2017/03/21 19:13

こんにちは!

『あの村』副村長のナナシロです。

 

村民希望者の中でも「農業をやりたい!」「作物を作りたい!」という方が多くいらっしゃいます。(僕もやりたいです!)

 

そこで、あの村の土でどんな作物が育てられそうか、ちょっと調べてみました。

 

まず、あの村の土についてです。

土には『土性』と呼ばれる土の性質による分類方法があります。

どれくらい粘土質か、で以下のように分類されます。

(下に記したものほど粘土質)

 

・砂土(さど)

・砂壌土(さじょうど)

・壌土(じょうど)

・埴壌土(しょくじょうど)

・埴土(しょくど)

 

現在のあの村は、竹や草木が生い茂っている箇所はきっと壌土~植壌土だろうと思います。(竹は植壌土でよく育つ植物なので。)

 

沼地の箇所は植壌土~埴土くらいでしょうかね。

 

やや粘土質な植壌土では、自生している竹(たけのこ)以外に、にんにく芽キャベツたまねぎカブなどが育てられるようです。

 

 

 

 

 

 

今のあの村の土性でもこのようにバラエティー豊かな作物が育てられますが、土壌改良することで土性を変えることもできるので、砂壌土~壌土くらいの土性に変えて、さらに育てられる作物の幅を広げることも可能です。

 

 

決まった区画で農作業をするだけの貸し畑と違って、村の中のどこの土地で畑を作るか、土をどう改良するか、水はどうやって引いてくるか…、様々なことを自分たちで考えておこなえる場所があの村です。

 

広大な土地で作物を育ててみたい!という方、是非クラウドファンディングでご支援いただき、あの村にお越しください。

 

お待ちしています!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?