新型コロナの影響で今までにない苦難に直面し昨年10月にCAMPFIREにてプロジェクトを行い、心優しい皆様からたくさんの支援をいただきました。その節は本当にありがとうございました。黒豆の収穫時期の11月には「2021年はワクチンが行き渡り、飲食店も賑わうだろう」と考えていました。営業活動も行っていましたが、ご存知の通り京都を含む都市で緊急事態宣言が出され、酒類の提供禁止も措置として行われ外食産業に大きな痛手となっています。和食店や居酒屋、外国人の方が来るような飲食店に販路を持っていた私たちも引き続き苦境に立たされています。また飲食店のような支援策も少ないのも現状で、再び窮地にたたされています。

この育てた「黒豆」をどうにかしないと・・・。と皆で考え行動しましたが、中々打開できずこの場で2度目のお願いをできればと思い、プロジェクトを立ち上げました。農作物は季節が来るとどうしても収穫せずにはいらません。収穫したものを廃棄処分するのはとても悔しく、そうしたくないのが本音です。前回に引き続き赤字ですが皆様に美味しい「黒豆」を楽しんでいただければと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

前回のご支援と応援のお言葉はとても心強く救われました。本当にありがとうございました。

@京都丹波口本店

【黒豆の枝豆】

※手軽に高級黒豆を。おかずや晩酌のおつまみ、子供のおやつにもおススメです。

黒豆の枝豆は京都近郊では慣れ親しまれていますが、まだまだ全国区ではありません。
黒豆の賞味期限は10日間ほどと短く、あまり流通していませんでしたが、大粒でホクホク感があり本当においしいので全国に広めたく冷凍の「黒豆えだまめ」をつくりました。広まりつつある矢先にコロナの影響で直営店の臨時閉店や飲食店への営業活動が滞り、在庫が膨らんでしまいました。

賞味期限が2022年8月の在庫です。1年以上ありますが予定していた今夏の飲食店への販売が絶望的で、全く目処が立っていません。このままだと廃棄になります。前回と同様に「処分するくらいなら原価割れでも良い、最高級「新丹波黒」の美味しさを知って欲しい」と思いプロジェクトを立ち上げました。クール便の送料も1000円以上かかりますが、当社で負担いたします。

是非、皆様に食べていただき150年以上つづけてきた黒豆の美味しさを知っていただきたいと思います!

【リターン品「黒豆枝豆」について】

◆最高級品種黒豆「新丹波黒」とは

「新丹波黒」は京都の丹波地方を中心に栽培される黒豆の最高級品種です。日本一といわれるほど大粒でホクホク感があり、豆の風味や甘味をしっかり感じられます。お正月の高級なおせちに入る煮豆もこの品種が使われます。サヤは汚れているように見えますが、それが黒豆の特徴。「見た目は悪いが味は絶品!」と言われています。

黒豆は普通の枝豆に比べて大粒で、最もおいしいといわれる10月中旬から下旬頃の、枯れる寸前に収穫します。 収穫から10日間ほどが賞味期限で、京都近郊のスーパーや東京の料亭などに出荷されます。北尾の冷凍「黒豆枝豆」は冷凍保存することでその美味しさを保っています。

栄養素も優れていてカルシウムやビタミン、たんぱく質を多く含みます。特に「黒豆ポリフェノール」は風邪に有効ではないか、と研究が進められています。中国後漢~三国時代の書物「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」に「黒大豆は風邪に効く」という表現がみられ、健康に良いと言われています。

◆リターン品・冷凍「黒豆枝豆」について
※パッケージは電子レンジ調理ができるものに変わりました

例えば15袋のセットで、通常7,290円(税込)を 半額以下 3,240円(税込)でご提供いたします。
※お届けは7月末日ごろの予定です
※配送料:クール便代無料

食べ応えがあるので、おかずにも、お酒やビールのおつまみにも、子供のおやつにもなります。
ぜひ、応援をお願いいたします!!

◆このお願いが2回目なので感謝の意を込めて15袋ごとに1袋追加します
8袋セット:8袋のまま
15袋セット:+1袋の16袋セット
30袋セット:+2袋の32袋セット
75袋セット:+5袋の80袋セット

◆お届け日について
プロジェクト終了後7月20日頃〜お盆前8月10日までにお届けできるように準備いたします。
※1日に発送できる量に限りがありますのでご希望の日にお届けできないことがあります。
※遅れる場合は別途ご連絡差し上げます。申し訳ございませんがご了承くださいませ。

▽ポリフェノールの親和性のおかげかワインにも合います

▽ガーリック&オリーブオイルと炒めたり
(オリーブオイル・ニンニク・唐辛子・冷凍の黒豆枝豆・胡椒・醤油)

▽豆ごはんにするとホクホクで風味も良い
(解凍した黒豆枝豆を入れてご飯を炊くor炊いたご飯にトースターで焼いた黒豆を混ぜる)

▽サラダに入れるとボリューム感もでてヘルシー&栄養満点
(黒豆枝豆・紫玉ねぎ・アボカド・トマト・パプリカ・オリーブオイル・塩・胡椒・ライムの絞り汁)

▽おやつにもGOOD。2歳6か月の子も大好きで、一袋食べてしまいます。普通の枝豆よりもホクホクしており柔らかいので食べやすいようです。


<おススメの食べ方>
自然解凍や電子レンジでもお召し上がりいただけますが、トースター焼きがおススメです。水分が丁度良く抜けて旨味が凝縮し、ホクホクで深い味わいの他に類を見ない黒豆枝豆が楽しめます。

▽トースターでやけばホクホクの枝豆に
※トレーの上にクッキングシートを敷き、冷凍の黒豆枝豆を並べて230℃で5分。裏返して3分焼くとさらに旨味が凝縮します。

▽冷凍のまま電子レンジで調理できるようになりました
袋のまま電子レンジに入れ500W:2分20秒、600W:1分30秒 温めます。袋内で蒸気が周り蒸し上げます。

▽冷凍のままトースターやフライパンで簡単に調理できます

他にもレシピを掲載しています→ 冷凍枝豆のレシピ ※当社HPへ飛びます http://www.kitaoshoji.co.jp/html/page162.html

<冷凍「黒豆枝豆」の誕生秘話>
現会長 北尾 陽 は「素晴らしい新丹波黒を全国に広めたい」と考えました。手間がかかって旬も短い品種ですから冷凍「黒豆枝豆」ができるまでには苦難がありました。
・コストダウンのために気候が似ている台湾で栽培
・冷凍してもおいしく食べられるようにゆで具合の調整に3年かかる

台湾で作ることになったのは「縁(えん)」でした。たまたま別の視察で行った台湾で、日本の食品メーカーと長年取引をしている農場が「美味しい黒豆を育てたい」と賛同してくれました。品質管理もしっかり行っており、信頼できるパートナーとして育てるのが難しい黒豆の栽培が可能になりました。

黒豆の枝豆は大粒なので、ゆで時間が難しく冷凍にする際の水分調整も困難を極めました。会長の北尾は何度も試作を重ね、3年かけてベストなゆで時間と冷凍方法を見つけました。
※一番美味しく食べられるように普通のゆで時間よりも長くしています

その結果、旬の短い黒豆を全国にお届けできるようになりました。

プロジェクトで実現したいこと

とにかく手塩にかけたこの冷凍「黒豆枝豆」を廃棄処分から救って頂きたいです。
在庫数は8万袋、約10tと前回より多くあります。1袋でも多くお届けし皆様が笑顔になることを望んでいます。

資金の使い道・スケジュール

黒豆の冷凍枝豆以外への商品開発や企画に役立たせていただきます。

<メディア紹介>
毎日放送の「京都知新」 のWEB版でも取り上げていただいています。
TV「京都知新」黒豆えだまめ 紹介ページ


最後に当社のご案内です

◆北尾 丹波口本店
〒600-8876 京都市下京区西七条南中野町47
TEL : 075-312-8811 FAX : 075-312-8823 午前9時~午後17時
定休日 : 日・祝


◆黒豆茶庵北尾 錦店
〒604-8055 京都市中京区錦小路通麩屋町西入東魚屋町192
TEL : 075-212-0088 FAX : 075-221-5003
販売 : 午前9時~午後18時(金・土・日)※営業時間を短縮しておりますのでお電話にてご確認ください


  • 2021/08/03 11:08

    本日8/3の発送をもって、「冷凍黒豆枝豆」の発送を完了致しました。まだお手元に届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご連絡をお願い致します。また、ご不在でお届けが完了できていない方もいらっしゃいます。お忙しいとは存じますが、ご不在票をご確認の上、ヤマトさんの方へ再配達の依頼をお願い...

  • 2021/07/27 14:36

    7/26より「冷凍黒豆枝豆」の発送を開始致しました。順次ご支援いただきました皆様へお届けすることになります。来週8月の第一週目頃までには、発送を終える予定です。お届けまで今しばらくおまちくださいませ。

  • 2021/07/20 10:56

    この度はたくさんの皆様のご支援をいただき、誠にありがとうございます。冷凍黒豆枝豆は、7月26日より順次発送をする予定でございます。お届けまで今しばらくおまちくださいませ。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください