引っ張りに強く、熱伝導も良く、電気伝導度も高い、奇跡の素材と言われているグラフェンを採用したGraphene-X(グラフェン・エックス)は、一度着用すれば手放せなくなるオールラウンドジャケットです。

グラフェン層により、防水性、軽量性、透湿性、耐久性などを備えたスタイリッシュなデザインとなっております。


抜群な汎用性を誇るGraphene-Xはどんなシーンにも対応しています。外出時に持ち運ぶ服が減り、さらに優れた収納性でよりスマートに外出を楽しめます。


出勤時や外出時、一枚でかっこよく決まるGraphene-X。


Graphene-Xの快適性でより体を動かすことが好きになります。


もちろん旅行時もGraphene-Xが良きパートナとして支えてくれます。


忙しい中のリラックスタイム、愛着が沸いたGraphene-Xでよりのんびりできます。


ミニマリスト必須アイテム!? 4〜5着あった上着をGraphene-Xの1枚でカバー。もう朝何を着るかで迷うことはありません!


グラフェンとは、炭素原子が六角形格子構造で結びついているシート状物質で、超伝導性も発揮できる夢の素材と言われています。

この素材を織り込むことで、静電防止、UVカットなどの効果を発揮しています。


重量は個々サイズごとに多少の変動がございます。

表面の30%がグラフェンから作られているGraphene-Xは優れた赤外線特性を有しているため、熱を保ち、均一に分布させることで耐寒性が上がります。

インナーがTシャツ1枚の場合、快適に利用いただける気温は0℃〜20℃、

外気温が0℃以下の際は、インナーにロングTシャツやセーターなどを着ていただくとより快適にお過ごしいただけます。



エコバイオニックコーティング:化学物質を加えることなく水を弾き、環境に優しいPFCフリーのコーティング技術を採用しています。

• 撥水 / 防汚 / 防水 / 40℃以下の水でご自宅の洗濯機でお洗濯可能

• フッ素化合物不使用• ホルムアルデヒド不使用 •高耐摩耗性• 高透湿性

Graphene-Xの耐水圧10,000mm(14.2psi)です。通常の雨は約2psi、台風の雨は約10psiですので、大雨に遭遇しても安心です。



RECCOレスキューシステムとは雪山の雪崩などで遭難した人の捜索に役立つ、チップを使用したシステムです。

チップがリフレクターとなって救助隊が発するシグナルを反射し、遭難者の位置を特定することができます。万が一の時にも安心です。


◆サイズ選びのオススメ

Graphene-X αシリーズジャケットは、日本製の洋服よりも少し大きめの作りとなっておりますので、普段着ているものの一つ下のサイズをお選びいただくことをオススメしております。


◆ケアの仕方


Graphene-Xは単なるアパレルブランドではありません。

私たちにはミッションがあります。
それは、人々の期待を上回る衣類によってグラフェンが世界にもたらす変革の火付け役になることであり、またそれを責任ある方法で成し遂げることです。これこそ私たちが「気候ニュートラル認証」にコミットしたことを誇りに思う理由です。私たちは創業以来、二酸化炭素排出量の測定、減少、オフセットに取り組んでいます。

現在、Graphene-Xに使用されているプラスチックは製品全体の65%ですが、他社の最高機能ジャケットは95%から100%です。私たちは快適さとパフォーマンスを犠牲にすることなく、この割合を可能な限り引き下げることを目指しています。

Graphene-Xの生産を担当するのは、アウトドアブランド最大手のアパレル製品を15年以上にわたって手がけてきたメーカーです。最高のジャケットを生み出すため、製品開発にも積極的に携わってくれました。また、従業員を公正に待遇する素晴らしい企業文化を持っており、それが私たちが目標を実現できた要素のひとつでもあります。常に身の回りの現状を変える製品を求め、新たなトレンドとともに世界を形作るアーリーアダプターとイノベーターが集まる日本のクラウドファンディングは、Graphene-Xに最もふさわしいステージです。


1.グラフェンとは何ですか?どんな効果があるのですか?
グラフェンとはグラファイト(鉛筆の芯の原料)の第一原子層です。この二次元の層は非常に頑丈で、強度はスチールの200倍に達します。Graphene-Xはこのグラフェンの驚くべき特性を応用したことによって、パフォーマンスを劇的に向上させることに成功しました。

2.このジャケットの特別なところは何ですか?
グラフィンレイヤーがこのジャケットのパフォーマンスを全く新しいレベルへと引き上げています。Graphene-Xは「手放せなくなるジャケット」を目指し、リサーチと研究開発に2年以上の時間をかけて誕生した製品です。町中での日常生活からハイキング、激しいスポーツまで全く異なるシチューションでいつでも快適に着られるジャケットです。

3.防水性と透湿性はどうなっていますか?
このジャケットに使われている生地の耐水圧は10,000mmです。これは、生地の上に1cm四方の柱を立てて水を入れた場合、10,000mm(10m)の高さまでの水圧に耐えられるということです。

透湿性に関しましては、24時間で1平方m当たり10,000gの水蒸気を内部から放出することができます。空気を大変通しやすく、透湿性が非常に高い生地です。

4.温度をどうやって調節しているのですか?
温度調節はGraphene-Xが最も得意とすることのひとつです。シェルは表面の30%がグラフェンから作られており、優れた赤外線特性を有しています。熱を保ち、均一に分布させることが可能なのです。

6.RECCOとは何ですか?
最先端テクノロジーを応用したRECCOレスキューチップは、スキーや登山で遭難した際の捜索に役立ちます。このチップはGPSではなくリフレクターで、救助隊員が発するシグナルによって遭難者の位置を特定することができます。

7.メンズのみですか?
Graphene-Xはユニセックスデザインです。女性の方はサイズ表をご確認いただき、小さめのサイズをお選びください。サイズはUSサイズ基準でSからXXLまでございます。


リスク&チャレンジ

製品を予定通りお届けできるよう迅速且つ丁寧に進めるよう最善の努力を尽くしますが、以下記載にあるような事情により止むを得ずお届けが遅れる場合があります。予めご了承ください。 

・海外輸送中のトラブルや通関時のイレギュラー等で、お届け時期が遅れる場合があります。 

・並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。 

・本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

 ・開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。


特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名 :株式会社エクセルリビング

◯ 事業者の所在地: 〒158-0086 世田谷区尾山台2-19-7レオ尾山台102

◯ 事業者の連絡先: Tel: 050-6876-4117 メール: info@excelliving.jp
※こちらではお申し込みは受け付けておりません。お問い合わせは当ページの「メッセージで意見や問い合わせを送る」ボタンよりお願い致します。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:
・クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)
・コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)
・銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/
・auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期:当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立します。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期:各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産・物流状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品:当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。

尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または弊社連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2020/11/20 16:34

    皆様この度は誠にありがとうございます!当プロジェクトはおかげさまで開始から順調に支援金額が伸びてきており、深く御礼申し上げます。私たちは「グラフェン」という奇跡の素材を世の中にもっと広めるとともに、グラフェンを活用した物づくりにより環境問題に貢献することをミッションとしています。私たちのミッシ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください