どこにでもいる普通の女の子から、全ての女性へ。 「〇〇しなければならない」「〇〇するのが普通」を一度立ち止まって考えるきっかけを作り、 全ての女性が「自分らしく」生きれる世界を作りたい!!!

プロジェクト本文

▼ごあいさつ


皆さん、こんにちは!
「ふぇみZINE制作委員会」のLilyです。

「ふぇみZINE製作委員会」の前身は2017年の9月に有志で発足され、

今は7人で運営しています!!

私たちは、すべての女性が自分らしく生きられるように、
日頃からTwitterで声を上げる「普通の女の子」の集まりです。

特別な人間ではありません。

この社会では、女として生まれただけで、
「30歳過ぎたらBBA」とか、
「女は陰湿で感情的」とか、
「女の人生はイージーモード」みたいな

たくさんの「呪い」がつきまといます。

私たちが発信するのは、それに対する

「そんなのおかしくない?」とか

「女らしさにとらわれず、自分らしくいたい!」みたいな、

ごくごく当たり前の主張です。


▼「ふぇみZINE」でやりたいこと

①日本の女の子たちをエンパワメントしたい。持っているだけで元気が出るような冊子を作りたい!

知らない人もいるかもしれないけど、
日本の男女間格差を表す「ジェンダーギャップ指数」は世界で114位なんです。
そんな日本社会で生きていて、日々ナチュラルに「女の役割」を押し付けられるものだから、
色んなことを「女だから仕方ないのかも」なんて我慢している女の子もたくさんいるのだろうな、

と肌で感じています。

私も少し前までそうでした。
「日本に男尊女卑なんてない!昭和で終わったでしょ。」なんて考えながら、

「女子力」なんて言葉に踊らされて、痴漢にあってもミニスカートはいてた自分が悪いと思ってた。
フェミニズムに出会って初めて、「そんな事思わなくていいんだ!」と気づけたんです。

そんな世の中で、抑圧を受け流して生きている女の子たちや、
既にフェミ二ズムに目覚めて声を上げている女の子たちも含めて、
みんなが「おかしいと思うことに、おかしいって言っていいんだ」と気づいて、
元気づけられるようなメッセージをもっともっとたくさんの女の子に届けたくて、
「ふぇみZINE」を企画しました。

私たちはアカデミックで小難しい理論は語りません。
ふつうの女の子達がふつうに抱える「これっておかしくない?」を同じ目線で紐解いて、
平成の次の時代を一緒に生き抜いていくために、

私たちの次の世代に呪いを持ち越さないために、

じぶんたちの言葉で語ります。


②フェミニストの偏ったイメージを変えたい。フェミの楽しさを伝えたい!

フェミニストを批判的に捉える人がよく言うのは、

フェミはいつも怒ってる!とかヒステリー!とか、

エロが嫌いな堅物ババアとかそういうこと。
でも全然そんな事なくて。

フェミニストは男性嫌悪でもヒステリーのわがままでもないし、

いつも怒って嘆いてるだけじゃない。

フェミニストとして「性別に縛られず、自分らしく生きるぞ!みんなもそうしよ!」

ってポジティブなメッセージを発信するとき、私はすごく楽しい。


きっと他のフェミニストもそうだと思う。
「女に生まれたからにはこうしなきゃ」に囚われていた時よりも、

きっとすごくキラキラしてるんです。
これを聞いて、

その人が持ってる女らしさ(と社会で扱われるもの)すら否定していると思う人もいるかもしれませんが、
女らしくても女らしくなくても、

男の子にモテたいと思ってても思ってなくても、
あなたの意思が否定されない社会を目指すのがフェミニズムなんです。

そのために「らしさ」の押し付けは壊してしまったほうが、
男/女、そしてその枠に嵌らない性別も、きっともっと楽しく生きられる。

だからフェミニズムに対して怖そうとか、

興味はあるけど知識がないと怒られそう、と尻込みしちゃってる人に、

フェミニズムは楽しいよって伝えたい。
ポジティブな力で社会を変えたいなって思うんです。


▼紙媒体で発信する理由
普段からSNSで意見を発信していると、

オープンな場所だけに悪意のある人からの妨害や攻撃を受ける事も多くあります。
辛い思いをしている女性を元気付けるために発信しているのに、

逆に萎縮させてしまうんじゃないかと歯がゆく…。


そんな中でより親密で支えあいの精神に満ちた一方通行な発信の必要性を感じ、
安心して思いを吐き出し、共有できる場を作ろうと考えました。

さらにTwitterと違って字数制限が無い分、行間にある思いも伝える事ができて、
フェミニズムにハードルを感じている人も親しめるように、
表紙や中身のデザインにこだわることができるという点でも、
紙媒体で伝える事はとても意義があると思っています。

一人一人のフェミニストの個人的な思い、きっと誰もが持ってる思いに通ずる言葉を届けて、
持っているだけで誰かとつながっているような安心感をもらえるような冊子を作っていきたいと思います。

生きづらさや違和感を抱えて生きるすべての女性に届きますように。

[ふぇみZINEの内容(予定)]

1.表紙
2.表紙裏
3.目次
4,5 「女の子」の生きづらさ(生理、ファッション、メイク)
6,7 ふぇみZINEを作ったわけ(フェミニズムに対する偏見の話)
8,9 漫画
10,11 エッセイ
12,13 エッセイ
14,15 アンケート
16 漫画
17,18,19,20 座談会
21,22 フェミ入門書10選
23,24,25,26 フェミ漫画・ドラマ紹介
27,28 エッセイ
29,30 アンケート
31,32 数字で見る日本の現状(ジェンダーギャップ指数など)
33 エッセイ
34 漫画
35,36,37(エッセイ)
38.編集後記
39.奥付
40.裏表紙


▼資金の使い道

ご支援いただいた資金は以下の用途で大切に使わせていただきます。
・印刷費
サイズ:B5
印刷数500部(予定)
・リターンアイテムの発送料&手数料
・高校生への冊子無料配布(母校での配布、Twitterで欲しい高校生に無料配布)

▼個人情報の取り扱いについて

クラファン担当が管理します。100%に達した時点でこちらが見れる設定となっています。

配送にのみ使い、その後個人情報は一切使いません。

 

▼さいごに

ここまで読んでくださって、ありがとうございます!
今回は「ふぇみZINE」に加え、持っているだけで気軽に

連帯感を持つ事ができるような素敵なリターンを用意しました!
現状、この冊子の印刷は今回限りの予定です。

ぜひこの機会に制作にご参加いただき、「ふぇみZINE」を手にとっていただければと思います。

みなさまのご参加をお待ちしています!

  • Default image my 0dc654dcb96a5e77583383cdf465256716de01a9aa70669e7d408c3203f5613a.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告 - パトロン限定公開

    リターン品発送の遅延に関して、お詫びとご報告

    2018/11/15 17:22

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 5b5d5c95 1ab8 4852 b78e 7fc00aba8295.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    4日で57%達成しましたヽ(´▽`)/

    2018/07/29 15:20

    支援者のみなさんありがとうございますヽ(´▽`)/ クラウドファンディングの支援金額が、 なんと!!!! 現在171,700円となりました!!!! 目標金額の57%に到達です(^O^☆♪ 開始から4日あまりでここまで到達できたのも、ひとえに皆様のおかげです! これからもいいものを作...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください