2022/09/13 14:22
いつもある場所、ずっとずっと残っていてほしい場所
【花岡早織さん 応援メッセージ】

サバイディー、みなさん こんにちは。

クラウドファンディングも5日が経過し、皆さまから続々と来る暖かい応援に、目標達成までの決意を新たにしております。

昨日、そんな応援者のひとり 花岡早織さんがFacebookに素敵な投稿をして下さったので、ご紹介します!花岡さんは、2017年~2019年に青年海外協力隊でラオスに赴任し、活動中 ALC図書館を訪れて下さいました。

**********************

花岡 早織さん

首都での活動中、本屋さんや図書館が極端に少ないこと、本に触れる機会がないことによる諸問題などに思いをめぐらせながら生活していました。

そんな中 訪問したALC図書館。あの木の扉を開いたときの感動といったらなかったです。棚いっぱいに置かれた蔵書たち学校帰りの子どもたちがフラーっと入ってきて、いつもそう、みたいな雰囲気で本を手に取り読む姿。ぜんぶぜんぶ、それまでラオスで目にしたことがない光景でした。

図書館にはラオスの物語も、日本の有名な絵本の翻訳版もありました。日本の絵本を1冊手に取りぱらぱらと開いてみると、人の手によって翻訳シートが貼られていました。

本が1冊、ラオス語に翻訳され、この場所に届くまで、どれだけの時間と労力がかかるか。私は帰国後にそれを知ることになり、当時はよくわかっていなかったけれど、それでも、ALCさんが長年積み上げて来られたものがあることは、ずしりと手に伝わりました。今思い返すと、あれはもっと重いものだったんだなと思います。

ずっとずっと残っていてほしい場所です。

微力ですが活動 心より応援しています。

**********************


花岡さんは、その後 地元 広島のNPO法人と当会を仲介し、核の廃絶と平和を願う絵本『おりづるの旅』をラオスに届ける立役者になってくださいました。

特定非営利活動法人 ANT-Hiroshima サダコの絵本プロジェクト ブログ
https://www.ant-hiroshima.org/blog.php?hdn_cmd=__DETAIL&id=138&lang=jp

ALC図書館は、こうして日本の絵本やそれにかかわる日本の支援者の方々を、ラオスの子ども達と繋ぐ窓口の役割も果たしています。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?