国内最高峰の2輪レース、MFJスーパーバイクに参戦している生形秀之が世界耐久選手権の最終戦でもある「鈴鹿8時間耐久ロードレース選手権」にチームとして初参戦!待ち受ける幾多の困難とその先の感動。”真夏の祭典”とも呼ばれる、最も過酷なレースへの挑戦を支えるプロジェクト。

プロジェクト本文

<追加情報6.20> RUN&DREAM Tシャツデザインできあがりました!

10000円以上のご支援に対するリターンに含まれるRUN&DREAM Tシャツのデザインが出来上がりました。

吸汗性と速乾性に優れた機能を発揮するポリエステル・メッシュ素材を使用したスポーツに最適なTシャツです。

(着用イメージ 生形はMサイズ着用)

(サイズ表 プロジェクト終了後にお届けするサイズの確認をいたします)

↑更新ここまで

 

 

 

(2016年鈴鹿8耐決勝レーススタート時)

▼はじめに

オートバイレーサー「生形秀之」は1999年より全日本ロードレース選手権に参戦しています。2005年より地元静岡市清水区のJリーグチーム、「清水エスパルス」とのタイアップにより夢””挑戦”をキーワードとしたレーシングチーム、「S-PULSE DREAM RACING(エスパルスドリームレーシング)」を立ち上げ、チームオーナー兼、ライダーとして様々な活動を行ってきました。今回の「鈴鹿8耐参戦」は、今年40歳を迎え、ベテランと呼ばれることの多くなった生形の、新たな挑戦の一つです。

生形自身は過去に鈴鹿8耐へ8度参戦しており、ライダーとしての経験は豊富。しかし自らチームを率いての参戦は初めてのことであり、年間エントリーしている全日本ロードレース選手権に参戦しつつ、まったく違う仕様のマシンで必要とするスタッフの数も多い耐久レースに出場するということは、決して簡単なことではありません。昨年より地道に準備を進め、トライアウトを勝ち抜き、8耐参戦権を得るところまでたどり着きました。

 

(チーム代表・ライダーの生形秀之)

▼8耐参戦権獲得

4/23(日)。チームは鈴鹿サーキットで開催されている、「MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦鈴鹿2&4」(200kmの距離を走るセミ耐久レースで、1時間以上走り続けるため、給油やタイヤ交換等のピット作業も途中にはさみます)に8耐と同じ1000ccのマシンで参戦しました。これは8耐への参戦権を得るためのトライアウト的出場で、チームにとって非常に大事な一戦です。昨年の8耐で好成績をおさめ、すでに参戦権を得ているチーム以外の中で10位以内に入ることが条件となります。前日の公式予選は参加台数69台、そのうちトライアウトチーム40台中、ゼッケン95の生形は総合12位でした。そしていよいよ決勝レース。序盤から転倒車が出るなど荒れた展開。メカニックたちによるピット作業もスムーズに進み、ライダー生形は冷静さと集中力を失わず、総合10位(トライアウトチーム中2番手)でチェッカー。こうしてチームは晴れて8耐参戦権を獲得したのでした。

(8耐トライアウト時の模様)

▼8耐の魅力

鈴鹿8時間耐久ロードレース選手権はFIM世界耐久選手権の最終戦にあたるため注目度も高く、国内のトップチームやライダーだけでなく、世界で活躍するチームやライダーも多数出場します。世界の舞台で活躍したいと願うライダーたちにとって、ここに参戦し、好成績をおさめることは非常に価値のあることなのです。

また毎年7月の最終末に行われる8耐は、真夏の祭典の名にふさわしく異常なまでの盛り上がりを見せます。レース中は最高気温40度、ライダーたちが走るコースの路面温度は60度近くに達し、熱中症になり走れなくなるライダーもいます。他にも8時間を戦う中で転倒したり、マシンにトラブルが発生したり、様々な困難を乗り越えて完走した時。大会の終わりを告げる打ち上げ花火を見ると、参戦する側も、観客も、とてつもなく大きな感動に包まれます。

(鈴鹿8耐オフィシャルPV)

(マシンやライダーたちを間近で見られるピットウォーク)

(スタッフたちによるピット作業。速さと正確さが必要です)

(ゴールへ向かい最後のセッションを走る生形(2015年))

(関わったスタッフ皆がハイタッチでライダーを迎えフィニッシュ)

(レース終了後。会場は感動の渦)

▼このプロジェクトをやろうと思った理由、資金の使い道

生形秀之はいままでは一人のライダーとして鈴鹿8耐に参戦してきました。まずは結果をだすこと。良いタイムや良い順位で走る事が使命であり、それは個人の戦いのステージでもありました。今年はチームを率いるリーダーとして、ライダーと兼務して参戦します。いままで個人で挑戦していたステージを、より多くの方々と一緒に挑戦したい、夢をみたいと思ったのがきっかけで、これからは沢山の人達と夢を達成していくことが生形秀之の新しいステージだと感じ、このプロジェクトにのぞみます。 

▼資金の使い道

生形が年間エントリーしている全日本ロードレース選手権J-GP2クラスでは、600ccのマシンを使用しています。8耐で使用するのは1000ccの耐久仕様ですのでパーツも共用はできません。8時間戦い抜くことを考えるとスペアも相当数必要ですし、転倒や大きなトラブルに備えるとスペアマシンも必要です。それに加え耐久専用の機材やガソリン等の消耗品、移動費、チームスタッフの宿泊費や人件費等諸々を合わせると、600ccのマシンを1年間走らせるのと同等、もしくはそれ以上の資金が8耐には必要になってきます。

幸いチームスタッフは経験豊富な人材を確保することができ、マシンも旧型ではありますが昨年も表彰台に登った、株式会社ヨシムラジャパン様より貸与していただいております。2つの課題がクリアできたわけですが、資金確保の面では一部500万円をクラウドファンディングで募らせていただきたいと思います。集まった支援金は、鈴鹿8耐参戦のための費用にすべて充てさせていただきます。

(8耐仕様のマシン)

▼リターンについて

このプロジェクトに賛同し、ご支援くださった方々へはご支援金額により様々な特典(リターン)が用意されております。これらはすべてクラウドファンディング限定の内容となっております。リターンの一覧をぜひご覧ください。

▼最後に~RUN&DREAM~

このプロジェクトには”RUN&DREAM"というテーマがついています。チームが8耐の表彰台に乗ることだけが目的ではありません。〝走ろう、夢をつかもう。〟を合言葉に、生形秀之が鈴鹿8耐を走ることで大人が夢をつかもうとする姿に共感したり、アスリートたちと一緒に体を動かすことで人生を豊かに暮らすことができたりと、このプロジェクトを通じて仲間や地域、業界をもりあげていきたいと考えています。そういった理由で、8耐参戦のほかにも、より多くの方々と一緒に楽しみたいとランニングイベントや体を整えるコンディショニングセミナーなども計画しています。

大切なのは、みんなと一緒にこのプロジェクトを達成していくこと。そして楽しむことです。

そんな私たちS-PULSE DREAM RACINGの夢の実現に、ぜひ応援よろしくお願いいたします!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください