世界中の教育に関する情報を扱うプラットフォームが、絵本を出すためのクラウドファンディングを始めます!学校では教えてくれない自信や柔軟な思考を、Ottiyaの絵本で学べます!AR技術で読む絵本を体験してみませんか?

プロジェクト本文

みなさんこんにちは、ルフィーナと申します!私はOttiyaというクリエイティブな教育を提供するコンテンツ制作やプラットフォームを運営しています。


今回は、CAMPFIREで「だいすきだよ、くじらさん」の絵本の制作費用を集めるためにプロジェクトを立ち上げました!この絵本は、21世紀を生きる子どもたちに必要なスキル、対応力や価値観を養う内容です。

「だいすきだよ、くじらさん」は自己発見と友情についての話です。この話を通して、周りの子と違ってもよいということ学べ、個性を大切にすることを発見することができます。無料でダウンロードできるARアプリの「Pop-Up!」で絵本のページをかざすことで、海の生き物たちが動いたり、ナレーションが流れたり、効果音を楽しめます。

Download Pop-Up! for Android (アンドロイド ダウンロード)

Download Pop-Up! for iOS (iPhone ダウンロード)

アプリを起動して、プロジェクトのメイン画像にかざすと...?
 

教師や親として、数学や英語などの試験や成績に関わる教育に注目してしまうことが多いかと思います。学校の教科からも学ぶことはあるんですが、人生において大切な、より深い学びや適応力については学校の勉強だけでは身につきません。


現代ほどに、子どもたちに「自分を大切に思うこと」を学ぶ必要ある時代は無いのではないでしょうか。技術が進み、AIに仕事が取られると言われている時代に、機械ができないことをより伸ばしていく必要があります。人間はもっと人間らしい部分を大切にするべきなんです。

最近、世界中で教育システムを見直すトレンドが出てきています。去年、フィンランドでは、世界で初めて学校の教科が取り払われ、教育大国として知られるシンガポールは試験を減らし、成績にとらわれない方針にすることを発表しました。

フィンランドで行っている教育方法は、授業を教科ごとに教えるのではなく、実際にある社会問題を解決するために様々な教科の知識を応用するシステムになっています。このような練習をしていくと、テストに合格するための学びではなく、社会に出たときに学んだことをちゃんと応用できるように練習をしているのです。


塾などプレッシャーの多い教育環境のみでは成長することはできません。今後の子どもたちに必要なのは、自分の発想に自信をもって、世界をよりよい場所にできる子どもたちなんです。自分自身をすきになれることで、自分の個性を初めて発揮することができるんです。「だいすきだよ、くじらさん」を通して、子どもたちは一人ひとりの個性があることで美しいことを教えることができます。

 

あなたの支援で日本の子ども達に絵本を届けることができます。日本のまた違う国と、この本がより多くの人の手に届けば、さらに良い世界にする力を持った子どもたちが増えるはず。


絵本の内容ははすでに完成しています。あとは英語版の本や英語と日本語のワークブックを印刷する資金が必要なんです!また、ストレッチゴールを達成すれば、アプリをかざすと日本語で表示する仕様に変える開発費になります。

 
10月26日に「コノビー」さんに掲載いただきました!
デジタル絵本、赤ちゃんに優しい素材のマフラー…。子育て家庭におすすめの「クラファン」3選!

Q:こどもにiPadをもたせることが心配です。

A:ご質問ありがとうございます。私達も子どもたちが無表情で画面を覗き込んでいる姿を見ると心配になります。

私達のアプリと絵本の良いところは画面で完結せず、本をめくったり、動物にタッチしてナレーションを聞いたりと機械と絵本の間を行き来してたのしむ部分にあります。受け身ではなく、自分で考えてアプリを使うようにできています。


Q:この本は子供が使ったことはありますか?
A:2018年9月にカナダにVRARA Global Summitに招待いただいたときに、小学校1-3年生200人と学校の先生50人に私達の本を試していただきました。とても良い反響を彼らからいただきました。とても嬉しかったのは、絵本を体験して、本作りやアプリ制作に興味を持っていただけたことです。

Q:絵本は日本語ですか?

A:今回リターンで用意している絵本は英語のものです。そして、アプリをかざすと英語のナレーションを聞くことができます。ですが、「ごきげんようセット」や「大好き!セット」を支援いただくことでついてくる、ワークブックに日本語に翻訳されたお話の内容がついてきます。また、ワークブックは二ヶ国語(英語・日本語)の仕様です。

 

2018年の秋にカナダで今回の絵本をお試しで200人の子どもたちと50人の先生方に使っていただきました:

「とても感激です!」- ボニー, 小学校2年生担任

「このお話すき、次はジャングルのお話を書いてくれない?」- ピーター, 小学校3年生

「くじらが動いてる!シャボン玉がはじけるよ!」- ジャネット, 小学校2年生

「ありがとう!素敵なお話だわ!」- アケミ, 小学校一年生

「とてもわくわくする!」- スーザン, 小学校2年生担任

 


2016年に私達は世界中の声をOttiyaを通して発信し、楽しくてクリエイティブな教育についての考えを共有する場所を作りました。私達のマガジンは、教育者に限らず、教育自体に興味のある人々の意見や実際に教育を受ける側の子どもたちの声を集めてできています。このマガジンを作り上げることで、25カ国からの寄稿者の意見を活かして、クリエイティブな教育とはなにか、問いかけています。

 

私は幼稚園の先生をしながら、世界銀行(World Bank)やハーバード大学院の研究者としてこどもの教育について調べていました。私が子どもたちと接する中で社会問題、創造性や個性について教えることを大切にしていました。ですが、そういう教育については、情報が少なかったりと課題をとても感じていました。Ottiya Magazineという教育情報誌を立ち上げることで、世界中の教育に関する知識の交換をよりスムーズにするお手伝いをしていました。今回の絵本はその経験を活かした内容の絵本なんです。

 

1,200,000円 - Pop-Up!アプリで日本語のお話が聞けるようになるよ!
  • 2018/11/22 14:07

    支援者の方々へ 私達の「だいすきだよ、くじらくん」のプロジェクトをご支援いただき、誠にありがとうございました!只今、ご支援いただいたリターンを準備していますよ、こちらで見ることができます〜プロジェクト終了まで残り1週間となりました。私達のプロジェクトのことをお友達に教えていただけますか?子ども...

  • 2018/11/09 16:03

    どのようなお話が子どもたちにとって大切なのでしょうか?私達は子供に色々学ばせたいと常に思っています。コーディングを学ばせたり、ものづくりを学ばせたり、他者に優しくするように学ばせたりします。それらもとても大切です。でも一番大切なのは、自分のことを知り、自分の好きなことがなにかわかっていることで...

  • 2018/11/01 07:51

    最初の活動報告では「ライフロング・キンダーガーデン」のような、楽しく学ぶことを通して、どのようにこどもたちが柔軟な思考を身につけるかをお話しました。今週は、子どもたちに、テクノロジーに触れさせる重要性について少しお話しようかと思います。 現在、小学校に上がる65%の子どもたちが、今までにない...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください