2022/07/03 16:08

こんにちは!スタッフの杉山です。


 ●今週の活動報告●

 6月20日(月)よりスタートさせていただきました本プロジェクト。スタートから10日間で111名の皆様にお気持ちお寄せいただき、目標額を達成させていただきました! 

現在220万円を超える応援をいただいております。ありがとうございます! この1週間は目標を達成させていただき、皆様にご報告させていただきました。 あらためてお礼を伝えさせていただきます、本当にありがとうございます!!

また、生徒・スタッフで話し合い、スクール継続のために第2目標にチャレンジさせていただくこととなりました。ネクストゴールは500万円とさせていただき、より次年度開校の可能性を高めていければと考えています。

引き続き、応援ご支援どうぞよろしくお願いいたします!


 また、日本と世界で活躍されている書芸家の平野壯弦様より、応援メッセージをいただきました! 2002FIFAワールドカップ公式ポスター・公式エンブレム毛筆バージョンの揮毫制作や、日本酒「越乃景虎」等、大手クライアントをはじめとした各種企業のロゴ書を多数揮毫されています。

現在ボランティアスタッフとして活動してくださっている教育学部在籍の大学生原田晴子様にも応援メッセージをいただきました。将来、教育の仕事を目指されているとのことで、サドベリーでのボランティア活動を自身の経験のお役に立てていただければと思っています。

● 継続開校への挑戦は続いています●

この度目標額を達成させていただきましたが、次年度スクール継続開校のためには、まだまだハードルがございます。 

本プロジェクト本文の『資金使途』に記載させていただいておりますが、もし本プロジェクトの目標額200万円を達成させていただいたとして、その後も、300万円の赤字分(計500万円)を何とかしなければなりません。

しかも生徒が増えることで186万円の赤字解消ができたとして、となります。 


しかし、現在生徒数が少なく、さらには次年度開校できるかという状況で、ご入学判断が難しい状況となってしまっております。 生徒・スタッフ一緒に「スクールを何とかしたい!」と話し合い、 

毎週の親子見学会(生徒たちも校舎のご案内など自分たちにできることをしています)や、

 毎月学校説明会(休みの日に全生徒が開校のために登校してご案内しています) を開催し続けるなど、様々な施策を考え実行して頑張っておりますが、上記の理由によりなかなか仲間が増えずらい状況となってしまっております。 

クラウドファンディングメンバーで毎日確認まとめしています。

そのため、より赤字が解消されることで、次年度継続開校の可能性が高まり、生徒も増えやすくなります。様々な思考と活動の生徒がいることで、スクールがより活性化し、スクールで生徒たちの学びが多様化されやすくなります。 

現在1ケタの生徒数となっておりますので、当面は2ケタの生徒数を目指します。生徒が多いことで生徒の学びや成長、人間関係がよりカラフルになりやすいこと、そして黒字化して経営の健全化が可能なことも、私たちは経験しています。 

そのため生徒自身の学びのために、スクール開校と、生徒数というものが重要であると考えております。 


●ご支援・シェアのお願い●

ご支援をご検討中の皆様、ぜひお気持ちお寄せいただければ嬉しいです! 

またご支援いただいた皆様、本プロジェクトの行方を引き続きお伝えさせていただきますので、よろしければ今後もご注目いただき、プロジェクトを拡散(下部SNS等)いただければ幸いです。


1週間の活動については、こちらから詳しくお読みいただけます。 ぜひご覧ください。 

【13日目:大学生ボランティアスタッフ原田晴子様より応援メッセージをいただきました!】 

【12日目:これまでのお礼とネクストゴールに向けて】

【11日目:目標額に到達いたしました!本当にありがとうございます!】

【10日目:生徒のスクール活動報告】 

【9日目:書芸家 SOGEN/平野壯弦様より応援メッセージをいただきました!】

【8日目:<教育コラム>サドベリースクールで本当にやりたいことが見つかるのか】


☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟ 

★FacebookやTwitterのボタンを押して記事をシェアしていただくことは、子どもたちに教育の選択肢があることを広める一助になります。ご協力よろしくお願い致します! ★

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

6~18歳で本物の自由と社会性を経験できる学校!東京サドベリースクールを続けたい

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?