2022/04/25 00:00

46日間クラウドファウンディングでの挑戦が、目標金額を達成という形で終える事ができました。

気が付けばあっという間に終わってしまった、このHAKKO HOUSEプロジェクト。目標金額も今までの中でも過去最高額(今までの3倍)に設定していたので、今までのプロジェクトとは違う挑戦をしなければ達成できないと思い・・・毎日活動報告を書こうと決め、今日で46日目。
このプロジェクトとしては最後の活動報告です。

このプロジェクトを始める中で、たくさん、大変なことや嬉しいこと、苦しいこと、叫びたいこと(笑)・・とにかく自分を追い込みました。おそらく過去最高で濃い46日間だったと思います。

大変なことや苦しいことは、普段であれば乗り越えられることも、追い込まれてさらに追い込まれて、また追い込まれてそのタイミングでこんなこと起こるか!ってこともあったり(笑)

グーーーーッと頭の中が悪いイメージに囚われてしまって、そこから逃げなくなり体や頭が動かなくなるぐらい。それでもリラックスしたり、深呼吸したり、感謝の気持ちを思い出したり、このクラウドファウンディングで応援して下さった、たくさんの方々のメッセージを読んだり・・・そうすることで、囚われてた頭の中を切り替えることができました。

この約2年を振り返ると、コロナ禍で経営者としても様々な判断をしつつ、守りながら攻める1年目を経て、今年は攻めながら、攻めるスタンスと宣言し、思い切ってこのHAKKO HOUSEのプロジェクトをスタートさせました。

苦しい飲食業界に、何か新しい光を。大好きな地元である新潟を、夢を持てる場所に。そして、その形が自分達だけが利益を出し生き残れるのではなく、地域全体が循環していくような平和的な形で、みんなが喜べるような成長をしたい。HAKKO HOUSEの挑戦はそんな思いも込められています。

オリンピックやワールドカップやプロ野球って、スポーツやその活動を見て感動や勇気、夢を与える仕事ですごいと思う反面、正直羨ましいなって思うこともあるんです。大きな大会があって、それにチャレンジする姿を応援してもらえるから(笑)

みんなそうだと思うのですが、大人になって、仕事を始めて毎日のように考えて、挑戦して・・・ある意味でオリンピック選手のように大人たちも夢や目標に向かって走っているのです。
ですが、社会に出ると学校みたいに卒業やゴールがないから、ずっと繰り返しと挑戦の連続で、ほとんどの人に努力は見てもらえません。(当たり前ですけどね!笑笑)
更に、ビジネスなので、好きなことを続けるためには、利益も出さないとで。やりたいと思ってることも簡単にできないのが社会でもあります。職人さん、経営者などきっといろいろな事にチャレンジしている人は常にゴールのない試合をずっと続けているのです。
苦しい辛い世の中に対して、頑張ってる人達はたくさんいるし、そんな人たちを応援できる形があるといいなと思っています。
だから、今回もクラウドファウンディングという期間限定の挑戦で見えるゴールが設けられたことで、それを達成できたり、喜びを共感できたり、日常の仕事の中では味わえない喜びを感じることができています。
さらに、僕のこのチャレンジが、若い人達だけでなく、日々目標に向かって腕を磨き頑張ってる人達のチャレンジの場を広げる事ができたら更に嬉しいなって思います。

こんな時代だからこそ、何か新しい挑戦に向かって応援できる社会、そしてそれが自己利益の目標ではなく誰かの役に立てる夢を持てる平和的な社会ができたらいいなと思うし、そうできるように僕自身も頑張ります。

それが、次の世代に喜びの循環が受け継がれていくように。

そして、ここからが本当のスタート。ゴールのない挑戦が続きます。このプロジェクトに関わってくれた方々も、そうでない人もたくさん失敗もすることもあると思いますがこのHAKKO HOUSEの大きなチャレンジもSUZU GROUPが目指してることも、見守って応援して頂けたら嬉しいです。

写真のようにずっこけながら!!
みんなが嬉しい未来へ挑んでいきます!

「新潟を世界屈指の美食都市へ!!」
やりますよ!!!!


たくさんの方々に感謝の気持ちを込めて本当にありがとうございました!!!これからもどうぞよろしくお願いします!!

SUZU GROUPオーナーシェフ
HAKKO HOUSEプロデューサー

鈴木 将

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?