はじめに・ご挨拶

撮影:山本謙治

はじめまして!
株式会社ONE DROP FARM(ワンドロップファーム)の豊増洋右と申します。

千葉県市原市で、
地域の方々と一緒に森を再生しながら有機野菜はちみつを生産しています。


※森の再生活動と、養蜂をはじめたきっかけについては、「5.プロジェクトを立ち上げた背景」のところに詳しく書いていますので、ぜひそちらを読んでください!

そんな養蜂家である私たちの、新しい挑戦に
みなさんのお力をお借りしたく、このプロジェクトを企画しました。

その名も、

日本初の『燻製はちみつ』で、千葉の里山を元気にしたい!

です!

なぜ、『燻製はちみつ』で、千葉の里山が元気になるのか?
少し長くなりますが、ぜひこのあとの説明を読んでいただきたいと思います!

______________________________

0.そもそも、『燻製はちみつ』って、なに?
1.このプロジェクトで実現したいこと
2
.『燻製はちみつ』が広げる、森と養蜂の明るい未来!
3.私たちの地域の紹介
4
.プロジェクトを立ち上げた背景
5.これまでの活動
6.資金の使い道・スケジュール
7.リターンのご紹介
最後に

_______________________________

0.そもそも、『燻製はちみつ』って、なに?

燻製はちみつ』とは、文字通り、はちみつを燻製したものです。

天然のはちみつの成分、効能はそのままに、
燻香のみをつけたその味わいと香りは、まさに贅沢そのもの!

ワイン、ウィスキー、チーズ、ピザ、お肉料理、お魚料理、コーヒー、サンドイッチ、、、
いつもの食卓が、『燻製はちみつ』をひとさじかけるだけで、
とびきり贅沢で豊かな食卓に感じられる、、、

そんな最高の味わいと香りを実現しました!

これまで、はちみつに「燻液」と呼ばれる調味液を混ぜたものは存在しました。

が、はちみつを直接燻製したものはありませんでした。

そこで、燻製調味料の第一人者であるkazusa-smoke(株式会社リオ)の市川正秀氏の協力を得て、「はちみつを直接燻製する技術」を新たに開発することにしました。常温では極めて粘度の高いはちみつに、均一に燻香をつける技術開発、、、は困難を極めました。

試行錯誤を繰り返すこと3年、、、

ついに、はちみつを天然のまま燻製した、無添加の『燻製はちみつ』の生産に成功しました!

はちみつの、天然のままの成分、効能を損なわないように、
低温で、じっくり長時間燻製することで実現した至高の味と香り!

それが、『燻製はちみつ』なのです!

『燻製はちみつ』はチーズにもとてもよく合います!

1.このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで実現したいのは、そんな日本初となる「燻製はちみつ(特許出願中)」の量産化を可能にすること!そして、その収益で、森を豊かにして、養蜂業を持続可能なものにしていきたい!それが、私たちが目指していることです。

●様々なはちみつの燻製が可能に!
量産化を成功させることで、様々な養蜂家のはちみつの燻製加工が可能になり、付加価値を高めておかえしすることができ、養蜂家の収益向上、業界の持続可能生の扉を開いていきたいと考えています。

●森を守る活動をするはちみつの価値向上に貢献したい!
この活動によって、多くの消費者に国産・天然のはちみつ、という希少な農産物の価値を再発見していただき、我々のみならず、同じような志で森を守っている養蜂家の蜂蜜の価値向上に貢献していきたいと考えています。



2.「燻製はちみつ」が広げる、森と養蜂の明るい未来!
  〜 なぜ、『燻製はちみつ』なのか? 〜


はちみつといえば、パンに塗る、ヨーグルトに混ぜる、紅茶に入れる、、、

普通はそんなところでしょうか。

ところが、

今回開発した『燻製はちみつ』は、「食」のあらゆるシーンで、

素材の美味しさ、楽しさを贅沢に引き出してくれます。

いつものチーズが、いつもの焼き鳥が、いつものポテトサラダが、、、

こんなにもゴージャスな味わいに変化するなんて!

ピザやポテト、ソーセージからチーズ、ステーキまで!
素材の美味しさを引き出す組み合わせは無限大!

いままで、はちみつをかけるイメージのなかった食材が、
ほんの少しの量の『燻製はちみつ」で、食卓が豊かになる、、、。

それが、『燻製はちみつ』の魅力です。

『燻製はちみつ』が、はちみつの利用シーンを増やしてくれることで、

この魅力を感じていただき、再生産可能価格

つまり、
養蜂家が、森を守り花を育てる活動をつづけられる価格
で手に取っていただくことで、お客様に喜んでいただきながら、
養蜂業が持続可能なものとなり、
そして、ふるさとの森が、豊かな里山にうまれかわっていく。

そんな未来を思い描いています。

燻製はちみつを手に取っていただくたびに、
ふるさとの森が、少しずつ、豊かになっていけるように、
いま、この『燻製はちみつ』の生産を安定させ、
そして、私たちだけでなく、
ほかの養蜂家のはちみつも(依頼があれば)燻製加工できるような設備を計画しています。


3.私たちの地域のご紹介 〜経済の「崖」〜

私たちが活動している千葉県市原市の内陸部は、房総半島のほぼ中央、分水嶺に位置します。谷と丘が小刻みに連続する、いわゆる「中山間地域」です。この地域の森に降った雨が、土の中にしみこみ、千葉県各地の水源となっており、千葉県の人々の命をはぐくむ場所、といっても過言ではありません。

しかしながら、その状況は、いわゆる「のどかな里山」とは全く異なります。

放棄された山林を台風15号が直撃し、大量の倒木処理にあたる日本リノ・アグリとワンドロップファームのスタッフ

すぐ近くには大都市千葉市を抱え、沿岸部には国内2位の工業地帯。そして、東京湾アクアラインを渡れば大都市東京へと1時間でアクセスできます。そんな、非常に大きな経済と隣接したエリアでありながら、小学校が次々と廃校になってしまうような、極端な高齢化の進んだ集落となってしまいました。その落差は、まざに経済の崖といえます。

曲線だらけの狭い畑が連続する市東地区。作物を植えても生産性が非常に低い。

なぜ、こんな「崖」が生じてしまったのか?

その一因は、比較的早い時期に大規模な宅地開発やゴルフ場開発が行われ、山や農地を手放しやすい条件が整っていたことにあると思います。さらに、すぐ近くに便利な市街地があることによって、多くの人は生家を離れ、わずか数キロで往復できる便利な市街地に移り住みました。

そうして、大都市のすぐ近くにありながら、小学校がいくつも廃校になってしまい、ついには極端に高齢化の進む集落となりました。田畑や森で仕事をするのは高齢者ばかりで、若い人の姿はみられません。そうして、森や農地が荒れていきました。

海と森に囲まれた千葉県。

森が荒れれば、やがて海も荒れてしまいます。森も海も失われれば、私たちの暮らしは成り立ちません。

そうした危機的な状況を、白日にさらしたのが、昨年の台風15号による、大量の倒木と、それによる大規模な停電でした。

縁あって、こうした中山間地域の仕事に携わっている以上、次の世代に豊かな森を残すことの重要さを、ひしひしと感じています。


4.プロジェクトを立ち上げた背景

①日本リノ・アグリがはじめた農地再生事業
この活動のスタートは、8年前に遡ります。

耕作放棄地の再生作業を行う日本リノ・アグリ

半世紀ちかくの間、荒れ果てていた山林と農地の、再生に着手した方がいました。

日本リノ・アグリの中村伸雄社長です。

「ふるさとのためになるならば」と、当時経営していた造園会社を引退し、200ha以上におよぶ広大な山林と農地を引き受けました。2013年のことです。

手入れをされていない暗い森の整備から始まった。

それから4年(いまから3年前)。

膨大な時間をかけ、針葉樹を間伐し、光が届くようになった森

再生した農地の活用方法について、中村社長から相談を受けたのが、
私がこの事業に参加することになったきっかけです。

② 3年前に、合流、農業法人の代表に就任。
「こんなところで農業を成り立たせるのは、無理だ!」

仮にも有機農業を専門にしていた私は、率直に伝えました。

まともな通路もない畑、四方を杉林に囲まれ、
ほとんど日の当たらない畑、狭くて不整形な畑、
そんな畑では、いくら土が良くても収益は出ません。

しかし…、

花を育て、蜜源樹木を植え、蜂蜜を得る農業なら、、、

ひょっとしたら可能性があるかもしれない。

花畑に蘇った耕作放棄地

造園のプロである中村社長が、花を育て、

生産のプロである私が、蜜蜂を育てる。

そんな風にして、このプロジェクトが始まりました。

このとき、蜂蜜の生産・販売を行う農業法人として、

「ONE DROP FARM(ワンドロップファーム)が発足し、
私(豊増)が代表に就きました。

養蜂体験や森林体験を通じて、天然はちみつの価値を伝えてきました


③ 軌道に乗り始めた矢先の、台風・豪雨被害と、コロナ禍

そうして、3年。

奇跡的な縁で信州の師匠さんに出会い、
なんとか蜂蜜の生産と販売が軌道に乗ってきたな、、、という時に、直面したのが、

・千葉県を襲った台風15号、19号、21号による豪雨被害

そして、

・追い打ちをかけるように襲った、一連のコロナ禍でした。

本来であれば、中村社長の日本リノ・アグリと共同で蜜源の管理や森林整備などを進めていきたいところでしたが、蜜源に関しては、現在はほぼすべて日本リノ・アグリにお願いしている状況。

少しでも早く、養蜂事業の収益力をつけて、蜜源の管理や森林整備に還元していかなければなりません。

そんな焦りの極みの状況で浮き彫りになったのが、「はちみつの価格の安さ」でした。

以前から、はちみつという農産物の価格が、実際の再生産可能価格に対して非常に低価格で取引されていることに大きな課題を感じていました。


5.これまでの活動

これまで、はちみつの価値をみなおしていただいたり、里山の価値を伝えていけるような催事販売、農場体験イベント、農場研修などを実施して収益としてきましたが、昨年の台風および、今年の感染症の影響で、そうした催事販売、イベント等が一切中止になりました。

「伝える場」を失ったことで、当初計画していた売上計画からは大幅に落ち込み、それを挽回するために農場で始めた直売の売上増でなんとかしのいでいます。

 そうした状況を大きく挽回するために、数年前から構想していた新商品『燻製はちみつ』の開発に成功し、これを再起のための起爆剤にしたいと考えています。

 また、このような活動によって、多くの消費者に国産・天然のはちみつ、という希少な農産物の価値を再発見していただき、我々のみならず、同じような志で森を守っている養蜂家の蜂蜜の価値向上に貢献していきたいと考えています。


6.資金の使い道・実施スケジュール

日本初となる『燻製はちみつ(特許出願中)』ですが、いままでに市場になかったものであるため、下記の二つの課題を克服する必要があります。今回のクラウドファンディングでは、これらの課題を克服するための施策に費用を投じたいと考えています。

(課題1) 用途やレシピに関する解説、PR、レシピ開発

(課題2) 一定量の生産のための設備投資

(他の養蜂家の加工委託も受託できるようになるために)

・課題1に関して:レシピ開発動画の作成、専門家(料理人)への評価依頼

・課題2に関して:燻製装置の改良、品質管理・分析費用、容器等資材の調達


7.リターンのご紹介

A 2500円:森からのお手紙、燻製はちみつ50g入り×1個

B 5000円:森からのお手紙、燻製はちみつ50g入り×2個、天然百花蜜50g×2個

C 10,000円:森からのお手紙、燻製はちみつ50g入り×5個

D 24,000円:森からのお手紙、燻製はちみつ50g入り×8個、
  養蜂体験チケット 大人2名分(有効期限:2021年9月末まで)

E 30,000円:森からのお手紙、燻製はちみつ50g入り×5個、はちみつソフトクリーム券10枚、はちみつとジャムの豪華6本セット1セット、養蜂体験チケット 大人2名分(有効期限:2021年9月末まで)

F 50,000円:森からのお手紙、巣枠まるごと2枚(巣箱から収穫したままの蜂の巣ごと召し上がれる蜂蜜)
G 100,000円:森からのお手紙、燻製はちみつ50g入り×20個、はちみつとジャムの豪華6本セット×2セット、養蜂体験チケット 大人4名分(有効期限:2021年9月末まで)

H 200,000円:みつばちの巣箱 年間オーナー権 1箱分(最低採蜜量:10kg以上)


最後に

長文、最後まで読んでいただきありがとうございます!

様々な養蜂家の方とお話をしていると、「あの森をもう少し整備できれば、、、」「あの荒地にこんな木を植えられれば、、、」という話が必ず出ます。みつばちを通して、森や自然の変化を感じ取り、そして、それをなんとかしたいと常々思っている養蜂家は本当にたくさんいらっしゃいます。ですが、実際に木を植えたり、森を整備したり、というところまでは余裕がありません。

燻製はちみつの量産化を可能にすることで、こうした養蜂家の蜂蜜の燻製加工を受託し、付加価値を高めておかえしすることで、養蜂家の収益向上、業界の持続可能生の扉を開いていきたいと考えています。

そして、この活動によって、多くの消費者に国産・天然のはちみつ、という希少な農産物の価値を再発見していただき、我々のみならず、同じような志で森を守っている養蜂家の蜂蜜の価値向上に貢献していきたいと考えています。

みなさまからの奮ってのご支援、心からお待ちしております!
どうぞよろしくお願い申し上げます。

※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/01/15 21:05

    【アンケートご協力のお願い(30秒ほどお時間をください!)】------------------------------アンケートフォームはこちら※ワンドロップファームのインスタグラムからもダイレクトメッセージで回答いただけます!インスタグラムで回答する--------------------...

  • 2021/01/09 12:35

    はじめての活動報告です。あらためまして、ワンドロップファームの豊増です。クラウドファンディング、開始から最初の1日が経過しました。いままでの人生のなかで、いちばん長く感じた1日かもしれません!そして、初日から本当にたくさんの方にご支援いただき、言葉にならない感謝の気持ちでいっぱいです。ご支援い...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください