1月27日の滝沢牧場は、場所によって積雪10~15cmほどで、スノーモービルを走らせるのは かえって雪を掘ってしまい地面を露出させてしまう恐れがあるため、犬ぞり用コースを整備することはできませんでした。

ただし、下地の柔らかな牧草地であれば そりを滑らせるのは可能だろうということで、当日朝から予約なしの犬ぞり希望者受け入れを発表しました。

犬力舎では犬ぞり体験初心者の対応をすることになりました。

前日から「できるなら行きます」と予告をしてくださっていたご家族と、当日参加者さんを合わせて、1日で7家族の犬ぞり初心者さんが体験&講習会を受けてくださいました。

皆さんそれぞれ楽しまれ、愛犬との大切な時間を過ごされていました。

体験してくださった方の中には
開催予定だった犬ぞりレースに申し込んでいた方、本クラウドファンディングプロジェクトを知ったことがきっかけでレースの観戦をする予定を立てていた方、県内の雪遊び検索で知って来てみた方・・・ いろいろな人との出会いとなりました。
 もう少し詳しくこの日のことを書いたブログは⇒ 滝沢牧場犬ぞり計画

本来であれば大会で賑わっていたはずの滝沢牧場。
この日はすべてが無計画のことでしたが、少なめでも雪があったおかげで犬ぞりを楽しんでいる人を見ることができたのは、嬉しいことでした。

この日、初心者さんだけでなく 犬ぞりを毎年楽しんでいるチームも来られました。
整備できていない場所を、それでも今日は走りたい!
「自己責任でお願いします」でしたが、経験者ゆえ適度に楽しむのも上手でした。


今シーズンもう少しここで犬ぞりができるよう祈るばかりです。

ここでの画像は昨年のレース会場をドローンで撮影したものです。

2019野辺山高原犬ぞりレース開催予定日は2日後の1月27日でした。
今季の野辺山は異常といえるほど雪が降らず、天気予報でも一定量の積雪が見込めない見通しとなったため、1週間前に「開催中止」の発表をさせていただきました。
本プロジェクトをご覧になって、レース当日の観戦を予定されていた方が中にはいらっしゃったかもしれませんので、ここでお詫び申し上げます。

 発表ブログ残念ですが中止します

中止発表後にも雪は降ってはいるものの、うっすら白くなる程度でそれ以上にはならず、犬ぞりのコースを作れるまでには至っておりません。

大会の開催は断念することになりましたが、十分な雪が積もりさえすれば 遊びに来ていただく人達のためにコース整備にとりかかれるように牧場側では準備できております。

本日、夜中以降も雪の予報で、犬力舎では状況により現地に向かえるよう待機しています。


最終ゴールはここではないのですが、半年間、この大会を見据えて活動してきたことは確かなので 複雑な気持ちではあります。

けれども、クラウドファンディングの活動を通して少しでも犬ぞりのことを知ってくださる人が増え、興味をもっていただけたり、体験してみようと行動してくださる人がいたのであれば、ひとつの成果として「やってよかった」と思えております。

今後も自分たちにできることをやっていけたらと考えます。

大会に関するリターンをお選びの方へは、順次代案をお知らせしていく予定です。
メッセージをお送りましすので、もう少しお待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。

クラウドファンディングにより、念願のスノーモービルを滝沢牧場に届けることができた後、すぐに犬ぞり大会の要項を発表しました。

 ⇒ 内容は 「滝沢牧場のお知らせ」 からダウンロードできます
申込みは年末から徐々に集まっており、今年 新たに犬ぞりにチャレンジしよう!としてくださる方もいることがわかり、大変嬉しく思っています。

大会参加の申込みは 1月16日滝沢牧場着分までとなります。残りわずかなので、もし検討中の方がいらっしゃいましたら急ぎお願いしたいと思います。


しかしながら、今年も積雪の少なさが悩みどころとなっています。

日本海側はいらないくらいの大雪だというのに野辺山は晴天続きで、天気ばかりは私たちはどうすることもできず、雪が降ることを祈りながら大会の準備作業を淡々と進めるばかりです。

そりができる分だけでも雪が降ってくれれば!

*********************************************************
そして、一部の方に大変お待たせしておりました リターンのオリジナルグッズ、最後の一種ができあがりました。
数日内に発送をしますので、よろしくお願いいたします。
これで「品物」のリターンについては履行が終了します。
まだ届かない!という方は無いかと思いますが、もしも上記バッグ以外の品物が届いていない方がいらっしゃいましたら、メッセージ機能で連絡いただけたらと思います。

体験プログラムなどその他のリターンにつきましては、積雪がないとできないものがほとんどです。
大変心苦しいですが、どうか状況をご理解の上、お待ちいただきたいと思います。
お問い合わせについては、出来る限りお答えしたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ご報告です。
12月15日、滝沢牧場にスノーモービルが届きました。
その立会いをしてきました。
走行距離206kmという、ほとんど未使用に近いきれいな中古車です(2006年式です)。
カナダで伐採した木材を引っ張る目的で使われたという車種だそうです。ソリやコース整備の引きものをするので、ここではしっかり活躍してくれると思います。

皆さまのご支援がこのような形に変わって残りました。ありがとうございます。

先週は少量ではありましたが、野辺山では2回の降雪があったそうです。
私が訪れたこの日も1日中気温はマイナス。犬たちの世話のために器に水を入れるとその場で凍っていくという・・・そんな場所です。
これからまた暖かくなる日が来たりするようです。
1ヵ月後、どうなっているでしょうか。

まもなく、1月27日開催の「2019野辺山高原犬ぞりレース」大会要項発表となります。
*****************************************************************************************************

そして、リターンのご用意の方も頑張っています。手作業なのでもう少しお待ちください。
トートバッグの一色が納品遅れています。申し訳ありません。

野辺山犬ぞりプロジェクト、支援募集期間が終了し あっという間に12月になりました。

支援金は目標金額を上回る 712,284円を集めることができました。そこからCAMPFIRE様への手数料と決済手数料が差し引かれ、約59万円がプロジェクトオーナー(犬力舎)の手元に届くことになっております。
リターンのご用意も この資金を使って行います。

現在の進捗をお知らせします。

★ 11月中にスノーモービルの手配を済ませました。
ちょうど使用目的に合った中古品が予算内で見つかり、滝沢牧場への納車は12月15日に決まりました。
プロジェクトの一番の目的でもありましたスノーモービルの購入が叶ったことは、支援者皆さまへの約束が果たせたのでほっとしています。

★ リターンの発送について。
オリジナルグッズは製作中です。皆さまのお手元に12月中にお届けできるよう準備をすすめています。(材料欠品の関係で1月にずれこむことが判明したものがあります。対象の方には11月中にご連絡済みです)
同時に、大会参加をすでにご検討されている皆さまは要項の発表も気になるところだと思います。 要項の内容も鋭意検討中です。決定しましたら、リターンと同梱発送の他に、滝沢牧場ホームページ犬力舎のブログでも発表いたします。


暖かさが気になる日々が続いていましたが、やっと例年通りの冬らしくなってきた今日です。
犬ぞりファンにとっては適度の雪は待ち遠しいです。
野辺山の天気予報にも雪マークがやっと現れてきました。
数10cmの積雪があれば、早速犬ぞりコースの整備にとりかかります。
昨シーズンは大会1週間前まで雪が無いというドキドキの状況を経験しましたが、今シーズンはもう少し早くから 滑れるようになることを祈るばかりです。

犬ぞりだけでなく、スキージョーリングも楽しめますよ!
スキー経験者の方は是非!(ジョーリングベルトのレンタルもあります。スキー板は持参ください)