子どもが描く絵を製品化する

はじめまして、福嶋 大祐と申します。

数ある中からこのプロジェクトページにお越しいただき本当にありがとうございます。

まずはこちらのポーチをご覧ください。

個性的だけどほっこりする、あたたかいデザインだなと私は思っています。
皆さまはどう感じられますか?

このポーチはハンディキャップを持つ子どもの描いた絵から生まれました。
子どもが描いたモチーフをもとにTohe(トーヘー)がデザインし、製品化しています。


小さなアーティストたち

この作品のモチーフを描いたNEM(ネム)くんをご紹介します。

NEMくんは自閉症と身体障害を抱える15歳の少年です。

人との会話や言葉での表現、感情のコントロールが苦手で、ヌーナン症候群という難病も抱えています。

いわゆる「普通の」コミュニケーションは不得手な彼ですが、筆とキャンバスがあれば自分を表現することができます。

言葉にならない感情や自分の見ている世界を、彼は巧みに描き出すことができるのです。
(NEMくんの病状等については今回特別に許可を得て掲載しています)

もう1人アーティストをご紹介します。


このぬいぐるみの元になる絵を描いたDUC(ズック)くん。彼も自閉症を抱えています。
NEMくんと同じように言葉を使ったコミュニケーションは苦手ですが、絵で自己表現する方法を学びました。

彼の才能が周囲に認められた結果、2019年からはToheの専属アーティストとして雇用されており、いまでは自力で生計を立てられるほどになっています。


Toheとの出会い

NEMくんは9歳、DUCくんは16歳の時にToheと出会いました。現在の彼らはアーティストとして職を得ており、個展を開くなどの活動を行っていますが、その道のりは決して平坦ではありませんでした。  

ベトナムでは残念ながら、障害は偏見を持って見られてしまうことが少なくありません。

例えば自閉症などの発達障害は、未だに家庭環境に原因があるものとして扱われてしまうことがあります。子どもも「働き手」である貧しい家庭では、障害を持つ子どもは周囲に知られないよう隠して育てられ、養護施設に入った後のケアも十分でないことがあります。

地域や施設によって異なりますが、障害を抱えた子どもたちには教育や医療、ひどいときには食べ物すら十分に与えられないこともあります。

Toheはそんな現状を少しでも変えるために活動を続けています。

Toheは障害を抱える子どもたちに無償のアートクラスを開き、子どもたちの創造性や自由な遊び心を絵や工作で表現する方法を教えています。

子どもたちが描いた絵の一部は、雑貨として製品化し販売されます。その利益は次のアートクラスの運営資金となり、またモチーフを描いた子どもたちに還元されます。

このようにしてToheは2006年の活動開始以来、合計2,500人超の子どもたちに社会参加のきっかけを届けてきました。

この活動がいま、新型コロナウイルスによって継続困難になっています。

障害のある子どもたちの自立を支援する活動を続けるため、どうかご協力ください。


アートクラスで生まれる小さな変化

(アートクラスの様子)

私 福嶋は2019年に、プロボノとして3ヶ月間Toheで働いていました。

ハノイ郊外にある、障害を抱える子どもたちが暮らす施設に初めて行った時のことは今でもはっきりと覚えています。子どもたちの生活の場であるにもかかわらず衛生環境が劣悪であることがショックでした。

ここで暮らす子どもたちに、絵の描き方を教えるだけのToheの取り組みなど無意味ではないかとすら思いました。

ところがアートクラスが始まると、子どもたちは待ちわびていたように教室に集まってきて、心から楽しそうに絵を描いていたのです。

「見える世界を変える。そんな力が絵にはあるのかもしれない」と感じました。

Toheの取り組みはベトナム国内の他地域にも広がり、アートクラスを届けられる子どもたちの数も増えてきていました。


そんな十数年に及ぶToheの地道で順調な、あたたかい取り組みを、新型コロナウィルスは容赦なく襲います。コロナ禍にあって、製品販売は壊滅的な打撃を受けました。

主要顧客だった外国人旅行客がゼロになり、ノベルティグッズのオーダーを受けていたAir AsiaやStarbucksなど大手企業との取引も縮小を余儀なくされたためです。2つの店舗のうち1つは既に閉鎖しています。Toheはいま、かつてない経営危機に直面しています。

Toheの活動は子どもたちの描く絵をもとにした製品を販売することで続けてきました。

子どもたちが生み出すものの価値を信じ、その価値をお金に換えて子どもたちに届けること。それがToheのやり方であり、信念でした。

平時ならばサステナブルで循環的なこの方法が、残念ながらいまは裏目に出ています。製品販売が生命線であるためです。


子どもたちの絵を製品化しその利益で運営を続けてきたToheには、確かな教育力と開発力があります。

いまを乗り切ることができればToheは必ず復活し、笑顔溢れる彼らにしかできないやり方で子どもたちの支援を続けます。

障害のある子どもたちが社会参加のきっかけを掴める。その機会が失われることのないよう、どうか力を貸してください。よろしくお願いします。


リターンのご紹介

リターンについてご紹介します。

今回新たに4つの製品を作りました。一つ一つハンドメイドで丁寧に作ってお届けします。

【小物ポーチ】(1万円) 男女問わず使えるデザインで、防水素材を使用しています。内張は柔らかなコットンです。

【オリジナルエコバッグ】(1万円) 日常のお買い物にちょうど良いサイズのエコバッグ。折り畳みできます。

【ぬいぐるみ】(1万5千円) 小さなお子さんにも安心の、洗濯できるコットン素材を使用しています。

【ファブリックパネル】(1万5千円) 壁掛け、立て掛けいずれも可能です。子どもたちの遊び心をお部屋にぜひ飾ってください。

なお、製品は全て2パターンのデザインからお選び頂けます。

また製品に加えて、ToheのCEOとのミーティングもリターンとして設定しました。製品化ノウハウ、アートクラスの運営手法など、様々なトピックで情報交換する場を設けます。

その他のリターンとして、ToheからのThanksカードに加えて、リモート会議で使用可能なバーチャル背景もご用意しました。


資金の使い道・スケジュール

頂いた資金は、リターンプロダクトの製作費用とアートクラス運営費用に充当します。

リターンの発送は、2021年2月ごろを予定しています。


最後に

Toheで働いた経験を通して、障害のある子どもたちの現実を大きく変えることはやはり難しいのだと痛感しました。

でも「小さく変える」ならできるということ、「すこしよくする」ならいますぐにでも可能だということを、私はToheから、そして子どもたちから学びました。

この素晴らしい取り組みを途絶えさせたくない、途絶えさせてはならない。そう思い、このプロジェクトを立ち上げました。皆さま、どうかご協力ください。よろしくお願いします。

(私は2019年にNPO法人クロスフィールズの「留職プログラム」に参加し、Toheでプロボノとして働いていました。当該プログラムは既に終了していますが、今回はコロナ禍における特例としてTohe及びクロスフィールズと共同で本プロジェクトを実行しています)

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/12/25 18:11

    皆さん、初めまして。プロジェクトメンバーの陳と申します。福嶋さんと同じく、私もクロスフィールズの留職卒業生であり、チームの一員として本プロジェクトを進めてきました。1ヶ月間続けてきた本プロジェクトは本日で終わりを迎えます。ここまでのご支援、本当に有難うございます。心から感謝申し上げます!プロジ...

  • 2020/12/24 18:16

    皆様こんばんは。プロジェクトメンバーのクロスフィールズ西川です。皆様のご支援、応援のおかげで、本日目標金額を無事達成することができました。チームを代表して、心から御礼申し上げます。頂いた応援コメントはメンバー全員が全て拝見しております。温かいメッセージに元気と勇気をもらう瞬間が幾度もありました...

  • 2020/12/23 22:57

    こんばんは。福嶋 大祐です。おかげさまで支援額が目標まであと少しのところまできました。ここまで支援や情報のシェアにご協力いただきましたみなさまに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございます。このプロジェクトはメンバーの小さな想いから始まりました。その想いに共感してくださった方々がいらっし...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください