「カッコいいラジオが欲しい」 ニッポン放送アナウンサー吉田尚記がつぶやいたこの一言から「Hint(ヒント)」の開発は始まりました。 ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニー。分野の異なる3社のコラボレーションにより、まったく新しいラジオの形が誕生しました。

プロジェクト本文


皆様の温かいご支援、本当に有難うございました。おかげさまでHintは目標金額を大きくオーバーする234%で達成!CAMPFIREの全プロジェクトの中で、過去最も支援金額が多く集まったプロジェクトとなりました。(2016年9月現在)。

皆様のおかげです。ご支援、応援本当に有難うございました。ただし、ここからがプロダクトの本当のスタートです。皆様に製品をお届けする来春まで、開発の様子や進捗は随時活動報告に掲載していきますので、是非引き続き応援よろしくお願いいたします!

支援プラン 一例

  

  

  

よくある質問はこちらから

 ●アンテナ・外部出力端子(イヤホンジャック)について>>

 ●DTMF音について>>

ラジオ局が作る 本気のラジオ 「Hint(ヒント)」

「カッコいいラジオが欲しい」

ニッポン放送アナウンサー、吉田尚記が何気なくつぶやいたこの一言からこの「Hint(ヒント)」の開発は始まりました。

「そうだ!ラジオ局がラジオ作ってみたっていいじゃない!」と思いついたのがラジオ局のニッポン放送。「いいじゃない!どうせやるならゼロから開発しよう」と参加してくれたのが、成長著しい家電ベンチャー企業のCerevo。「ラジオのメディアとしての魅力からデザインを引っ張ってみよう」と参加してくれたのがフィギュア業界をリードするグッドスマイルカンパニー

分野の異なる3社が、それぞれこだわりを持ち、改めてラジオというメディアを1から見つめ直し開発を重ね、でき上がったのがこのラジオです。

斬新なデザイン、ラジオに新しい価値を与える新機能、スマートフォンの音を楽しめるBluetoothスピーカー。今改めて「おっ」と振り向いて欲しい。新しいラジオの形がここにあります。

製品情報サイト:「Hint(ヒント)」製品サイト

製品の特徴

 「声」にフォーカスしたこだわりの音

「Hint」という単語には、発見や気づきといった意味の他に、「気配」という意味があります。「気配」というキーワードを持つこのラジオは、無指向性スピーカーを内蔵しています。部屋のどこにいても、Hintからあなたへ。360°クリアな音が響きます。

 また、このラジオはニッポン放送技術部監修の元、人の声が心地よく聴こえる柔らかいサウンドをお楽しみいただけるよう設計しています。 

ラジオに感じるあたたかさ、パーソナリティとの距離の近さは、ラジオから語りかける人の「声」が聴いてくれるあなたに直接響くから。このラジオは、近くで聴いても遠くで聴いてもクリアに聴こえ、さらには聴き疲れも少ない。人の「声」が聴きやすい、あなたに寄り添うラジオです。

 

クリアな音声でラジオを聴ける「ワイドFM」対応

ワイドFM(FM補完放送)とは、AM(中波)放送局の放送エリアにおいて、難聴対策や災害対策のために従来のFM放送用の周波数(76MHz~90MHz)に加えて、新たに割当てられた周波数(90.1MHz~95MHz)を用いてAM番組を放送することです。

ダイヤルを93.0に合わせれば、クリアなFM音声でニッポン放送を受信。
雑音が少なく聴きやすい。さらにビルやマンションでも受信しやすいという
利点があります。

もっと詳しく知りたいという方は、
ニッポン放送のワイドFM紹介ページをご覧ください

 

スマートフォンの音をワイヤレスで再生するBluetoothスピーカー機能

「Hint(ヒント)」は、ラジオとしてだけでなく、単独でBluetoothスピーカーとしても使うことができます。あなたのスマートフォンやパソコンに入っているお気に入りの音楽やPodcast、ストリーミングサービスも「Hint(ヒント)」ならワイヤレスでお楽しみいただけます。

音質にこだわった「Hint(ヒント)」のスピーカーでお部屋に充実した音の環境を。

 

ラジオが流れるとスマートフォンが自動でURLを通知 ※特許出願済

「Hint(ヒント)」はただのラジオではありません。今後、あなたとラジオのつきあい方をまるっきり変えてしまうような、とても革新的な機能が搭載されています。

例えば、

ラジオに出ているアーティストがすごくいいなと思ったけれど名前が聞き取れなかったというような経験、誰にでもあるのではないでしょうか。それを解消してくれるのがこの「Hint(ヒント)」が搭載している「BLEビーコン」です。

放送局が”DTMF音(電話のダイヤル音)”を発信すると、自動的に情報をラジオがキャッチ。受信情報はBLEビーコンを通してあなたのスマホへ自動転送されます。

ラジオ局が「今日のゲストは○○さんでした。」と言った後、♪〜DTMF音(電話のピポパ音)をオンエアで流すと、ラジオが自動的にあなたの手元のスマートフォンに、アーティストのURLを表示してくれるのです。 

また、「Hint(ヒント)」に搭載されているLEDもこのBLEビーコンによって制御することができます。ラジオから情報を受信するとLEDが点灯。情報を受信したことを教えてくれます。将来的には、あなたの好きなラジオ番組のオンエアが始まると同時に日本中の「Hint(ヒント)」が同じ色に光りだす、、といった機能も対応予定です。

※現時点ではニッポン放送からのデータ情報は発信されておりません。
将来的に本機能を活用した放送展開を予定、検討しております。

製品外観 

「Hint(ヒント)」は現在、設計・デザイン・パーツの収集と組立て・二次試作の作成、まで進んでいるプロジェクトです。製品の量産化までにはこれからさらに、三次試作の作成、デザインのブラッシュアップ、量産試作(PVT)の作成、プロダクションテストを進めて参ります。

皆様のお手元に届く商品は、現在のデザインからさらに変更と改良があることをご了承ください。

▲正面・真上

▲全体・LED点灯

▲Bluetooth操作イメージ

仕様

●Bluetooth 4.2搭載
●最大出力 10W
●ユニット 3WAY(66mmユニットスピーカー、ツィーター、ウーファー)
●サイズ 80 x 80x 287 mm
●重量 950g
●電源 ACアダプタまたはリチウムイオン充電池(同梱)
●バッテリー充電方法 本体のMicro USBポート経由で充電
●バッテリー充電時間 約3時間
●バッテリー連続稼働時間 4~6時間(ラジオ連続聴取において) 充電・再生時間は、環境により異なります。

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください

リターンの発送について

このプロジェクトのゴールは、皆様のお手元にいち早く「Hint(ヒント)」をお届けすることです。その為に出来るだけ早く、開発・量産をすすめることに尽力いたします。なお支援者の皆様への「Hint(ヒント)」のお届けは2017年3月頃を予定しております。(生産状況の都合により遅延の可能性もございます。何卒ご了承ください。)

ニッポン放送はラジオ局として、この革新的なラジオの発売に全力で取り組んでいます。皆様も当プロジェクトをご支援いただき、「Hint(ヒント)」がつくりだすあたらしいラジオの世界をお楽しみください!

リターンについての注意事項

・刻印つきプランをご選択の方は、プロジェクト達成後にCAMPFIREのメッセージ機能を通じて刻印したい文字をお伺いいたします。

・製品の発送までの間に発送先ご住所の変更などございましたら、CAMPFIREのメッセージ機能、またはニッポン放送(hint@1242.com)までご連絡ください。

・スタジオ見学会や番組収録にかかる交通費、宿泊費はご自身で負担していただきます。ご了承ください。

注意事項

・当プロジェクトのリターンの発送は日本国内にお住まいの方のみに限らせていただきます。プロジェクト終了後にCAMPFIREへ登録したメールアドレス宛てにご連絡いたしますので、確認の取れるメールアドレスをご入力ください。

・住所変更、住所間違い、刻印つきプランの返信がない場合などはCAMPFIREへご登録いただいたメールアドレスへご連絡いたします。一定期間ご返信がない場合、製品をお届けできない場合があります。

 

  • 活動報告

    【製品お届け日】のご案内

    2017/07/19

    Hintをご支援いただいた皆様   この度は、私どもHintプロジェクトにご支援を賜りまして誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。 ま…

  • 活動報告

    Hint進捗報告 <中国・深センレポート②>

    2017/07/10

    Hintをご支援、応援頂いている皆様 いよいよHintの生産も最終段階に入っている今、連日中国で調整・作業されているCerevoさんに続き、ニッポン放送の担当者…

  • 活動報告

    Hint進捗報告 <中国・深センレポート①>

    2017/07/06

    Hintをご支援、応援頂いている皆様 いよいよHintの生産も最終段階に入っている今、連日中国で調整・作業されているCerevoさんに続き、ニッポン放送の担当者…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください