みなさんこんにちは!

学生国際協力団体CUEの八木雄太朗です!


スタディーツアー5日目となった本日は2期生の方々が建設された『シハヌークグラウンド』に訪れました!


シハヌークグラウンドは5年前、シハヌーク中高一貫校に建設されたグラウンドになります!


今回のシハヌークグラウンドで行ったことは主に3つあります!

①シハヌークグラウンドの散策

②校長先生とのヒアリング

③現地の子供達と行うサッカー大会


ではそれぞれについて書いていきたいと思います!!

 


①シハヌークグラウンドの散策について

今回の散策では、校長先生とヒアリングを行う前にグラウンドや学校の様子や課題などをメンバーが把握しておくという目的で行いました!


シハヌークグラウンドはコンポンチャム州で一番大きい学校になります!

学校の中にはグラウンドの他にバレーコートやバスケットボールコートなど子供達がスポーツをする環境が整っていました!


ちなみにシハヌークグラウンドはこのような状態です!

(シハヌークグラウンドの様子)

 

カンボジアの気候が雨季ということで、草が生い茂っていました。

子供達はここでサッカーや体育などを楽しんでいるそうです!


そして、このグラウンドはCUEが建設したグラウンドの中で一番大きいものになります!


このようにグラウンドや学校を散策することで現状や問題点をメンバーで把握していました。

気になったところは写真を撮りヒアリングに備えていました!

(シハヌークグラウンドで管理されているボール)

 

②ヒアリングについて

散策を終えたCUEメンバーは次に校長先生とのヒアリングを行いました。

シハヌークグラウンドは5年前に建設されたグラウンドです。そこからグラウンドを大切に管理をしてくれていました。


今回のヒアリングでは、

これまでのようにCUEが半年に1回ではなく、1年や2年のスパンで訪れることになり、これからは学校で管理してほしい」という趣旨を伝えるという目的がありました!

(校長先生とのヒアリングでの様子)


グラウンドの現状や質問などを終えた後、その趣旨を話しました。


校長先生は「これからはCUEの力を借りずに、自分たちで管理し子供達がスポーツをできる環境を整える」と約束をしてくださいました。


その後、二期生の代表からのメッセージを校長先生に伝えました!

すると、校長先生は目に涙を浮かべながらその話を聞いてくださり、「絶対に良いグラウンドになるよう誓う」と話してくださいました。

 

③現地の子供達と行うサッカー大会について

昼食を取った後、CUEを含め5チームでサッカー大会を行いました!

どの試合も白熱する大会になり、目が離せないものでした。。

 

(現地の子供達とサッカーをしている様子)

 

カンボジアではサッカーが子供達の中で大変人気なスポーツになっています!!!

そのため、現地の子供達は熱心にサッカーや他のチームの試合観戦を楽しんでいました!

心の底から楽しみ一緒に楽しむ姿を見ていると、スポーツは改めて良いものだと感じさせられました!


ちなみにCUEチームの戦績は1勝2敗1分でした。。。

 


サッカー大会を終えた後は、カンボジアの子供達に日本で集めたユニフォームやシャツなどの物資を渡しました!

(日本で集めた物資を配り、子供達と写真撮影をしている様子)


最後はみんなで写真を撮り、グラウンド活動を終えました!

明日は6期生が建設したミエンチェイグラウンドについて書きます!

今後も見ていただけると幸いです!!

 

学生国際協力団体CUE 八木雄太朗