てを、どうぞよろしくお願いいたします!!

株式会社しょうがのむし
代表取締役 周東 孝一
(とにかく、まずは用途変更がんばります)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?