300年以上続く、三重県の老舗和菓子屋「大徳屋 長久」の16代目久兵衛さんの挑戦!歴史ある和菓子という文化を、現代を生きる和菓子職人の久兵衛さんの感性と技術でアップデートした新しい和菓子「It Wokashi(いとをかし)」を多くの人に届けたい!

プロジェクト本文

【御礼!目標額達成!】恒例のストレッチゴールと追加リターンを設定します!

公開から5日目にして、早々に目標額に達することができました!

共感して応援してくださったみなさま、並びに、このプロジェクトを手伝ってくれてたメンバーのおかげです。
この場を借りて、改めて感謝の意を伝えたいと思います。

「本当にありがとうございます!みなさんの期待を裏切らないよう誠心誠意努めてまいりますので、引き続き、応援のほど、よろしくお願いいたします。」

さて、早々に目標額を達成したので、恒例のストレッチゴールを設定したいと思います!

▼ストレッチゴール:パトロン数120人

よくあるストレッチゴールは、金額を上方修正するものですが、今回はパトロン数をストレッチゴールにしたいと思います!

今回のプロジェクトでは、共感者やファンを作ることに重きを置いています。
支援金も、もちろん欲しいです。でも、目標額を達成した今、それ以上に人とのつながりや共感の数に意味がある気がしてきたので、現在のパトロン数の倍の数の120人のパトロンを集めることを目標にしたいと思います!!

▼追加リターン1:It Wokashiの新店舗の1日店長 + It Wokashi6種セット

4000円

完成した新店舗で、1日店長をお任せいたします。
あなた自身の言葉で、It Wokashiの魅力を伝えていただきたいと思います!新たなIt Wokashiファン作りにあなたの力を貸してください!!

1日の終わりには、It Wokashi6種セットをお持ち帰りいただけます。疲れた体を甘い和菓子で癒してあげてください。

*営業時間の11:00〜18:00までの間で、好きなお時間をご指定いただけます。
*店長業務に入る前に、全種の試食をしていただきます。お腹の空き具合を調整しておいてください。
*大変恐縮ですが、バイト代は出ませんので、ご容赦ください。

▼追加リターン2:It Wokashiの大福を1日限定で食べ放題!(時間制限なし)

3000円

完成した新店舗まで、足を運んでいただければ、その日限りですがIt Daifukuを食べ放題にいたします。

ご支援いただいた方には、個別に連絡を差し上げますので、ご来店日時をお教えください。
粗茶などご用意してお待ちしておりますので、お腹をすかせてお越しください。

*解凍に1時間ほど時間がかかるので、予想を超えて食べられた場合、お待ちいただくことになります。

▼追加リターン3-1:It Wokashiのお茶会への参加券(2019年1月19日 11:00-12:30)

4000円

本プロジェクトの運営メンバーで、料理家であり、茶道家でもある井上豪希さんのアトリエで、It Wokashiに合わせたお茶を使ったドリンクとのセットメニューを楽しめます。


全6種中3種と、It Daifukuのために開発したオリジナルドリンクとのペアリグをお楽しみいただけます。

新店舗から徒歩5分圏内になるので、お茶会の後お店にお立ち寄りいただくこともできます。

--

【メニュー(仮)】

・ぶどうラム + 水出し玉露ソーダ

・ごまマンゴー + 抹茶ラテ

・餡クリーム + 薄茶

【日時】
2019年1月19日 11:00-12:30

【場所】
九品仏駅から徒歩5分
*詳しい場所は、参加者に個別メッセージ

▼追加リターン3-2:It Wokashiのお茶会への参加券(2019年1月19日 14:00-15:30)

4000円

本プロジェクトの運営メンバーで、料理家であり、茶道家でもある井上豪希さんのアトリエで、It Wokashiに合わせたお茶を使ったドリンクとのセットメニューを楽しめます。


全6種中3種と、It Daifukuのために開発したオリジナルドリンクとのペアリグをお楽しみいただけます。

新店舗から徒歩5分圏内になるので、お茶会の後お店にお立ち寄りいただくこともできます。

--

【メニュー(仮)】

・ぶどうラム + 水出し玉露ソーダ

・ごまマンゴー + 抹茶ラテ

・餡クリーム + 薄茶

【日時】
2019年1月19日 11:00-12:30

【場所】
九品仏駅から徒歩5分
*詳しい場所は、参加者に個別メッセージ

 

----- ↓ここから本文です↓ -----

 

▼プロジェクトオーナーの久兵衛でございます。

始めまして。三重県で和菓子職人をやっております久兵衛(きゅうべえ)と申します。

300年以上続く和菓子屋「大徳屋 長久(だいとくやちょうきゅう)」の16代目として生を受け、今日まで和菓子とともに生きて来ました。和菓子を作ることが大好きで、この仕事は天職だと思っています。

この先も、300年も続いていてきた「和菓子屋」という家業を守り、受け継いでいきたいと思います。
そして、世界中の様々な人に和菓子を届けたいと思っています。これは僕の使命であり、僕の夢でもあります。

後者の夢を追いかけるために、新たに「兆久」という会社を立ち上げ、現在自社商品の開発に取り組んでいます。

今回のクラウドファンディングの目標は、兆久の実店舗を東京に作るための仲間を集めること。

そのために、開発中の新しい和菓子を皆さんにお届けしてファンになってくれる人や、力になってくれる人、そして店舗改装の軍資金集めをしたいと思います!

▼伝統に縛られすぎない自由な和菓子を作りたい。

皆さんは和菓子にどんなイメージがありますか?
というか、最近いつ食べましたか?

伝統的とは、ともすれば古臭いというイメージにも繋がります。
イケてるナウなヤングたちは、積極的に和菓子を食べることはあまりないのではないでしょうか?

実際に、三重県の大徳屋 長久の主なお客様の年齢層は高めです。

これは、私たち和菓子屋の「伝統を守る」という姿勢がもたらした課題でもあるんです。

「伝統を守る」とは裏を返せば、「旧態依然とした和菓子作り」になってしまう。伝統を守り、そして従来のお客様を大事にしたいが故に、新しいことにはチャレンジしにくい環境になってしまっている。

ここをどうにかしたい!どうすればいい?

そうだ!自分でやればいいんだ!伝統にとらわれない新しい和菓子を作ろう!
そして、その新しい和菓子をたくさんの人に届けよう。

そうして生まれたのが、「It Wokashi(いとをかし)」です。

▼It Wokashiとは?

 It wokashiは、「和菓子」や「伝統」というルールに縛られず、自由にお菓子を創造し、和菓子の魅力を現代に合わせてチューニングしながら提案していくブランドです。

大福や落雁、練り切りなどの伝統的な和菓子を、斬新な切り口で提案していきたいと思っています。

It wokashiというネーミングにも、そんなブランドの思いを込めています。

「いとをかし」は趣深いという現代語訳になりますが、今風に言い換えるなら「まじやべー」みたいな意味があります。

そして、英語表記の「It Wokashi」は、「It girl」などの表現に倣って、「今風のかっこいい和菓子」でありたいという思いを込めました。(「It girl」=「今風のかっこいい女性」という意味があります。)

ロゴは兆久と長久の「久」の字をデザインモチーフにしています。

久の字を山に見立てて、そこから登る太陽のイメージを重ねています。新たな時代の幕開けや、希望の光という意味合いを込めています。

 

▼大福をチューニング! It Daifuku

和菓子と一口にいっても、その種類は様々です。

どの和菓子をチューニングするのか…、喧々諤々の議論の結果、大福をチューニングすることになりました。

It Daifuku=誰も食べたことのない新食感の大福です。

【特徴その1】 手で持てないほど柔らかい大福

It Daifukuは、手で持てないほど柔らかい。


↑柔らかすぎて、手でつまんで持ち上げることはできないので、紙帯を使って持ち上げてる図

成形するのも難しいくらい柔らかな求肥を使っています。

中に包むクリーム餡も食感にこだわって配合しました。口の中でさらりとほどけるような絶妙な食感を目指しました。

【特徴その2】色々な食感を楽しめる。

It Daifukuは、冷凍状態でお届けします。


凍った状態でも食べれますし、半解凍、全解凍と解凍状態に応じて食感が変わるのも面白い点です。

【特徴その3】斬新な食べ合わせ。

普段なら組み合わせないような、斬新な食べ合わせの提案もIt Daifukuの特徴です。

全6種をご紹介したいと思います。

*商品は開発中でブツ撮りできないので、開発中のパッケージデザインを載せています。ペッケージデザインは変更になる可能性もあります。

 

・クリーム餡


特製のクリーム餡をプレーン求肥で包んだ定番の食べ合わせ。

 

・ごまマンゴー


ごまを練りこんだクリーム餡を、マンゴーを練りこんだ求肥で包んだ、トロピカルな食べ合わせ。

 

・いちごピンクペッパー


ピンクペッパーを練りこんだクリーム餡を、いちごを練りこんだ求肥で包んだ、キュートでスパイシーな食べ合わせ。

 

・抹茶レモン


レモンを練りこんだクリーム餡を、抹茶を練りこんだ求肥で包んだ、香り高く、気品のある食べ合わせ。

 

・烏龍茶杏仁

 
杏仁豆腐をイメージした味付けをしたクリーム餡を、烏龍茶味の求肥で包んだ、エキゾチックな食べ合わせ

 

・ぶどうラムレーズン


ラムレーズンを練りこんだクリーム餡を、ぶどう味の求肥で包んだ、大人っぽい食べ合わせ。

 

▼It Wokashi の実店舗を東京に作ります!

It Wokashiの商品たちを多くの人に届けたい。It Wokashiの世界観をもっと表現したい。
そんな思いから、東京にIt Wokashi初の実店舗を作ります!

といっても、資金はほとんどありません。

ひょんなきっかっけで見つけた、自由が丘からほど近い小さな空き店舗。


ここをセルフリノベーションして、かっこいい店舗を作ります。

ラフスケッチですが、こんな感じの内装を目指します。

【It Wokashi 東京店の住所】

〒158-0083

東京都世田谷区奥沢7-19-17

(自由が丘から徒歩10分/九品仏から徒歩2分)

▼開店までのスケジュール

すでに解体工事は始まっています。

仲間たちとセルフリノベーションを敢行中です。

---

10月着工 (すでに始まっています。)

11月完成予定

12月初旬までに開店予定!

▼TEAMKITで仲間集め

しかしながら、我々には人手もなければ、知識もないので、このクラウドファンディングと同時に仲間集めも行いたいと思います。

TEAMKITというサービスを利用して、仲間集めを行なっていますので、もしよかったら覗いてみてください!!

300年続く和菓子屋の挑戦!新ブランド「It Wokashi」のブランド作りを手伝ってくれる方、大募集!

▼リターンについて

【リターンその1】応援枠

手書きの感謝状 + クーポン

お店作りを応援してくれた方に、久兵衛が手書きの感謝状を書かせていただきます。

さらに、20%OFFでお買い物できるクーポン券も同封させていただきますので、ご来店いただけると嬉しいです。

 

【リターンその2】It Daifukuを全6種をお届けします。

It Daifuku全6種をセットにしてお届けします!

 

【リターンその3】It Daifuku全6種 + 和菓子作りキット1種

It Daifuku全6種をセットに、久兵衛が考案した和菓子作りキットをセットにしてお届けします。
以下の4種から一つ好きなものをお届けいたします

・わらび餅(きな粉)

・わらび餅(抹茶)

・水まんじゅう

・フルーツ大福

 

【リターンその4】It Daifuku12個(全6種x2)+ 和菓子作りキット1種

It Daifuku12個(全6種x2)をセットに、久兵衛が考案した和菓子作りキットをセットにしてお届けします。
*和菓子作りキットは、以下の4種から一つ好きなものをお届けいたします

・わらび餅(きな粉)

・わらび餅(抹茶)

・水まんじゅう

・フルーツ大福

 

【リターンその5】It Wokashiの永年VIP会員券

自由が丘につくる実店舗に足を運んでいただければ、実店舗が続く限り永久に1日1個 It Wokashiの商品を差し上げます。

自由が丘から徒歩10分ほどの好立地にございます。最寄駅の九品仏からは徒歩2分です。

この店舗に足を運んでいただければ、営業日に限りますが、来ていただく度に何でも1つ無料で差し上げます。

*実店舗の営業時間や営業日はまだ決まっていません。最初は試験的に営業するため、不定休とさせていただく可能性がございます。お出ましの際は、ご一報いただけると幸いです。

 

【リターンその6】兆久の商品開発に関われる権利

次の商品開発や、この次の商品開発を行いますが、どんな和菓子にするのかコンセプトから始まり、レシピ考案、パッケージ作成、店内装飾などなど、商品作りの一通りをご一緒していただける権利です。

基本的には、Facebookのメッセンジャーグループへの参加していただき、商品開発のための諸々の打ち合わせや、試食に参加していただける権利となります。

オフラインでの打ち合わせや試食会は、スケジュールは久兵衛の都合に合わせることになるのでご容赦ください。

試食会では、結構な量の試食をするので、ある意味お得です!

兆久の仲間になっていただける和菓子好きな方をお待ちしています。

*オフラインミーティングは、基本的に東京23区内になります。
*オンラインミーティングは、Facabookメッセンジャーや、スカイプ、アピアインなどを使用する予定です。

▼支援金の使い道

皆さんからいただいた支援金は、基本的にリターンの商品代や発送費用、それに店舗リノベーションの材料費や人件費に充てる予定です。

▼最後に共犯者の紹介

今回のプロジェクトの全体指揮をしてくれているプロデューサーの豪希くん。

彼のマイページを間借りする形で、今回のクラウドファンディングを行うことになりました。

というのも、久兵衛は和菓子作りが忙しすぎて、クラファンのケアまで手が回らない状況何です。。。

なので、運用やパトロンの皆さんとのコミュニケーションは、彼が変わってやってくれることになっております。

この場を借りてありがとう!

 

  • Dsc08629.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    新店舗リノベーション開始!

    2018/10/13 10:46

    どーも。本プロジェクトの運営支援を行なっております。豪希と申します!セルフリノベーションや店舗設計、It Wokashiのプロデュースを担当しています。よろしくお願い致します。 さて、タイトルのとおり、いよいよルノベーションが始まりました!!ここでは、進捗を報告させていただきたいと思います!...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください