2020/05/22 10:12

5月20日をもって、クラウドファンディング終了しました。最終的に「213名」「2,449,110円」ものご支援を頂き、目標500,000円に対して、約500%の達成となりました!いやまさか、こんなにも多くのご支援を頂けるとは思っておらず、驚愕してます。なんて表現して良いか分かりませんが、ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございました!


クラウドファンディングを終えての今の気持ちを、忘れないうちに綴っておきたいと思います。

クラウドファンディングの本文「生い立ち」の中で書きましたが、自分自身「誰かの期待に応えて生きる」ことを軸に生きてきました。そんな生き方に、様々な出来事が重なって疑問を持つようになり、「カオがナイ自分」に自信を無くし、精神的に落ち込んだりもしました。

でも、こうやってクラウドファンディングを立ち上げて、本当に多くの方からご支援を頂けた結果をみると、そんな「カオナシの生き方」≒「誰かの期待に応えて真摯に努力する生き方」をしてきたからこそ「人の信頼を貯める」ことになっていたのかな、そんな生き方をしてきたからこそ、これだけ多くの方から、たくさんのエールを頂けたのかなっと思っています。

ストレートに言えば、「カオナシの自分」が嫌いでした。最近では「脱カオナシ!」が自分自身のテーマでもありました。でも、そんなカオナシだった自分のおかげで、これだけの支援を頂けた。嫌いだったはずのカオナシの自分が、何だか今はちょっと誇らしくもあります。過去の自分を無下に卑下するのではなく、そんな過去があったからこそ、今の自分があると前向きに思えるようになりました。こんなほっこりとした気持ちになれたのも、皆様のあたたかいご支援のおかげ、本当に本当にありがとうございます。

しかし人生は面白いです。その時その時は「点」でしかない出来事も、振り返ってみれば、線になり、ストーリーになり、自分の生き方になるんだなーと。どんな時でも、どんな出来事を前にしても、この点はいつか線になり、縁が巡りに巡って、新しい面白い道に繋がるんだと思えれば、こんなコロナ禍の中での船出も、きっと面白い点だったと笑って話せるようになる気がします!

未曾有のコロナ禍をきっかけに、これからの働き方・生き方を考えなおす方も多く出てくるのではないかと思います。都会でバリバリ働きながら暮らすだけが人生ではない。地方で、自然の中で、等身大の自分をさらけ出しながら暮らす生き方もあるのではないかと思います。カレー屋ヒゲめがね、そんな生き方の1つの参考事例となりうるように、皆様からのエールも追い風にしながら、頑張っていきたいと思いますので、皆さま引き続きの応援を宜しくお願いします!

皆様のご支援、本当にありがとうございました!

※支援が確定しましたので、ここからリターン品の発送準備を進めてまいります。必要に応じて、ご支援頂いた皆様に直接ご連絡を差し上げることがあるかと思いますので、ご対応宜しくお願いします!

カレー屋ヒゲめがね
店主 豊田陽介

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?