【鹿児島から世界へ】 明治維新150周年企画! 現代版薩摩スチューデント19名を輩出し、鹿児島の県産品を海外数か国でPRします。 鹿児島の若者が海外で挑戦するきっかけを作り、海外での経験を活かし国内外問わず活躍できる人財を発掘したいと思います。

プロジェクト本文

▼鹿児島から世界へ

NPO法人GROADです。

私たちは、鹿児島から世界へ活躍できる人財育成を目的に、海外インターンシップ事業や学生の海外渡航支援をしている学生団体です。

運営・企画・資金調達・広報などすべてを大学生で行っています。 

この夏、明治維新150周年企画として、日本の明治時代を切り開いた人材、

薩摩スチューデントを参考に19名を海外へ派遣します!

 

 

▼薩摩スチューデントとは…?

皆さんは、「薩摩スチューデント」をご存知でしょうか。

 1865年、19名の若き薩摩藩士が国禁を犯して英国へと旅立ちました。この薩摩スチューデントたちは、広く世界を見聞し、我が国に新しい文明をもたらし、明治時代を切り開く人材となりました。

文部大臣 森有礼

外務卿 寺島宗則

東京国立博物館の設立者 町田久成

開拓使ビール(サッポロビールの前身)の創設者村橋久成

大阪商工会議所初代会頭 五代友厚

ワイン王長沢鼎などが挙げられます。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

鹿児島の素晴らしい歴史を参考に、明治維新150周年企画として新たに「現代版薩摩スチューデント19名」を輩出したい!と思っています。

このプロジェクトは、現代版薩摩スチューデント19名が「鹿児島県産品」のお茶や焼酎、黒酢などを海外でPRしてくる企画です。 

海外渡航前は鹿児島の県産品(お茶・焼酎・黒酢など)を提供先企業で学びます。地元企業様を知り、企業様・人とのつながりができ、卒業後の未来の選択肢を増やすきっかけができると考えています。

このように常に鹿児島と繋がり続け海外へ挑戦できるのは弊社唯一のプログラムです。

また、新しい土地、人に囲まれた海外で多くの挑戦をしてきてほしい、その挑戦の中で一人一人の学生が自分と向き合い、一歩踏み出してほしいと願っています。海外で挑戦した学生1人1人の行動が周囲の人に影響を与え、「私も何か挑戦してみよう」と思う学生が新たに一人増える度、鹿児島に挑戦できる風土ができてくるのではないでしょうか。この循環を生み出せたらと思っています。

薩摩は、明治維新など日本の近代化に有為の人材を輩出した誇り高き土地柄であり、現代の私たちにも先人の情熱が脈々として受け継がれています。この薩摩に再び、薩摩スチューデントの頃の熱量を取り戻したいと考えています。

 

 

▼プログラム内容(2018年夏)

①公募募集:鹿児島県内の大学生を対象に公募します。

②選考:投票により、19名の学生を選考します。

③研修:商品提供企業様での研修、鹿児島の歴史・海外渡航に関するセミナー、渡航計画サポート等を行います。

④渡航:19名の学生が薩摩スチューデントの方々訪れた海外へ訪問し、県産品をPRします。

⑤報告:ご支援してくださった方々、県内の大学生へ向けた事業報告会を開催します。

 

▼NPO法人GROAD海外インターンシップinタイに参加してみて思ったこと

 GROADの初事業に参加し、タイでお茶のPRをさせて頂いた私、鈴木涼良は、人生が変わったと言っても過言ではない経験をさせて頂きました。

大学1年生当時は将来につながることの中で1番やりたいことがわからず悩む時期もありましたが、多くの経験と出会いの中で成長したい、自分を変えたいと思い、このインターンシップに挑戦しました。

参加してみて、感じたことが大きく2点あります。

1点目は、大事にしたいことについて気づくことができました。

タイでは、出会った鹿児島県人会の方々の紹介から始まり、日本国大使館、タイ人の家庭、タイで起業された日本人など多くの出会いに恵まれながら、多くの人生観と生き方を知りました。

タイで1人で活動する中で、自分と向きわざるを得なかったのもまた事実です。

このような経験を通して、私は日本にいる家族、鹿児島で支えてくださっている方々、仲間の大切さに気が付くことができました。

また、すべてのことはやってみなければ分からないため、挑戦を続けることの大切さを知りました。

この気づきはかけがえのない宝物であり、今鹿児島で活動していくにあたって大事にしているものでもあります。

普段の大学生活から一歩外へ踏み出したら、自分の世界が広がり、たくさんの気づきを得ることができました。

 

2点目は、「働く」ということに対してのイメージが大きく変わったことでした。

お茶を提供してくださった地元企業の方々と接していく中で、「働くこと」がただ辛いことではなく、楽しいことなんだということがわかりました。鹿児島には、こんなにも生き生きと楽しそうに働いていらっしゃる方々がいて、社会に出ることに前向きになれた気がします。また、プレゼンのテーマでもあった「働くとは何か」について自分なりの考えを発表する中で、私は大好きな仲間と働くことが答えであることを見つけました。

以上2点は、私が海外で挑戦を続けたり、悩んだりする経験の中で見つけたものでした。

私だけでなく、この事業に参加された学生9名の皆さんはそれぞれの経験をされてきて、それぞれの考えたこと、気づいたことがあります。

海外で挑戦を続けていくことによって、気づきを得る経験やそのきっかけを多くの学生に共有し、挑戦できる人を増やしたい。

自分を変えたいと思っていても、なかなか一歩踏み出せない学生とともに前へ進みたい。

そういった思いで、私は今運営でインターンシップを作る側に回っています。

 

 

 

▼これまでの活動(海外インターンシップを中心に振り返って)

2016年11月に鹿児島大学生によりNPO法人GROADを設立しました。

これは、鹿児島大学で初めての学生によるNPO法人設立になります。

2017年2月、初めての海外インターンシップ事業として、株式会社下堂園さんのご協力のもと、タイへ学生3名を派遣しました。この事業では、鹿児島県産品のお茶を海外でPRする学生の挑戦がみられました。この様子は、南日本放送MBC様、NHK様で取り上げられています。

2017年8月、ドイツとベトナムに計6名の学生を派遣しました。

ここでは、株式会社下堂園さんのお茶、石元淳平醸造さんのお味噌を海外でPRする活動を行いました。

2018年1月、天文館総合研究所Ten-Labさんの「鹿児島未来170人会議」で、今回のプロジェクトを発表させていただきました。

その他、鹿児島市「市民とつくる協働のまち事業」に2年連続採択して頂き、海外渡航支援や相談会を随時行っています。

2018年夏 「現代版薩摩スチューデント19名」を派遣。(今回のプロジェクト)

現在、鹿児島県内のお茶、焼酎、黒酢等に関する企業さんからご協力いただくことが決定しています。

 

 

▼資金の使い道

学生19名を派遣する海外派遣プロジェクトにおいて、総額200万円の資金が必要です。

そのうち120万円を目標に集めています。

ご支援頂いた資金は、下記の用途で使用させていただく予定です。

・19名学生の渡航費(一部補助)

・鹿児島の企業様・薩摩の歴史などの研修費用

・海外派遣プロジェクトの報告を行うイベント運営費

 

▼リターンについて

・感謝の気持ちを込めたサンクスレター

・事業報告会の招待券(5,000円以上ご支援してくださった方々へ)

→2018年10月開催予定@鹿児島市内

 

 ・事業報告(映像)(10,000円以上ご支援してくださった方々)

→報告会のプレゼン模様をYouTubeに限定公開し、メールにてお知らせいたします。

 

・事業報告(フォトアルバム・レポート)(10,000円以上ご支援してくださった方々)

→学生19名分のレポートとフォトアルバムをお送りさせていただきます。

 

・HP・SNS(Twitter・Instagram・Facebook)での個人名あるいは法人名掲載

(30,000円以上ご支援してくださった方々のうち希望者のみ)

→希望者の方で、弊社HPとSNSに支援者の方々のお名前、法人名を掲載させていただきます。

 

・海外のお土産(ヨーロッパもしくはアジア)

→海外からお土産を買って参ります!お楽しみに。

 

・決起会

→選考された大学生19名と鹿児島県内のご協力企業様、30,000円以上ご支援してくださった方向けに、決起会を企画し、19名の学生の意気込み発表と事業紹介をします。

 

・懇談会

→選考にて選ばれた学生19名と鹿児島県内のご協力企業様、100,000円以上ご支援してくださった方々をご招待させていただき、交流を兼ねて懇談会を開催させていただきます。

 

・出張海外渡航セミナーについて

→NPO法人GROADでは年に2回鹿児島市内で海外渡航セミナーを開催しています。「アジア3万円、北米3万円で行けるの?」、海外へ安く行く方法やホテルの予約方法、現地での計画の作り方など、15か国以上旅している学生による講演をあなたの地元で行います。

 

・出前出張報告会

→現代版薩摩スチューデント19名のうち3~5名が、ご支援してくださった方々の地元へお邪魔し、事業報告を行います(鹿児島県本土内)

※鹿児島県本土外での開催を希望される方は、別途交通費をお支払いいただく可能性がございます。

 

 

・現代版薩摩スチューデント19名に会いに行くツアー

→今回、アジアからヨーロッパにかけた計7か国に19名が渡ります。GROADスタッフとともに数か国に渡航し、滞在中の学生の様子を見学しに行きます。

※渡航費、滞在費は別途かかります。

 

・海外渡航個別相談(最大1時間)

→大学在学中に15か国以上世界を旅した学生による個別相談を行います。

海外にいかに安くいくか、海外の情報、おすすめの旅行先など個別で相談可能です。

 以上、上記のリターンは2018年12月発送予定になります。

 

▼今後のスケジュール

6月下旬 公開選考会開催

7月   研修期間

8,9月  現代版薩摩スチューデント19名を海外へ派遣

10月   報告会イベント開催予定

 

 

最後に

【鹿児島から世界へ】

鹿児島県産品を世界へ。

未来を担う若者を世界へ。

薩摩は、明治維新など日本の近代化に有為の人材を輩出した誇り高き土地柄であり、現代の私たちにも先人の情熱が脈々として受け継がれています。

この薩摩に再び、薩摩スチューデントの頃の熱量を取り戻したい!!!と考えています。

結果は必ずしもすぐにやってくるわけではありませんが、

学生が海外で挑戦するきっかけを作ることで、海外での経験をもとに新たな挑戦を続けていくことができる、薩摩スチューデントのような人材を再び生み出したいと思っています。

このプロジェクトをきっかけに鹿児島から日本、世界の未来を作っていく人材が生まれるかもしれません。

現代版薩摩スチューデント19名を再び生み出します!

未来を見据えて、学生が海外で挑戦するきっかけづくりにご支援よろしくお願いいたします!

 

 

○SNS

HP

https://www.groadkagoshima.org/

Facebook 

https://www.facebook.com/groad.from.kagoshima/

Instagram

https://www.instagram.com/groaaaad_npo/

Twitter

https://twitter.com/NpoGroad?s=06

 

 

本プロジェクトへのご支援・取材等に関するお問い合わせはこちらから 

NPO法人GROAD

鈴木涼良

MAIL:ssuzuki@groadkagoshima.org

 

 

  • 5b2f9375 256c 4773 9acd 58110abd02aa.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    対談!薩摩スチューデントの魅力を専門家の東川隆太郎さんにお聞きしました!

    2018/06/24 21:49

    対談! NPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会 代表東川隆太郎さん×NPO法人GROAD代表鈴木   NPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会、代表の東川隆太郎さんにインタビューしてきました!  歴史に詳しい東川さんに、薩摩スチューデントの魅力についてお話を聞...

  • 5b2db6d2 37c8 43d6 9129 292d0aba8295.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    現代版薩摩スチューデントのご紹介④ 野崎翔太さん(タイ2017春)

    2018/06/23 11:56

    NPO法人GROADが輩出した現代版薩摩スチューデントのご紹介です。  今日は、2017年春にタイに渡航した、 鹿児島大学法文学部4年(参加時点では大学2年生)の野崎翔太さん をご紹介します。   自分の人生を大きく変える出会いと経験に満ちた時間だったなと思います。 ありふれた...

  • 5b2d0319 7944 43c4 b113 2be90aae07a2.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    現代版薩摩スチューデントのご紹介③ 大園紘貴さん(ドイツ2017夏・2018春)

    2018/06/22 23:09

    NPO法人GROADが輩出した現代版薩摩スチューデントのご紹介です。  今日は、2017年夏と2018年春ドイツに渡航した、 鹿児島大学工学部3年(参加時点では大学2年生)の大園紘貴さんをご紹介します。   ・なぜ参加したのか。 新しいことに挑戦したかったから、自分の人見知りを直した...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください