野球の投手としての私の球速アップトレーニングの実践(半年強の期間)がまず第一段階。 そしてそこで得られた知見を基にした球速アップトレーニングのハウツーマニュアルを書籍化致します! (ご支援の状況に応じ、自費出版の書籍OR情報商材レポートのいずれかの形態をとります)

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶
初めまして。私40歳フリーター、愛知県豊橋市在住、内野俊也と申します。
帰宅部出身、まあ元来もやしっ子であります。。
大学卒業後、フリーターを経て、ファーストフード店長を務めておりましたがうつ病により退職。
現在は体調の良い時旧職場でバイトをしつつ、野球の投手としての球速アップトレーニングの理論追求と実践に取り組んでおります。

▼このプロジェクトで実現したいこと
まずは「先天的才能がすべて」といわれる投手の球速という能力追求において、齢40にして時速130~140キロという大目標に向け、これまでのトレーニング人生の集大成と呼べる挑戦を身体を張って致したいと思います。(自己最速は121キロ 直近の平均は90~100キロぐらいです)
そしてその知見を活かし、投手トレーニングの独自のノウハウを確立させ体系化し、書籍あるいはレポートの形に纏めたいと思います。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由
やはり幾つになってもプロの剛速球投手を見ると血が騒いでしまう。それに尽きます。
40歳になっても進化をあきらめない数多のアスリートの方を拝見し、自分も年齢を理由に進化をあきらめたくないと思った事も大きいです。

▼これまでの活動
大学生時代から手塚一志氏、小山裕史氏の理論をもとに、我流でトレーニングを続けておりました。
(ウエイトトレ、走り込み、投げ込み等)
26歳のフリーターだった頃よりブログを開始しております。
現在のブログ「愛と幻想のファストボール セカンドインパクト」
https://ameblo.jp/haruki2010/
28歳でファーストフード店正社員になってからも、細々とトレーニングは続けておりました。

2015年秋より、名古屋に系列ジムが出来たことを契機に、初動負荷トレーニングを始めております。
またそれだけでは筋力の絶対値強化という面では物足りないため、地元のフィットネスジムに2017年10月より通い始めております。

 

▼資金の使い道
*まずは実践としての私自身のトレーニング経費が中心となることをご理解くださいませ。

トレーニングジム会費(初動負荷トレーニングジム、筋力強化のためのフィットネスジムの2軒)
ジムまでの交通費(初動負荷トレーニングジムで、豊橋~名古屋間)
サプリメント代(プロテイン、BCAA等)
ネット、スマホ等通信費(ブログ、動画サイトにての活動報告)
トレーニング、野球用具代 (場合によってはスピードガンの新調も考慮致します)
食事代補助(月3~5万程度)

*もし自費出版としての形をとる場合は、出版部数にもよりますが数十万以上の経費。
また情報商材レポートの形であっても最低限の印紙代等はかかります。


おおよそといたしましては上記のような形で考えております。

 

▼リターンについて
一連の球速アップトレーニングのノウハウを体系化し、新たなる球速アップ理論書として皆様のもとにお届けしたいと思います!

 

▼最後に
人類の運動能力の開発、限界突破という、深すぎるテーマを、40歳の貧弱な男が進化を目指してトレーニングするという行為で以って大きく掘り下げていきたいと考えております。
単なる一個人の自己満トレーニングにとどまらず、必ずや皆様の知的冒険心を満たしうる知見をもたらしたいと考えております。
何卒ご支援の程宜しくお願い致します!

 

  • 活動報告

    フォワードランジ!

    2017/10/21

    現在フィットネスジムでメニューに組み込んでいるこのトレーニング   或る意味スクワット以上に「投手の下半身を作る」という意味では有用なトレー…

  • 活動報告

    【野球・球速アップ】こんなあなたにおすすめのマニュアルです!

    2017/10/18

    あなたが、あるいは息子さんが、野球部の控えだとして… 打撃でも守備でも特にアピールするものはなく、レギュラー陣との力の差は歴然としている。 …

  • 活動報告

    本日のトレーニング!!

    2017/10/15

      本日もジムへ出撃   スクワット70キロ7回3セット ランジ60キロ10回5セット シットアップ12回3セット ベンチプレス35キロ7回3…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください