2021/04/23 20:30

応援いただいたみなさまへ

2月2日からスタートした「対話の森」存続へのクラウドファンディングが、昨日4月22日で終了いたしました。
80日間で、うれしいことに1,391名の皆さまにダイアログ・ミュージアム「対話の森」の存続のためのお仲間になって頂き、目標の2000万を超え、23,055,999円ものご支援をくださいました。

期間中、応援・ご支援いただいた皆様には心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

「子どもたちにダイアログを体験させたい!」
この想いに共感してくださったお一人おひとりが繋がると、こんなにも大きなチカラになることにひたすら感動しております。
そして、どんな状況でも知恵を出し合い、協力することで希望が生まれることも知りました。

これにより、5000人の子どもたちがダイアログを体験することができます。
中には盲学校や聾学校の生徒、外国から来ている子どもたちも含まれます。
今後、長期間かけてこどもたちが体験できるような仕組みづくりをしてまいります。
ダイアログ体験、アテンドとの出会いを通して、多様な学びを深める子どもたちが増えますように。

アフリカ原住民のことわざより

たくさんの小さな人々が、たくさんの小さな場所で、たくさんの小さきことを成す。それで世界の状況は変えられる
Many small people in many small places, do many small things, that can alter the face of the world.


なお、ダイアログ・ミュージアム「対話の森」では、引き続きお仲間を募集しております。
月1000円からのご寄付でお仲間になれる「森の住民(マンスリーサポーター)」も募集しており、サポーター限定FBページへのご招待の他、サポーター限定のオンラインイベント等も開催しております。
https://taiwanomori.dialogue.or.jp/news/20200823news/

これからも対話を止めない工夫をしながら、皆さまとともに乗り越えていきたいと思います。
この度はご支援、本当にありがとうございました。

代表 志村季世恵・真介
ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ スタッフ一同

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?