はじめに・ご挨拶

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NAGISA DINING は石川県七尾市 和倉温泉の老舗旅館内にあります。

能登半島の玄関口に位置するNAGISA DININGは、能登の豊かな自然と食文化を伝えることをコンセプトに、2019年6月にリニューアルオープンいたしました。


地元食材や旬の食材を愉しむコースディナーや、穏やかな七尾湾と能登島を眺める朝食、地域のつながりで作る食の体験プログラム等、能登の魅力を発見できる場所です。



このプロジェクトで実現したいこと

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2021年3月~体験コンテンツとして販売をしているNAGISA DININGの塩づくり体験プログラムは、石川県珠洲市で伝統的な塩づくりを行う奥能登塩田村から譲っていただいた貴重な「かん水」(塩分濃度の高い海水)を、自分だけの小さな釜で煮詰め、お塩の味を決める焚き上げ工程を体験するものです。


体験プログラム公式サイト 「手塩にかける」塩づくり体験の紹介


移動が制限されるコロナ禍、当旅館の一時休館によりお客様に足を運んでいただけない状況が続きます…。

この塩づくり体験をおうちでも出来る体験キットにしてお届けし、オンラインガイド付き体験コンテンツとして商品化したいのです。


今回の商品化にあたり、体験キット販売だけではなく、オンライン体験コンテンツを重要視するのは、NAGISA DININGがここで働く方、関わっていただく方、お客様との「価値観の共有」を大切にしているからです。

NAGISA DININGには、能登の文化を通して、人と人との会話から生まれる新しい発見があります。オンラインでも参加される方と価値交流できる体験コンテンツを目指します。


塩づくり体験 学生モニタープログラム開催後 スタッフ集合写真 



プロジェクトの背景

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この塩づくり体験自体も、地域のつながりと価値観の共有から出来上がりました。

塩田村 × NAGISA DINING 対談

(一部抜粋)

NAGISA:NAGISA DININGに来てくださるお客様に、海の見える場所で塩を煮詰める体験してもらいたいなと思っているんです。塩って毎日食べるものですが、本当の作り方を知っている人って少ないと思って。ただ観光して楽しんで終わりじゃなくて、そのあとにもっと深くまで知りたいと思うような人に来て欲しいです。

塩田村:塩づくりをちょっとでも知ってもらって、興味持ってもらって、珠洲まで足を運んでもらえたらいいね。


体験プログラム公式サイト 対談でお伝えするSTORY


人から伝わる地域文化との価値観の共有を生むことで、消費するだけの観光ではなく、「地域を大切にする観光へ」と地域観光の質が変わっていくと考えています。

だからこそこの商品を通して、能登の里山里海・奥能登の塩づくりとその塩の旨味を体感していただきたいです。



能登の里山里海

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

西洋における手つかずの自然保護のあり方とは対照的に、人の暮らしと深い関わりを持つ環境保全の概念として、 日本の「SATOYAMA-SATOUMI」が世界に提案され、 2011年に「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されました。

人の暮らしや生物多様性を守るためには、原生的な自然環境だけでなく、農林水産業とそれに関連した人々の営みを通じて形成・維持されてきた環境の保全も重要とされています。


日本海に面した急傾斜地に広がる白米千枚田 -輪島市- 


能登は石川県の4市5町(七尾市、輪島市、珠洲市、羽咋市、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)からなる地域です。

「能登の里山里海」は、能登の人々の四季の暮らしそのものです。

能登半島の地形や気候、自然の恵みと人の知恵から生まれ、伝えられてきた食文化が今も身近にあります。

日本で唯一奥能登において江戸時代から続いている「揚げ浜式製塩法」も、伝えていくべき伝統的な技術のひとつです。

奥能登塩田村の揚浜塩田 -珠洲市-



奥能登のお塩 と NAGISA DINING -出会いからこれまで-

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実は、NAGISA DININGの料理長のご先祖様は奥能登でお塩づくりをしていたそうです。

お塩へのこだわりと想いのある料理長が自ら選び、お料理に取り入れたのが、ミネラル豊富で味わい豊かな奥能登塩田村のお塩でした。

(私も初めてこのお塩を食べた時は、その優しい味わいに感動しました!)

ディナーメニュー(一例)奥能登のお塩で味わう旬食材の籠蒸し


お客様からも「このお塩とてもおいしい!」と大変好評です。

揚げ浜式製塩のお話をお客様にすると、


「是非おみやげに買って帰りたい!」

「塩づくりの見学は出来ないの?」


というお声を多くいただきます。


しかし、

近くでこのお塩は販売されていないので、お土産に持ち帰っていただくことができない…

施設見学の出来る塩田村は車で1時間30分程、現地で知って旅するには遠すぎる…


能登にあるたくさんの自然や文化の本質を体験せずに帰ってしまうお客様の多さに歯痒い思いをしてきました。


そして約4ヶ月のプロジェクト期間を経て、NAGISA DINING の塩づくり体験プログラムを形にするに至りました。


出来上がりのお塩はさらに2〜3日乾かして完成!手間がかかるほど大切に食べたくなります。


能登の海そのもののお塩を、自分で手塩にかけて育ててお土産に出来るのです。

自分で作ったお塩を残さず大切に扱い、「お肉やお野菜につけてみようか」「塩むすびを作ろうかな」と楽しみにされるお客様の姿に、能登の魅力を感じていただけた喜びでいっぱいでした。


しかしながら、

コロナ禍で「体験したくてもNAGISA DININGに行けない…」というさらなる課題が生まれています。

観光バスツアー等の中止もあり、奥能登塩田村へ足を運んでいただき辛い状況でもあります。


もっと能登の魅力に触れて欲しい!

この体験を届けたい!


そうした想いからオンラインツアーという新しい挑戦を始めます!



スタッフが語る "NAGISA DINING"

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

まず、NAGISA DININGスタッフは、みんな能登が大好きです!

そして、おもてなしする上でお客様とのコミュニケーションをなにより大切に考えています!!

(中にはちょっとシャイなスタッフもいますが)皆、能登の魅力をお客様へ丁寧に大切に伝えていきたいのです。


ディナードリンク(一例)能登の個性豊かな地酒をスタッフが季節に合わせ厳選 作り手の想いと共に味わえる  


NAGISA DININGは、これまで能登の恵みを五感で堪能するレストラン、豊かな自然を感じられるワークスペース、また伝統文化や技術に出会う体験スペースとして能登の魅力を発信してきました。

それぞれ趣が異なりながらも「人と人・人と場所を繋ぐ」というNAGISA DININGのコンセプトを体現する「場」へと育むことが出来てきたと思います。

こうした今まで大事にしてきた部分をオンラインツアーでも変わらずお客様と一緒に楽しんでいきたいです。

そして、いずれコロナが落ち着いた際には、奥能登へ足を伸ばしてもらえると嬉しいです。



地元メディアでも紹介されました!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NAGISA DINING の塩づくり体験は、地元メディアにも注目いただき、能登をより多くの方に広く、深く知っていただこうとPR活動を続けています。

『奥能登の伝統製法「人によって味違う」』中日新聞

『仕上がりは十人十塩。七尾湾を一望しながら「手塩にかける」塩づくりを体験』BONNO



資金の使い道・実施スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1.リターン商品

・塩づくり体験オンラインツアー オープニングイベント開催費

・塩づくり体験開催費

・和倉温泉 ホテル海望 宿泊費

・商品送料

  

2.商品開発費用 

・塩づくり体験オンラインツアー開発費

・NAGISA DINING 会員制度運用費

・NAGISA DINING 季刊誌発行費


2021年8月下旬~ 宿泊リターン 専用予約URLメール送付

2021年9月1日〜 ホテル海望 宿泊ご予約受付開始

2021年9月中旬 リターン商品発送/オンラインツアー URLメール送付 

2021年10月3日 塩づくり体験オンラインツアー オープニングイベント開催予定


2021年10月中旬〜 塩づくり体験オンラインツアー 一般販売開始

2021年10月〜 NAGISA DINING 会員制度 運用開始

2021年12月〜 NAGISA DINING 季刊誌発行 運用開始



最後に

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NAGISA DINING の想いをこんなに語ったのは初めてで、少し息切れしています。

初めてのクラウドファンディングで、至らない部分もたくさんあるかと思いますが、最後までお読みいただきありがとうございます。

このプロジェクトを通して、色々な価値観・新しい価値観に触れることで、NAGISA DININGがまたさらに成長できると考えています。

お問合せやコメントなどもお気軽にいただけると嬉しいです。

この新しいプロジェクトスタートに是非ご参加ください!


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/23 10:09

    昨日、プロジェクトの募集が終了いたしました。ご支援下さった方とのつながりを大切に、リターン品のお届けやイベント実施の準備をしてまいります。また、プロジェクトページをご覧いただき、能登の塩づくり・NAGISA DININGに興味を持っていただいた方とも、またどこかで様々な形でご縁があればうれしい...

  • 2021/08/03 13:21

    日本経済新聞に、NAGISA DININGの塩づくり体験の記事が掲載されました。「和倉温泉のホテル海望、能登伝統の塩づくり体験」(日本経済新聞電子版 2021年8月2日 19:42)「手塩にかける」塩づくり体験プログラムが企画された経緯など取材いただき、NAGISA DINING のコンセプト...

  • 2021/07/15 13:00

    NAGISA DINING スタッフが奥能登塩田村さんへ”かん水”(塩分濃度の高い海水) を取りに伺いました。 平釜の大きさの次に、釜屋の中にある大きな胴桶のことも教えてくださいました。胴桶は、かん水を溜め、ろ過する桶です。「竹炭や黒炭、砂でろ過するけど、棕櫚(しゅろ)の木の皮も使うよ。」?し...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください