およそ2ヶ月間におよぶクラウドファンディングですが、残り3日を残して第2目標達成まで約70%のところまで来ることができました!!

貧しい家庭環境で育ち、学校に行けなかったカンボジア人選手たちは今ソフトテニスで自分の未来を切り拓こうとしています。

出会った当初は「夢なんてない。貧しい僕たちが夢を持つことなんて意味もない」といっていた彼らはソフトテニスと出会って、「世界一になりたい!」という夢を描くようになりました。

そんな彼らの夢を叶える大きな一歩となるカンボジア代表選手全員の日本での合宿を実現するために、皆様ラストスパート応援のシェアとご支援のほどよろしくお願い致します!!


▼関連記事

僕たちがクラウドファンディングで得たものは「お金」ではなく「仲間」

いまは弱くてもいい、勝てなくてもいい。そのかわりどこよりも応援されるチームになろう。

現在皆様にお渡しするカンボジアソフトテニスチームのウェアの準備をしている中で、内容に若干の変更があります。

カンボジアソフトテニスチームは警察庁の管轄するチームということもあり、昨年より代表ユニフォームの後面プリントを「CAMBODIA SOFT TENNIS TEAM」から「CAMBODIA NATIONAL POLICE TEAM」に変更致しました。

そのため、今回お渡しするユニフォームは前面にカンボジア国旗をお付けすることもあり、「CAMBODIA NATIONAL POLICE TEAM」とプリントをすることになりました。

突然の変更で大変申し訳ございません。ご理解いただけますと幸いです。

現在、ソフトテニスの情報を取り扱っている雑誌というのは、ベースボールマガジン社が発行している『ソフトテニスマガジン』しかありません。

今回、ソフトテニス界で気になる人へのインタビューということで、取材をしていただきました!

 

 

ここでは、僕のカンボジアでの仕事のこと、カンボジアソフトテニスチームのことで、本クラウドファンディングのことなどを紹介していただいています。

 

ぜひご覧ください!

ソフトテニス界の気になる人インタビュー:カンボジアナショナルチームコーチの荻原雅斗さん「ソフトテニスを広めたい!」

カンボジアソフトテニスチームは、ソフトテニスの普及・発展のために地方の村長さんに協力をお願いしながら、農村にある学校へソフトテニス部をつくる活動をカンボジア全土で行っています。

もともとカンボジアには存在しなかった日本発祥のソフトテニスというスポーツを、いまカンボジア人たちが自国で根付かせようと頑張っています。

 

今回はそんな農村のソフトテニス部へ指導へ行った時のことを紹介します。

指導の様子については以下の動画で紹介しているので、ご覧いただけますと幸いです。

 

 

 

僕は部活動を終えて最後に子どもたちに、こんな話をしました。

 

________________________________________________________

 

 

みんなは夢を持っていますか?(8割くらいの生徒が挙手)

 

その夢を叶えられると思いますか?

 

みんながそれぞれ持っている夢は叶えられます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

僕はみんなと同じ10歳ごろにソフトテニスに出会い、日本で一番になりたいという夢を持つようになりました。

 

そこから12年間、ずっとその夢に向かって一生懸命頑張った結果、3回日本一になることができました。

 

もちろん、これは僕一人の力ではなく、家族の支えや多くの仲間がいたおかげで夢を叶えることができました。

 

僕は、ソフトテニスと出会って、人生を通して叶えたい夢を持つことができ、それを頑張る中で、同じ夢を持つ仲間に出会いました。

 

今のみんなにとってはソフトテニスは、ただのボールを打つ遊びかもしれません。

 

しかし、ソフトテニスはみんなにとって「大きな夢」や「素晴らしい仲間」を与えてくれます。

 

 

もし、みんながソフトテニスを頑張りたい!もっとサポートしてほしい!と願うのであれば、僕たちはみんなのために、ラケットやボールを支援し、ソフトテニス部の指導にも来ます。

 

僕たちと一緒に大きな夢を描こう。

 

そして、その夢を叶えよう。

 

________________________________________________________

 

ソフトテニスは、スポーツという側面以外にも「人間形成」という部分で、人生を充実させてくれるものだと信じています。

 

日本発祥のスポーツを、カンボジア人の彼らが自国に一生懸命根付かせようとする姿を見て、僕は胸が熱くなりました。

 

そんな彼らの努力や想い、夢を途切れさせないために、現在引き続き新しい目標である1,000,000円に向けてクラウドファンディングに挑戦中です。

 

応援よろしくお願いします!

 

この度、3/17に立ち上げたクラウドファンディングを5日間で目標達成することができました!

Facebook、ツイッター、ブログを通して多くの方にシェア拡散・応援・ご支援いただいたおかげで達成することができましたこと、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました!!!

ここでは、ご支援くださった支援者さまへの今後の対応についてと、今後のクラウドファンディングの流れについて書きます。

 

支援者さまへの今後の対応について
 

 

ご支援くださっている皆さま、この度はカンボジアソフトテニスチームのためにありがとうございました!

ご支援いただいた皆さまには、募集が終わった段階(05/19 23:59予定)でリターンの確認などのご連絡をさせていただく予定ですので、もう少しお待ちいただけますと幸いです。

 

★ご連絡★

6,000円のリターン(カンボジア代表ユニフォーム)をお選びいただいた皆さまには、最後にサイズ確認のご連絡をさせていただきますので、備考欄にサイズ等を書き忘れた方でもそのタイミングで教えていただければ大丈夫です!
 

 

今後のクラウドファンディングの流れ
 

 

皆様の多大なるご支援のおかげで当初の目標であった30万円を達成することができました。

本当にありがとうございます!

 

この金額は決して容易なことではなく、カンボジアソフトテニスチームを応援してくださる皆さまのおかげでここまでくることができました。

 

しかし、まだまだクラウドファンディングを継続していきます。

その理由は、支援額が増えれば増えるほど、日本へ連れていける代表メンバーを増やすことができるからです。

現段階ではまだカンボジア代表メンバーを全員日本へ連れて行くことができないため、代表メンバーを全員日本へ連れていける目標設定に上方修正したいと思います。

 

次の目標は
 

 

正直、最初は1円も入らなかったらどうしよう。。という不安な気持ちでいっぱいでしたが、日ごろからカンボジアチームを応援してくださる皆さまがシェア・応援してくださったおかげで5日間で目標を達成することができました。

達成した瞬間は嬉しいという気持ちと同時に、ソフトテニスを愛する方々の競技の普及・発展への熱い気持ちと、カンボジアチームには応援してくださる仲間がいることを実感しました。

 

そこで、カンボジア代表チームを全員連れていくために必要な金額である、【1,000,000円】を新たな目標として設定したいと思います!

 

目標を達成させていただいたにも関わらず、さらに支援を募るなんて欲張りだ!と言われてしまうかもしれません。

しかし、僕はヘッドコーチの立場として、代表メンバーを全員日本へ連れて行きたいというのが本音です。

 

引き続き応援のシェア・ご支援をよろしくお願い致します!