はじめまして
Banda Planning です
  • 東京都 / 
初めてのプロジェクト


   みなさま、たくさんのご支援、応援メッセージを頂きまして誠にありがとうございます!!
3週間で目標達成しましたこと、一同とても嬉しいです!!

残りあと2週間と短い期間ですが、次なる目標に挑戦することと致しました。

  • ①棚主さん追加募集10名
  • 目標達成できました感謝を込めて、入会金半額のクラウドファンディング特別料金で本屋さんになれる枠を
    10名分追加させていただきます!
  • 先着順、リターンよりお申込みお待ちしています!


②こども棚設置の為、10万円プラス資金ご支援のお願い

待ちきれないメンバー達は、自分本棚をシュミレーションしていたところ、

「ひと箱の本棚で自分をどう表現するかを考えること、これこそがまず楽しい!!」
自分の好きなことやコンセプトを伝える為に、この本も置こう、自分のこの側面はこの本で、
という過程こそが自分の好きと向き合って自分自身を深堀りしていることであることに気が付きました。

「これは大人も楽しいし、こども達に是非やって欲しい!」

好きなことに向き合いながら個性を育み、大人たちが本を介して楽しんでいる場所で
たくさんの本に触れながら、夢が詰まった未来に向かってスクスクと育っていく

そんな環境をつくりたい!!


こども達も大人同様 自分本棚を持ち、本屋さんを運営できるこどもセンイチブックス
(棚料もワンコイン500円)の本棚設置費用のご支援を、

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!!

(こども本棚設置支援コースを追加いたしました。
金額:2,000円/1口、リターン:1000+1BOOKs図書券 1,000円分)


引き続きプロジェクト終了までどうぞよろしくお願いいたします。


*****************************************

はじめまして。私たちは「万朶(ばんだ)プランニング」という、“一人一人に寄り添う”をコンセプトに習い事の講座・教室を企画・展開をしてきたグループです。

この度、これまでの講座企画の枠をこわして新たな挑戦として 仙川駅徒歩1分郵便局前の小さなビルの2階の部屋を借りて、3月にシェア型本屋さんをオープンします。

この本屋さんを通じて取り組みたいことは、

1.  個性発見・融合基地をつくる

2.   「日本列島、本屋さん増大計画」の一つ、調布仙川基地をつくる

です。

この本屋さんは、みんなの好き(本、趣味)が集まった、好きの醸成場。
“好きなことこそ、自分を元気にしてくれる!そして人をも元気にする。”考えただけでもワクワクしてくるプロジェクトです。

今回は私たちのファーストチャレンジとして、本屋さんのつくり手である棚主さんの募集と、本棚やテーブル等設置にかかる準備費用をご支援いただきたくクラウドファンディングを立ち上げました。

 

人の根源は“好き”にある

個性をつくるもの、突き詰めていくとそれは“好き”という自己を満足させるもの。
そして、どこまでも自分基準、自分にしか分からないしできないことです。
自分本棚をプロデュースすることは好きをあたためること、同時にパワーも育んでくれます。
みんなで自己満を醸成し融合するカルチャーこそが、やさしい個の時代を創っていけるのだと思っています

 

新宿から京王線で15分、都心と多摩エリアとの真ん中に位置し、歴史とモダンと自然がバランスよく調和する街。駅前から延びる整然とした安藤忠雄ストリート、桐朋学園の新しいキャンパスから聞こえてくる音楽の調べ、文豪が愛した地 実篤公園、緑の奥深さが広がる崖線緑地…言い尽くせないほど魅力が詰まった仙川、駅から徒歩1分仙川1丁目に本屋さんを作ります。(東京で住みたい街ナンバー1にもなっているんですよ。)
 

本屋さんができる仙川町は徒歩圏内にたくさんのこだわりあるカフェ、行列のできるパン屋さん、公園などが集結している正にゴールデンエリア。本屋さんまでの道のりが分かるビデオも良かったらご覧ください。

芸術、建築、音楽、文学、教育、自然が調和するこの街ゆえに、多くの表現者が生まれていることは必然かもしれません。だからこそこの街に必要なもの、それは誰でも気軽に「個」を表現できる、そして融合が生まれる空間。だからこそ、仙川はこのカルチャーを作る挑戦にぴったりの場所だと思っています。

シェア型本屋さんをつくって、多様性・じぶん発見基地を創りたい!

やりたい人が、自分の本棚を持ち、運営に参加して情報が集まる、これが私たちの提案する共同参加型のひと棚本屋さんです。100の棚、100店舗の本屋さんが集まる本屋さんの名前は「1000+1BOOKsセンイチブックス」。


     100の棚主が作るオンリーワン書店とその世界を楽しむビジターの空間。

棚主は本棚の世界を作るプロデューサー。自分の好きな本を詰め込んで、自分の趣味や世界観を育みます。自分の世界がそこに”在る” 、まずは棚を眺めて満足タイム。どんな本屋さんにするかは棚主さんの思いのまま。ユニークな個のチャンネルが大集合。

センイチブックスでは、様々な方を対象にした講座スペースとしても活用します。ちろん本屋を覗きにくるお客さんも訪れ、日々色々な人が来店します。
訪れる人々はまるで100個のチャンネルをその場で次々に楽しむことができる、

そんな「つくり手」と「楽しむ人」が集まる場所で、個性発見・融合基地をつくりたい!

「公共施設、レンタルスペースや劇場ホールで表現の場があるのでは?」と思う方もいらっしゃるかも知れません。確かに予約をすれば借りられます。しかし、個人やグループが“時間で分割して場所をシェア”していて、図書館も本を時間貸ししているといえます。一方、シェア型本屋センイチブックスでは、常駐しているそれぞれの本棚は個のチャネルを自由に発信し続け100の多様な世界が広がる一つの空間を創ります。“分割”ではなく“融合”なのです。


この長引くコロナ禍で「つながりを作ろうとすることすらおっくう。」と言う方も多いかと思います。
しかし、人は共感することで幸福度が増していくのではないでしょうか。

今だからこそ

●人は、好きなコトで誰かと話したがっている。

●ベースに共通の目的があるなら、つながりたいと思っている。

そのきっかけをくれるのがセンイチブックスなのです!


スモールコミュニティも醸成します

場づくりを行ってきた発起人達が常に困っていたこと。それは、場所のシェアつまり時間入れ替え制の貸しスペースではコミュニティが広がるというより分割された状況が平行線であるということ。予約も面倒。シェア型本屋さんスタイルなら、月1回のオンライン予約でお店番をしたい日程を選んでポチっとするだけ。店番の1日店長の日は自由に読書会や、座談会、フェアを開催できるのです。”どこまでも気兼ねなくどこまでも自由に楽しんで頂きたい”ので、スペースレンタル料金も頂きません


ー本と出会い、自分を知り、人とつながるー

自宅の本棚は、自分の思考、頭の中。誰にでも好きなこと、人よりこだわっていること、だからこそ話したいコトってありますよね。
そんなこだわりを32cm角の本棚にギュッと集めて、駅前の本屋さんに引越ししませんか?
100個の棚が並ぶこの本屋さんには人がおススメする良質な本がたくさん並びます。
誰かの個人史とも言える本たちに出会いながら、新たな自分を発見する旅のはじまりはじまり。

駅前の本屋さんに、あなたの選んだ本が並ぶ本棚がある。これは、あなたの思いや、考えを街中にそっと並べてみるということと同じです。それは、外の世界とのつながりです。本棚を通してあなたという“個”が認められているということかも知れません。100個の本棚は、すべて”自分基準”。自分の世界のミニチュアみたいな本棚、眺めているだけでニンマリしてしまいそう。

本が売れたら、それは誰かにあなたの好きやこだわりが伝わったということ。
きっと、ひと味ちがった嬉しさや喜びが待っていますよ。

そう、センイチブックスだから“ちょうどよい”ディスタンスを見つけながら、つながりが生まれていくのです。今まで伝えてこなかった人や、また、まだ出会っていない誰かと。

あなたの選んだ本から、あなたの好きが詰まった本棚から、いくつもの輪が広がっていく。
本を真ん中に色々な人々が交差するこの空間から、二重三重にも生まれる和の連鎖反応を想像して。

あなたなら、店名は何にしますか?

  アフリカで過ごした幼年期の記憶を自身のお子様に伝えたいと思い、手作り絵本を作製


 まず、洗練の街仙川駅徒歩1分のテナントを借りてのセンイチブックスの運営は、なるべく少ないコストでより心地よい空間の実現をめざしていることをご理解頂きたいと思います。
(棚主さんの入居料もできるだけ下げてのご提供です。)
人件費はかけず、棚主さんでお店番(2~3か月に1回位)をして頂く、お店番がいない時は営業しない、などシェア型本屋さんスタイルを楽しんで頂ける方、
また自己満プロデューサーとして、あなたのこだわりをひと棚に載せ本屋さんを彩って頂ける棚主さんを募集します。
センイチブックスのオープン前に、第一期入居募集期間として棚主さんの先行募集25名。

13,000円(棚主料金の4か月分として特別料金です)

※お申込み早い順とさせて頂きます。
※他の入居者様のご迷惑になるような方にはご遠慮頂く場合もございます。
棚主さんルール
(Googleスプレッドシートに移ります)

※通常棚主さんにご負担いただく金額は、入会金5,500円+ 棚料:3,300円(税込)/月
 (お店番の時のイベント開催は無料)

よくある質問FAQリスト
(Googleスプレッドシートに移ります)
------------------------------------------------------------------------
【クラウドファンディング限定の入会特典】

1.リターン(一番下)より申し込みされた方は入会金5,500円は不要。

2.オーダーメイドの本棚の作成の一部(オイル塗装)のお手伝い。
--------------------------------------------------------------------

センイチブックス所在地:東京都調布市仙川町1丁目19-24-202


私たちは棚主さんの住居スペースをより快適な空間とするために、本棚、テーブルはオーダーメイド、照明、床材、ベランダのグリーンなどの準備を進めています。

 オーダー先・画像出典元 thank's table & desk

・床材は自分たちでDIY作業

・本棚は棚主さんと一緒にフィニッシュ作業

でコストカットを試みていますが、
木材価格の高騰により当初の準備資金から大幅にオーバーとなっています。

つきましては、ぜひ皆さまに資金援助をお願い致します。
設備必要資金概算リスト
(Googleスプレッドシートに移ります)

支援いただいた全ての方に以下のお礼をご用意いたします。
---------------------------------------------------------------------

▶3,000円 心の込めてお礼のメール
      センイチブックス図書券1,500円分

▶5,000円 棚主 星さん作絵本イラストのバンダナ
     「お弁当を持って本と一緒にピクニック!」

▶8,000円 

執筆者が語る本出版にまつわるお話講座 参加権
テーマ①著者が自著を語る
『聴覚刺激小説案内』奥澤竹彦(音楽の友社)
テーマ②思いを本に載せた軌跡
『Hiroshima Survivors’ Testimonies』水越緑(一灯舎)

▶10,000円 

センイチブックス 定期開催講座参加券5,000円分
・コーチング、美文字、フランスフラワーアレンジメント講座
(コーチング、美文字講座はオンライン受講も可)
-------------------------------------------------------------------------


この共同運営による新しい書店のかたちは私たちがはじめてではありません。今や全国各地に広がりつつあるこの波は、吉祥寺にある「ブックマンション」から始まりました。ネットや大型書店で効率よく目的の本が買える時代、一方で新たな気付き、偶然の発見の楽しみを与えてくれる書店の空間や存在が日常からなくなっていってしまうことは残念なことです。

ですが、一人で運営することは難しいけれど、多くの人とシェアすれば実現可能に。

「本屋をシェアする文化」の発信基地 吉祥寺ブックマンション ▲「本屋をシェアする文化」の発信基地吉祥寺ブックマンション 2019年からスタート


  • 良かったら数々紹介されている記事の一例をのぞいて見てください。
    この素敵な文化の発信地 吉祥寺にほど近いここ調布に、仙川基地として新たなベースを作ることになったわけですが、中西さんにアドバイザリーとしてプロジェクトに参画して頂いています。

ブックマンション中西さんと▲「ブックマンション」管理人中西さんと

センイチブックスさんの活動を応援します。
水越さんから連絡を受けたのは2カ月前。学びの場の活動をずっと続けられている仙川の地に「本を通じて人が交わる場を作りたい」と連絡をいただきました。
聞けば異なる専門分野に取り組むコアメンバーが複数人いるということで、多様な方に参加いただけそうな本屋さんになりそうだなと感じました。
大手チェーン店だけでなく地元密着のお店が多く活躍し、また、大学が2つある学生の多い仙川で、世代の垣根を超えた方々が関わるシェア型本屋さんが形成されいてくのを楽しみに応援します。


そして、
この本に囲まれた環境、語らいのきっかけが作られるシェア型本屋の魅力を知り、
本プロジェクト発起人二人の想い
 1.水越の思い描く 知的好奇心をくすぐる場:本を楽しむ人が集まる環境
 2.鯉沼の思い描く 個を知れる日常
を結びつけたかたち、
それがシェア型本屋であり「1000+1 BOOKsセンイチブックス」誕生のきっかけとなりました。


センイチブックスプロジェクトを起点に、本で繋がる社会を
ここで青森県八戸市の事例をご紹介させて下さい。
「本のまち八戸」という政策のもと市営の書店「八戸ブックセンターhttps://8book.jp/」を中心にして図書館から書店、学校や民間団体まで、広く連携して「本」を軸とするまちづくりが進んでいます。
公設私設のミュージアム、映画館、病院、金融機関、街なかのカフェやバーなどに、その場所にあった本が統一の本箱に陳列されていて、読書で時間を過ごせられるスポットを見かけるのです。
広い世界を閉じ込めた小さな本、それらを詰め込んだ棚をそこかしこで見かける街はとても魅力的です。
ここ調布市でも、市民活動支援センターによる“えんがわ文庫”の設置など本がきっかけで繋がる取り組みが行われるようになってきました。
センイチブックスプロジェクトは私たちの野望の第一歩。中西さんの“日本列島 本屋さん増大計画”に乗ったこのプロジェクトが、更に大きなムーブメントの波になることにワクワクしています!



  • 代表: 水越緑
    およそ30年間米国企業を主として社会人生活を送った後、現在は子ども中心とした「日本語の力を大切に」した学習の場作りに注力。本を楽しむ人が集まる場こそが子どもの知的な好奇心を引き出す場、その空間を作ることを夢見て、本プロジェクトに至る。
    広島市出身。大の広島カープファン。被爆者の証言を世界に伝えることをライフワークとし、原爆の恐ろしさを後世に語り継いでいく活動も推進中。
    被爆者の手記の英訳本 「Hiroshima Survivors’ Testimonies」を2020年8月一灯舎より出版。
    被爆体験記「HIROSHIMA」 - YouTube  
    https://www.youtube.com/channel/UCJ7D_28bO17A6CF53oaN2Ww


間瀬祥衣

高校生の小論文専門指導歴20年、これまで指導してきた添削の数は30,000件以上。日々慣れない書き言葉に苦しむ生徒たちの姿を見て「技術として言語を学ぶには、やっぱり読書が大事」という信条を持つ。かつて北杜夫のどくとるマンボウシリーズにハマり、航海士を夢みるも、今の楽しみはトレイルを歩くこと。旅先で「本のまち八戸」に触れ、本でつながるコミュニティにも共感。センイチブックスの展開を楽しみにしている。


鯉沼由佳

結婚後夫の転勤によりキャリアを諦めた後、好きなコト(書く)+日常にない環境(グローバル環境)を作ることを仕事におもてなし書道で出会った人は300人以上。多様性、心を開放してくれる環境に身を置き、自分という己が作られた背景を紐解いていくことが活動のエネルギー。センイチブックスでは棚主さんが発するコミュニティを、管理人としてそっと伺うことを密かな楽しみとしている。また、自分への気付きを愉しむマインドフルネス書道講座を予定。初めてのアルバイトは高校時代地元の本屋さん。趣味はバスケットボール。

International書道教室 書salon
https://shosalon.wixsite.com/index


深谷美南子

米国NLP協会認定NLPコーチ、心理カウンセラー、個性學3分類インストラクター。人それぞれの個性を理解し、問題の根っことなっている深層から意識を変えて、目標達成に導く独自のNLPコーチングを実践。子育てをはじめとする、自分自身の目標達成や家族関係、パートナーシップ、ビジネスに関するコーチング&カウンセリングを行っている。 モヤモヤした気持ちや頭の整理がつかない時も5分でスッキリ!シンプルな脳に整え、目標が明確になる魔法のコーチングで、すべての人が幸せになることを目指している。
本との出会いは深層意識との繋がり。好きな本で思考のパターンが分かる講座も企画中。

深層意識を変えて未来を創る!NLP個育てコーチング
https://pono375.com/



 お気付きの方も多いと思いますが、
本屋さんセンイチブックスは、仙川一丁目→せんいち から来た店名です。


ここに来れば1000(たくさん)の個性に出会える、
1000という一つのまとまりに収まることなく、
+1の「個」を大切に、一人一人に目を向けていける社会を、
という思いがあります。

ー本と出会い、自分を知り、人とつながるー

”自分基準”が集まった空間があったら楽しいと思いませんか?

賛同いただける方、センイチブックスを一緒に創って行きませんか?


長文最後までお読みいただき、ありがとうございました。


●オープンまでのスケジュールは以下の予定です。

・棚塗装お手伝い: 2月5日
・棚主さん説明会: 2月19日(土)および20日(日)
・入居期間:    3月5日(土)および6日(日)
・開店:      3月12日(土)


本プロジェクトでご協力いただいた団体様、個人様
・仙川の街並み地図提供

・店内イメージ挿絵

オーナー 山田芙美子さん

・作家 奥澤竹彦さん


その他たくさんの方々に関わっていただきご協力を頂いております。
この場をお借りしてお礼申し上げます。


●プロジェクトオーナーについて

万朶プランニング https://banda-p.jp 

「1000+1 BOOKs」
Twitter https://twitter.com/senichibooks
Facebook https://facebook.com/senichibooks
Instagram https://www.instagram.com/senichibooks/


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

尚、進行中のプロジェクトですので詳細が変更となることがあります。ご了承下さい。

  • 2022/05/13 09:58

    皆さまお久しぶりです!センイチブックスです。【3月12日にオギャーと産声を上げ、仙川一丁目に無事誕生しました。】実際には、産声でなくシャンパンとクラッカーのパーンという音で幕開け。開店12時の1時間前に棚主さんとささやかながらオープニングパーティーを開催したのです。約半年間、“この日がくること...

  • 2022/03/03 21:11

    皆さん、こんにちは!センイチブックスです。本屋さんの準備が着々と進んでいますのでご報告いたします。 2月19日、20日に第1期棚主説明会を開催しました。会場はお隣のカフェ広場POSTO。説明会準備中の様子棚板のオイル塗装作業にいらっしゃらなかった棚主さん達にもお会いできました!皆さんとても素敵...

  • 2022/02/08 13:17

     皆さまこんにちは!先日1月31日を持ちまして、クラウドファンディングのプロジェクト公開が終了となりました。改めまして、本当にありがとうございました!! キャンプファイヤーのプロジェクトページ作成に右往左往、正解の無い初めての試みに、公開に至るまでも予想以上に時間がかかってしまい39日間という...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください