2020/08/21 09:44

きみトリMeeting!は書籍『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の出版に向けたクラウドファンディングをきっかけに、執筆メンバーやゲストやアクセスしてくださるみなさんと語るオンラインイベントです。

・・・・・・・・
【きみトリMeeting! 上手な医療のかかり方推進役・阿真京子さんと語る「架け橋」】

■日時 2020年8月25日(火)15:00~16:00
■参加費 無料。クラウドファンディングでサポートしていただけたらうれしいです。
■参加方法 Facebookにてライブ配信します。お時間になったらこちらにアクセスしてください。https://www.facebook.com/manabinosharekai/

■内容 
ゲストの方には事前に、『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の一部を読んできていただいています。
当日は感想や応援やをいただきながら、ご活動についても語りあう時間を過ごします。
ライブ中は、みなさんからのチャット入力でのご質問にもお答えします。

ライブ配信は画面OFF・音声OFFでのご視聴+チャットのコミュニケーションです。
どうぞ気楽にご参加ください。


■どなたでもご視聴&ご参加いただけます。
質問や応援メッセージをお待ちしてます!!

・・・・・・・・・・・・・・・

★ゲストについて

阿真京子さんは、橋を架ける人として活動してこられました。

2007年に設立した「知ろう小児医療守ろう子ども達の会」は、親が医療のかかり方を知ることで、不安を減らし医療者の負担を軽くすることを目指した活動。親と医療者の架け橋。

今年6月からは、市民の参画で医療をより良くしたいと個人での活動に取り組んでおられます。
http://amakyoko.com/

今回のホスト・聖子は、「表現と鑑賞のかけはし」をテーマに活動する、鑑賞対話ファシリテーターです。
芸術や文化作品を真ん中に感想を語り合うことで、作り手、届け手、受け手をつなぐ場づくりをしています。

わたしと阿真さんは、2011年の東日本大震災後の被災地支援活動で知り合いました。お互い同じプロジェクトで活動する仲間として認識してはいましたが、当時はそれほど親しい関係ではありませんでした。
そのあと8年、まったく音信不通だったのですが、ひょんなことから再会。わたしが阿真さんにポッドキャストに出演依頼をして、急接近しました。

【音声配信】鑑賞対話ファシリテーターという仕事 5. 小児医療の橋渡し役と語る
https://note.com/hitotobi/n/neab2cf5f6da5?magazine_key=mcecbf3c67932
(お能のカセットテープの話が個人的にハイライトです)


お互いにずっとやっていることは「橋を架ける」。

他のメンバーも、ある対象と人とのあいだに橋を架ける仕事をしています。
そして3人で、10代と大人、10代と社会との間に橋を架ける本を作っています。
クラウドファンディングでは、10代以外の大人のみなさんにも橋渡し役をお願いしています。

・橋を架けることがライフワークのわたしたちは何を大切にし、何に喜びを感じているのか
・どんな10代を過ごす中でその喜びに目覚めたのか
・大人になるにつれて感じていく、人と人との間の縁の不思議さや、関係の移ろい、「友だち」

についても語りたいです。

実は芸術文化の方面もお好きな阿真さんなので、今回はあちこちで聞くことのできる阿真さんの活動の中身のお話というよりは、みなさんの知らない阿真さんを掘り起こせたら、とたくらんでいます。

ぜひご覧ください。


クラファンサイトでは、阿真さんからの全力応援メッセージもいただいています。
https://camp-fire.jp/projects/312558/activities/192964#main

(文責:聖子)


企画・主催:きみトリプロジェクト
HP: http://kimitori.mystrikingly.com/
Twitter: https://twitter.com/kimitori2020
Facebook: https://www.facebook.com/manabinosharekai/

稲葉麻由美
高橋ライチ
舟之川聖子

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?