2022/03/09 02:00

みなさんご無沙汰しております。

夜分遅くに失礼いたします。


しばらくお日にちが空いてしまい経過のご報告が遅くなってしまいましたこと大変申し訳ございませんでした。


ねこのアトリエ設立にあたり資金の調達含め駆け回っておりましたが

未だ猫の数の飼育許可の頂ける、運営の金額に見合った目ぼしい物件を見つけることができず、

本プロジェクトに携わってくださった方々と相談を重ねた結果


誠に勝手ながら設立を1年見送ることと致しました。


激励を何度も頂き、メッセージ等で励ましてくださった皆様方、感謝と共に大変お詫び申し上げます。


資金の調達につきまして十分な融資が得られず、今回このような決断とさせて頂きました。





今後の方針といたしましてこのプロジェクトが完全に無くなったわけではなく、このプロジェクトでの新事業展開の補助金の仮決定が下りており来年3月までに決行できればと考えております。


このご時世ではありますのでそれまでにアルバイトを増やしたりと、今ある貯金を少しでも蓄え余裕を持った運営ができるようまた今年1年できる限りのことを努めたいと思います。


それと同時に日本画の複製販売、日本画での保護猫の似顔絵の受付を3月中に開始し少しでも多くの人たちに周知して頂けるようこのプロジェクトをできることから進めていければと思いますのでまた随時こちらの活動報告で報告させて頂きます。





気がつけば3月になりあっという間に春を迎える季節となってしまいましたが応援くださった皆様、コロナが溢れている時代ではありますがお元気にお過ごしでしたでしょうか*

私ごとではございますが来年は長女が中学校に進級することもあり、嬉しいのと同時にまた少し親離れしていく気がして寂しくもあります…笑

10代で出産し、26歳で独立してから数年が経ち、あの手この手でがむしゃらに今まで突き進んできましたがいつまで経っても学ぶことは尽きないなぁと感じています。

たまにふと、私は娘たちの見本になれるような姿をきちんと見せてあげられているのだろうか?という疑問さえ浮かびますがいずれ手を離れれている娘たちにとって少しでも見本になれていたらなぁと切に思います。



本業としております日本画の方では展示会のお話をチラホラと頂いており、こちらでも保護猫について同時発信出来ないものか現在思考中です。

来年度の4月にはドバイ国際万博にて出展オファーのお話も頂戴しており作品制作もうかうかとしていられないのですが今年1年また新たな気持ちで張り切ってスタートしていきたいと思います!!!!

(こちらに関しても詳細は後日ご報告させていただければと思います*)



事業と生活の両立を目指し、至らない点も多々あるかと思いますが今後とも激励いただけますでしょうか。

このプロジェクトを期限内に有言実行することができず罪悪感でいっぱいなのですが、以降も引き続き暖かく見守っていただけますと幸いです。





この度は最後までお読み頂きありがとおうございました。

引き続き経過報告を楽しみにお待ちいただけますと幸いです*











ねこのアトリエプロジェクトオーナー/大月

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?