はじめまして、宍戸由佳(ししどゆか)です。
みなさんは、もし明日、突然ケーキやクッキーが食べられなくなったらどうしますか?

私は、17年前、食事療法のため牛乳やバター、卵が食べられなくなりました。
食べられるお菓子は、あんこや、おせんべいなどの動物性の食材を使わないものだけ。

当時よく遊びに行っていた、東京・青山のカフェでは、モデルさんたちがおしゃれなヴィーガンスイーツを食べていました。

でも仙台では、健康食品店で買える地味でボソボソした味気ないケーキやクッキーしかありません。

友人とカフェに行くと私だけ食べられないという寂しさや、気を遣ってくれる友人の優しさがストレスになり、いつしか友人と一緒にスイーツを食べることがなくなりました。

そこで私は、2018年に小麦不使用、動物性食材不使用のお菓子を製造・販売するため『CHOOSE FOODS』を立ち上げました。

現代では3人に1人がアレルギーを持っていると言われています。
また、環境問題などのエシカルな理由から菜食主義者も増えているそうです。
みんなで食べられるレシピを考えるうちに、使う材料はどんどんシンプルに。

小麦粉の代わりに使うのは米粉です。

地元宮城県産のひとめぼれを使用していましたが、よりアレルギー反応が出にくく、より体に優しいことにこだわると、アミロース比率の高いササニシキにたどり着きました。

いざ、ササニシキの米粉を探してみると一般的な市場には出回っておらず、国内の収穫量も1%未満ということを知りました。


(米粉マイスター認定講座教材より引用)

宮城県で伝統的に作られてきたササニシキの現状をご存知でしたか?

近年では、コシヒカリのようなモチモチしたごはんが好まれるようになり、ササニシキをスーパーで見かけることは少なくなりました。

でもササニシキで作ったお菓子なら、アレルギー反応に怯える人にも、そうでない人にも「体にやさしい」「おいしい」お菓子として需要があるはず。このプロジェクトを通して、宮城県産の無農薬ササニシキを製菓用米粉に製粉し、みんなが一緒に食べられるクッキーを作ります。

一人でも多くの方へササニシキの美味しさを届けるため、このプロジェクトのリターンは全てのコースにクッキー缶をご用意しています。

(CHOOSE FOODS|米粉クッキー缶)

プロジェクトでは原材料の米粉が100%宮城県産無農薬ササニシキになります。
また、現在販売中のCHOOSE FOODSのクッキー缶から人気の4種類をセレクトし、リターンにお入れします。

より安心に、より美味しくなるクッキーをぜひ召し上がってみてください。 

☑︎特定アレルギー7品目不使用

CHOOSE FOODSのお菓子は、特定アレルギー7品目の小麦、卵、乳、そば、落花生、えび、かに不使用。

小麦粉を使わず宮城県産無農薬ササニシキの米粉を使いその特性を活かします。

米粉は腸に優しく、アレルギーではない方にもオススメです。

☑︎バターを使わないお菓子

CHOOSE FOODSのお菓子は動物性食品不使用。

お菓子に不可欠と思われがちなバターも不使用です。
オーガニックココナッツオイルで、バター不使用とは思えないコクを出しています。

主に、化学薬品を使わないナチュラルな精製方法でココナッツの香りを除いたオイルを使いますので、ココナッツの香りが苦手な方も大丈夫。
ココナッツオイルは、他のオイルに比べて圧倒的に酸化しにくく、熱に強いという特長があります。

酸化したオイルは、食べた人の体を老化させてしまいますが、ココナッツオイルで作ったクッキーなら安心です。とても高価ではありますが、CHOOSE FOODSのクッキーには欠かせないものです。

☑︎白砂糖不使用

精製された白砂糖の代わりに、ミネラルを含むきび砂糖血糖値の上昇が穏やかなオーガニックアガベシロップなどを使用しています。

☑︎無添加

保存料などの食品添加物は一切不使用。ナチュラルクッキーです。

米粉だけでなく、クッキーに入っているハーブ、味噌などの材料も宮城県産のものにこだわっています。
生産者さんの顔が見える食材選びは、体に優しい安心なお菓子作りには欠かせません。

生産者さん1|遠藤環境農園

米粉の原料になるササニシキを探している時に出会ったのが仙台メダカ米」です。

仙台メダカ米は、メダカと一緒に栽培されている無農薬のササニシキ。
東日本大震災の津波被害から復旧した、仙台市新浜地区にある遠藤環境農園では、仙台在来種のメダカを田んぼに放流し水田をビオトープにしています。野生のメダカは絶滅危惧種ですが、この農園ではゆっくり時間をかけて増えています。

自然環境や生態系の復元も震災復興の1つ。
米粉のお菓子とともに、この環境保全の取り組みも全国に広く知ってもらいたいと思っています。

生産者さん2|雄勝ローズファクトリーガーデン

東日本大震災の津波で壊滅した石巻市雄勝で、地元住民の方々とボランティアの方々が力を合わせて作り上げた「雄勝ローズファクトリーガーデン」。無農薬で大事に育てられたミントやラベンダーなどのハーブをクッキーに使わせていただいています。

生産者さん3|村岡農園


宮城の有機農家さん。仙台市内でマーケット販売をされている時に出会いました。

プラスチックのパッケージを使用しない、消費者が必要な分だけを量り売りする販売スタイルは、徐々に仙台市内でも定着し始めています。私たち個人が、環境に対し意識を向けることができる取り組みの1つです。

クッキーには季節に応じて、生姜や柚子などを使わせていただいています。
今回のプロジェクトでは、リターンにもご協力いただきました!


◆資金の使い道

ササニシキ米の製粉加工料、米やハーブなど返礼品の原材料購入、包装、梱包費、クラウドファンディング手数料などに使わせて頂きます。

◆実施スケジュール

2019年12月   クラウドファンディング開始、製粉等試作、クッキー缶パッケージ製作開始   
2020年2月  クラウドファンディング終了
2020年3月  クラウドファンディング成立の場合、リターン発送開始 
  


◆宮城の美味しい食材を全国へ

選りすぐりの宮城県産食材で作ったクッキーを缶に詰めて全国へ。
宮城の美味しい食材を人から人へ。ギフトとして全国へ届けたい。

◆宮城の伝統的なお米ササニシキを応援したい

体にも環境にも優しい無農薬ササニシキ米の古米を製菓用に製粉します。 
作付けが減っているササニシキの消費拡大、自給率アップ、古米を使うことで食品ロスの削減になります。

◆環境保全の取り組みを知ってもらい、支援につなげたい

支援金の一部は材料費となり、生産者さんへ還元されます。
クッキーを食べることが被災地の環境保全の支援につながります。

クッキー缶には被災地の環境保全の取り組みを全国の皆さんに知って頂けるよう、リーフレットを一緒にお入れします。
このプロジェクトに賛同して下さった支援者の皆さんが、今後もCHOOSE FOODSの焼き菓子や宮城県産ササニシキを購入して下さるなど、継続的な支援が続いていくことを願っています。

仙台市で「SENDAI BREAD FES」の運営や「仙台パンシェア会」の主宰を務める、まなちんさんに応援メッセージをいただきました。CHOOSE FOODSでは、まなちんさんにお声がけいただき2019年10月に開催されたSENDAI BREAD FESにてグルテンフリーの米粉パンを販売させていただいております。

私の屋号、CHOOSE FOODSの「CHOOSE」「選択」という意味です。

食べたいものを我慢するのではなく、自分の体に合うものを選択し、人生をHAPPYにしたいという想いでつけました。
お菓子は栄養、健康のために食べるものではなく、人生を楽しく彩るもの。

このクッキーを囲んでみなさんと楽しい時間をシェアできればと思っています!

ご支援どうぞよろしくお願いいたします!


---------------------------

<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2020/10/31 21:03

    【返礼遅延のお詫び】ご支援下さいました皆さま以前の活動報告で、返礼品のお届け時期につきまして2ヶ月ほど遅れますとご連絡させて頂きましたが、現在もまだ遅れており、皆さまへお届けできておりません。誠に申し訳ありません。12月上旬までにお届けできるようにいたしますので、どうかお待ち頂けますでしょうか...

  • 2020/05/20 20:52

    返礼品のお届けが遅れておりますが、時々進捗をご報告させて頂きたいと思います。先日は印刷屋さんからクッキー缶のパッケージ用の紙やリーフレットが届きました。それをさらに切ったり折り目をつけたりするのですが、この日はデザイナーさんと一緒にせっせと作業。実はけっこう手作りです。今までお届けした分のパッ...

  • 2020/05/14 20:59

    ご支援頂きました皆さまへお詫びのメールをお送り致しました。設定によりcampfireからのメールを受信できない方がいらっしゃいますため、ここにメール内容を投稿させて頂きます。メール受信できる方には、同じ内容を二度お送りしてしまいます、申し訳ありません。===過日はCHOOSE FOODSのクラ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください