〈ご支援者110人を越えました!〉

こちらのプロジェクトをご覧くださり、誠にありがとうございます。


応援してくださる皆さまのおかげで、プロジェクトの目標金額を達成し、さらにネクストゴールとして掲げていた【ご支援者様100人】も越え、こちらを書いている今は110人の方からご支援いただいています。


本当にありがとうございます!


おこがましいかもしれないですが、地方でも頑張ってる人・いくつになっても挑戦する人の勇気になれたら…

そして、人と人の繋がりのありがたさをお伝えしたい。


だから、プロジェクト終了日まで全力で、1人でも多くの方にこのプロジェクトを知っていただけたらと思っています。


皆さまに喜んでいただけるよう準備したリターンも、ぜひ一度見ていただけたら幸いです(詳しくはリターンの欄をご覧ください)。


お一人お一人のお気持ちが本当に力になっています。


ぜひ、ご無理のない範囲で、SNSやお知り合いへこのプロジェクトのURLのシェアなどもしていただけたら幸いです。

厚かましいお願いですが、今後ともぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします。


はじめまして、こんにちは。

このページをご覧くださり、ありがとうございます。

愛知・岐阜・三重の県境、愛知県稲沢市という街で、2000(平成12)年から日本料理・会席料理の「喜想菴」というお店の女将をしております、鈴木美和と申します。


このプロジェクトを立ち上げた理由

京都の名店で修行した夫の出す、本格的で本当に美味しい日本料理を楽しんでいただいた後、帰りに常連様への裏メニュー的なお土産として喜んでいただいた「鰻(うなぎ)の山椒煮」。


「鰻の山椒煮」についてこちらに動画をご用意しましたので、まずはご覧いただけますと幸いです。



昨年はコロナで休業した時期もあり、お料理もこの「鰻の山椒煮」もお出しできない日が続きました。

でも「生産者のみなさんが丹精込めて作った食材を無駄にしたくない」と一念発起し、初めて通販に挑戦。



「鰻の山椒煮」や「おまかせちらし寿司」などを、常連様やネットで知ってくださった新しいお客様にお届けし、ご自宅でのお食事に色を添えられたのを私たちも嬉しく感じておりました。




名物「鰻の山椒煮」が今、存続の危機に陥っています。


保健所から「この6月から規制が厳しくなる。通販で提供するのに免許が必要で、その免許を取るには今の店舗とは別の調理場新たに用意しなければならない。」と告げられたのです!


3年の猶予期間はありますが、いち早く、万全の体制を取って保健所から求められている状態で販売したいと思っています。


だから、プレハブの小屋を建ててきちんと別の調理場を用意し、「鰻の山椒煮」をお送り続けてお客様に喜んでいただきたい。


コロナで疲れている今だからこそ、「鰻の山椒煮」でホッとする時間をお届けしたい。


その資金を支援していただきたく、このプロジェクトを立ち上げました。


なぜ、「鰻の山椒煮」なのか


実は、オンライン販売で喜想菴の一番人気は「おまかせちらし寿司」です。


では、今回のプロジェクトではなぜ「鰻の山椒煮」なのか?


今年の6月の改正で、このままなら「おまかせちらし寿司」も売れなくなるというのに…。


喜想菴の「鰻の山椒煮」は、「日本酒泥棒」とあだ名をつけられるほどお酒のアテとして最高の取り合わせなのですが、実はこれはやっぱり「お茶漬け」が一番旨いんです!



「お茶漬け」はおにぎりと並び日本の伝統食で、江戸時代には庶民のファーストフードとして広く親しまれていたもの。


「お茶漬け」が食べたいときはどんな時ですか?


調べると「疲れてるとき」が上位に上がっていました。


そう。

「お茶漬け」を食べると、なぜかホッとしませんか?


心が癒やされる感じでしょうか。



今、コロナで、皆がたくさんの我慢を強いられ、私達飲食店だけでなく生産者の方々もつらい気持ちを抱えたまま毎日頑張っています。


画面越しにこの文を読んでくださる方もそうだと思います。


ホッとする時間を持ってほしい


そんな願いがあり、今回の「『死ぬ前に食べたい』と言わしめた鰻の山椒煮を届け続けたい」という想いに至り、プロジェクトを立ち上げました。



改めて、私たちの自己紹介をさせていただきます。

愛知・岐阜・三重の県境、愛知県稲沢市で、2000(平成12)年から日本料理・会席料理の「喜想菴」を家族で営んでおります。

店主(夫)は、赤坂から名古屋、そして京都の名店「桜田」で板前修業をしておりました。



日々の喧騒から離れた菴で、懐かしさと歴史を感じることができる和のお料理とおもてなしを通して、大切な人と大切な時を過ごしていただきたいと約21年。

夫婦で、そして最近は息子もともに一生懸命営業してきました。



お店のこだわり…旬の味を、無添加で安心・安全に


その日、その季節に一番美味しいものをお召し上がりいただきたい」と強く思っています。


そのため、食材はできるだけ顔が見えお付き合いのある生産者から国産でその季節にものを仕入れ、毎月新しいメニューでお客様をお迎えしています。また、お料理に合うよう、目でも舌でも存分に四季を味わっていただけるようにと、器も毎月変えてお出ししています。


そして、お店でお出しするお料理はもちろん、お持ち帰りや通販も無添加にこだわり、防腐剤は一切使っていません。もちろん余計な添加物も入っておりません。ですから、日持ちはしません。


その代わり、添加物の余計な味を感じることなく、素材の味を楽しんでいただいています


無添加にこだわるのは、大切なお客様や家族には少しでも体に優しいものをご提供し、いつも元気で若々しくあってほしいから。


老化や免疫力を下げると言われる防腐剤や添加物を使うのは絶対に嫌と、大変ですがこだわっています。


コロナ前は常連様に支えられつつ、悪戦苦闘


主人が自分のお店を出すことを決めた時。


「ここでやる!」と連れていかれたのは、名古屋から離れた稲沢市でした。名古屋で開業を目指すのだとばかり思っていた私は大変驚いたのを覚えています。


今でこそ「なぜこの土地でお店を始めたの?」と聞かれたときには稲沢への愛情をこめて「ご縁ですね」とお答えしていますが、車でなければこれない立地に加え、通りすがりなどない田舎…。

開業当初や主人が膝の手術で入院した時などは本当に苦労してきました。


集客に苦心する中でも、何とかやってこられたのは、喜想菴をご贔屓にしてくださる長年のお客様や、美味しい旬の食材を提供してくださる生産者の皆さんのおかげだと思っています。



もっともっと


「日本料理の良さを知っていただきたい」

「主人の作る、安心安全で本当に美味しい味を多くの方に食べてほしい」


と一念発起し、数年前からは若い人たちに交じり悪戦苦闘しながらSNSの発信を学び始めました。


機械オンチの私は「ブログ?Facebook?インスタ?なにそれ?」というレベルでしたので、最初は発信がうまくできないことも正直ありました。


でも、いろいろと試行錯誤しながら発信するうちに、少しずつ新しい方々にお店を知っていただくようになり、ご来店くださる方が増えていたところでした。



コロナで休業

SNSでの発信も順調にでき「さあ、これから!」という時に、コロナが流行し始め、お店は1ヵ月半休業しました。


でも、その時に聞こえた生産者さんの悲鳴にいても立ってもいられず、未知のオンライン販売をはじめることに。


生産者の皆さんは、その季節に合わせ食材を大切に育ててきています。

特に、一般の方向けではなく日本料理など飲食店しか使わない特殊な食材を作っている方への打撃は大きかったです。


丹精込めて作ってきた食材がすべて無駄になってしまう…。


無駄にしたくない!」との想いで「鰻の山椒煮」や「おまかせちらし寿司」の販売をスタートしました。


オンライン販売開始



幸い、たくさんの方に支えられ、オンラインの常連様も増え、私も喜びのお声を聞くたび、とても嬉しく思いました。


鰻の山椒煮」はとあるお客様から「死ぬ前に食べたい」と言っていただくほど大好評。


酒のアテはもちろん、お茶漬けに本当に良く合う味です。


「鰻の山椒煮」をのせたお茶漬けで、このコロナの中、少しでもお客様のホッと一息する時間に色を添えられると思うと、大変な中でも私たちも頑張れる!と力が湧いてきてました。




その「鰻の山椒煮」が今、存続の危機に陥っています。


最初に書いたとおり、保健所から「この6月から規制が厳しくなる。通販で提供するのに免許が必要で、その免許を取るには今の店舗とは別の調理場を新たに用意しなければならない」と告げられたのです!


3年の猶予期間はありますが、いち早く、万全の体制を取って保健所から求められている状態で販売したいと思っています。


だから、プレハブの小屋を建ててきちんと別の調理場を用意し、「鰻の山椒煮」をお送り続けてお客様に喜んでいただきたい。


コロナで疲れている今だからこそ、「鰻の山椒煮」でホッとする時間をお届けしたい。


その資金を支援していただきたく、このプロジェクトを立ち上げました。



お客様に「死ぬ前に食べたい」と言わしめた「鰻の山椒煮」の通販を諦めたくないんです!


ぜひ、あなたのお力をお貸しください。



※緊急事態宣言・まん延防止措置等が延長されたため、ご来店いただくリターンにつきましてはプロジェクト終了後に時期などご支援くださった方とご相談の上、変更させていただく場合がございます。

どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。


リターンのご紹介

・お礼メール…1,000円

・大津絵お手紙…3,000円

・【動画】料理屋女将の語る、煮物椀箸の使い方…3,900円

・<数量限定>喜想菴 旨つゆ(2本入り)お礼のお手紙付…3,500円

←ご好評につき、完売!急ぎ15セットのみ追加しました(よろしければリターン詳細をご確認ください)。

・<数量限定>おためし鰻の山椒煮(1/2匹分) お茶漬け弁当セット&お礼のお手紙…7,700円  ←ご好評につき、終了しました。ありがとうございました!

・<数量限定>茶の湯にふれるひとときを楽しむ・お食事&手土産付…12,000円

・<数量限定>店主手作り・虎の大津絵付き絵皿2枚…20,000円

・<3組限定>織田信長生誕地を女将がご案内・お食事&手土産付・1組4名様まで…39,000円

・<2組限定>御朱印がいただける、歴史深いお寺を女将がご案内・お食事&手土産付・1組4名様まで…48,000円

・<数量限定>鰻の山椒煮(1匹分)お茶漬け弁当セット定期便(1年分)…120,000円 

・<3組・11月限定>喜想菴貸し切り…180,000円


-ご好評につき、以下のリターンを追加いたします!①-

new!・〈数量限定〉【おためし】鰻の山椒煮お茶漬け弁当セット 紫蘇ふりかけ・葉唐辛子味噌付 & 煮物椀箸の使い方動画 & 感謝のお手紙…9,800円


new!・〈数量限定〉【おためし】鰻の山椒煮お茶漬け弁当セット 紫蘇ふりかけ・葉唐辛子味噌付 & 店主直筆「虎の大津絵」原画 & お礼のお手紙…12,000円


どちらにも、〈江戸時代から続く愛知県津島市の「糀屋」さんの米麹を使い、葉唐辛子とレンコンを丁寧に炊いた葉唐辛子味噌〉と〈京都「齋(いつき)造酢店」さんの「花菱酢」で彩りよく仕上げた白ダツ(里芋の茎)の甘酢漬け〉が入ります。

(※糀屋さん・齋造酢店さんとも掲載・使用の許可をいただいております。)


-ご好評につき、以下のリターンを追加いたします!②-


new!・【緊急追加】〈15セット限定〉喜想菴 旨つゆ(2本入り)お礼のお手紙付…3,500円


new!〈15枚限定〉縁起良い、来年の干支・虎の大津絵原画ミニサイズ…3,500円


 new!〈5セット限定!〉鰻の山椒煮(1匹分)お茶漬け弁当セット&お礼のお手紙…12,000円


new!〈9/11(土)限定1組!〉御朱印がいただける、歴史深いお寺を女将がご案内・お食事&手土産付・ご朱印代込み・1組3名様まで…35,000円→※時期等ご相談させていただきます。


※時期などの内容の詳細は、リターンの欄をご確認いただきますよう、お願いいたします。

※配送を伴うリターンはお届け先は、恐れ入りますが【国内のみ】とさせていただきます。

海外からのご支援は、「お礼メール」もしくは「【動画】料理屋女将の語る、煮物椀箸の使い方」をご選択いただけると幸いです。


※ご支援後のキャンセル、リターンの変更はできません。

よくご確認の上、リターンのご選択をお願いいたします。


あらかじめご了承ください。


資金の使い道

ご支援いただいた資金は、小屋(プレハブ)建設費とリターンの原材料費に充てさせていただきます。

8月下旬…プロジェクト終了

8月末~…リターンを順次発送開始/プレハブ建設開始

10月下旬(予定)…保健所の検査、免許取得


※リターンは順次お送りいたします。ご支援の数によっては予定の時期から遅れる可能性もございます。

また、発送時期の指定はできかねますことをご承知おきください。



最後に…日本中が疲れている今だからこそ、諦めずにホッとする時間をお届けしたい。


今、コロナで、皆たくさんの我慢を強いられ、私達飲食店だけでなく生産者の方々も、そして画面越しの皆さんも、多かれ少なかれつらい気持ちを抱えたまま毎日頑張っていらっしゃることと思います。


そんな頑張っていらっしゃる皆さんに「ホッとする時間を持ってほしい」と心から願っています。


そして、おこがましいかもしれませんが、


このつらい状況でも
田舎の小さな店でも
何才からでも
新しいことに挑戦できるんだ


というところを見ていただけたらとも思っています。



そんな願いがあって


死ぬ前に食べたいと言わしめた、鰻の山椒煮を届け続けるために挑戦しよう!


この想いに至り、プロジェクトを立ち上げました。


ぜひ、あなたのお力をお貸しください。


よろしくお願い致します。


-追伸・御礼とお願い-

連日、暖かいご支援に本当に感謝しております!

よろしければ、支援後にFacebookやInstagramなどSNSにて「支援したよー!」のメッセージをお気軽にいただけたら幸いです。

と言いますのも、クラウドファンディングのシステムの関係から、どなたが支援してくださったかを詳細に知るのは、プロジェクト終了後です。


みなさんのお気持ちを、熱いリアルタイムで知れたらと思いますので、Facebook等でメッセージいただけると嬉しいです。


そして、ぜひFacebookやSNSなどでのシェア、タグ付け大歓迎です。


皆さまのシェアやコメントなどが、1人でも多くの方にこのプロジェクトを知っていただく力になります。


ご無理のない範囲でご協力いただけたら幸いです。


今後ともよろしくお願いいたします。



喜想菴

愛知県稲沢市平和町西光坊海道東373-2

0567-47-0015

ホームページ:https://kisouan-inazawa.com/



<募集方式について>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名: 喜想菴

 ● 事業者の住所/所在地:〒490-1314 愛知県稲沢市平和町西光坊海道東373-2

 ● 事業者の電話番号:0567-47-0015

 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<写真、動画につきまして>

このプロジェクトで使用している写真、動画はすべて利用の許可を取っております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください