圧倒的な威厳を放つ北アルプス連峰とその魅力に惹かれ在住する人々の暮らしをテーマに、雪山での滑走シーンをはじめ、雪国のライフスタイルや厳しくも美しい自然の姿を切り取ってきた写真家・古瀬美穂が、15年間撮り貯めた写真の中から選りすぐりの作品を抜粋し1冊にまとめて出版します。雪国白馬の魅力を伝える1冊に!

プロジェクト本文

▼はじめまして、フォトグラファー古瀬美穂です!

長野県白馬村在住の写真家・古瀬美穂です。

雪のほとんど積もらない四国に生まれた私が、スノースポーツに惹かれてカナダに赴き、雪との暮らしを始め、自然からの恩恵を心に感じながらシャッターを切り続けて20年になります。

3000m級の山々がそびえる北アルプスの麓に位置する白馬に移住して15年。ウィンターシーズンだけでなく、この地で自然と共にある暮らしをするうちに、仲間が増え、繋がりが増え、それは次第に海を越えて世界に通じる道になりつつあります。

写真人生の大半を過ごす白馬では、残すべき多くの印象深いシーンに出会いました。そしてそれはいつでも、またとない「一期一会」の瞬間でした。大自然の美しい景色と、プロフェッショナルたちの一身入魂のアクションとの共演の瞬間、 一刻一刻と移りゆく自然の変異を舞台に、私たちが残してきた軌跡を後世に残したい......!そんな想いから、白馬で撮り貯めたフッテージを1冊にまとめた写真集「STAGE」を制作しようと決めました。

雪山と暮らしの近い白馬・小谷エリアは、その環境のおかげもありオリンピック選手やワールドカップを転戦するような凄腕スキーヤー、スノーボーダーを多く輩出してきました。彼らは一線を退いた後も、仲間たちとの共通の遊びとして、ライフスタイルの一部として故郷の山を滑ることを愛してやみません。

また、私のように、雪山を渡り歩いているうちに、このエリアの魅力に惹かれ、国内外から移り住んできた者も多くいます。山に惹かれ、斜面に惹かれ、スキー、スノーボードなどの共通言語を持って集まった者たちはお互いを受け入れ、それぞれの文化や個性を尊重しながらも新しいミックスカルチャーを築いている最中にいます。

この作品集「STAGE」に登場するスキーヤー、スノーボーダーたちは、スキーやスノーボードにかける情熱や滑走レベルこそワールドクラスではありますが、自らのスキルを対外的に発信するような活動にはあまり積極的ではなく、どちらかと言えばローカル色の強い独特の雰囲気を好み貫いているものが多いように思います。急嵯に積もる白い雪を滑ることに焦点を当てて一年を暮らしている人たち。山と暮らしの距離が近いことで自ずと生まれる自然への畏敬の念が「いまを生きる」彼らの活動をさらに引き立てているのかもしれません。

彼らの美しい演舞を目の当たりにし、夢中でシャッターを切り続けた15年間。私が写真家として彼らの活動に魅了されてきたように、私の作品を通じて雪に、山に、街に、そしてスキーやスノーボードに興味を持っていただけたら幸いです。

近年コンテンツのデジタル化がすすむなか、紙媒体の出版は簡単ではありません。ですが、実際に手に取って重みを感じ、1枚1枚ページを手でめくりながらその世界に入り込める写真集にこそ、本質を伝えるパワーが宿っていると私は考えます。

また、情報過多の世の中で生きるみなさまにとって、私が切り取った瞬間の一枚を記憶していただくのは至難の業かもしれませんが、写真集として1冊の書籍となることで、国の国立図書館に納本し、私の死後何100年も大切に保管していただくことが可能になります。

私の写真人生において、そして地域にとって大きな意味のある一冊を作り上げるため、どうかお力添えをお願いいたします。

▼写真集「STAGE」概要

サイズ:240mm×280mm
ページ数:フルカラー256P
使用:ハードカバー
言語:日本語&英語
発行部数(予定): 3,000冊

▼クラウド・ファンディングを利用する理由 

今回クラウド・ファンディングでいただいた資金は、全額写真集の制作費に充てさせていただきます。私は本作品の制作において、大手出版に頼らず、自分たちの手で作り上げ、自分たちの地域から発信するコンテンツ作りにこだわりました。

写真集の制作には編集費、人件費、印刷代、製本代、発送代などのほか、本作にはデジタルカメラ普及前の写真も入れ込むため、フィルムのデータ化などにも費用がかかり、結果として多額の予算が必要になってきます。クラウド・ファンディングを利用して資金を得ることで、発信できず取り残されていたアナログ時代の作品を蘇らせることができます。

また、クラウド・ファンディングをとおして、ウィンタースポーツ業界や地域の枠を越え、多くの方に私たちの活動や白馬の魅力を知っていただけたらと考えています。そう、私の故郷のように雪とは縁のない地域で生活する方々にも、雪国の姿を伝えたいのです。

 

▼これまでの活動

スノーボードに魅了され、滑り、旅を続けるうちにいつしかその形がライフスタイルとなり、写真を残すことがライフワークとなりました。そうして撮影してきた写真の数々は専門雑誌や広告などに掲載されるほか、個展や合同展などにも積極的に参加してきました。

2008年には小谷村ホテルグリーンプラザ内で自身初の個展「MerrySnowman」を、2013年から2015年までは、雪を愛する写真家が集まり東京で開催した合同写真展、東日本大震災支援チャリティ写真展「おれたちに出来ること」に3度参加。

2014年には、活動の転機となったニュージーランドを題材にしたフォトイシュー『SWEET as...』を自費出版しました。家族とともにキャンピングカーでニュージーランドを周遊し、そこで出会った雄大な自然を舞台に繰り広げられる日常と非日常を撮りおろした写真が詰まった一冊。人はあらゆる可能性を秘めていること、視点を変えて様々な角度から物事を見つめて欲しいという思いを、写真と文章で伝え解いています。(仕様/255mm × 255mm オールカラー74貢)

 

 

▼リターンについて

私の作品を中心に、白馬を感じられるリターンを用意しました。

(すべて直筆お礼状付)

① ポストカード8枚セット/3,000円
・御礼メッセージ
・古瀬 美穂オリジナルポストカード8枚セット

② 直筆サイン入り写真集「STAGE」+ポストカード2枚/6,000円
・御礼メッセージ
・古瀬 美穂オリジナルポストカード2枚
・完成写真集を直筆サイン入りで贈呈

③ 直筆サイン入り写真集「STAGE」+「SWEET as...」(各1冊) + ポストカード2枚/10,000円
・御礼メッセージ
・古瀬 美穂オリジナルポストカード2枚
・完成写真集「STAGE」とファースト写真集「SWEET as... 」を直筆サイン入りで贈呈

④ 直筆サイン入り写真集「STAGE」+プロスキーヤー古瀬和哉との1DAYライディングセッション IN 白馬 / 20,000円
・御礼メッセージ
・完成写真集を直筆サイン入りで贈呈
・長野県白馬村のスキー場でプロスキーヤー古瀬和哉との1DAYラィディングセッション
(*日程:2017年1月19日(木)or 2月9日(木)or 3月6日(月)よりお選びください。現地までの交通費、リフト代別途)

⑤ 直筆サイン入り「STAGE」+「STAGE」内お好みの1枚からオリジナルプリント(八つ切りサイズ、額装) / 30,000円
・御礼メッセージ
・完成写真集を直筆サイン入りで贈呈
・写真集「STAGE」の中から八つ切りサイズオリジナルプリント額装付きを直筆サインとエディションナンバー入りで贈呈

⑥「STAGE」1冊+「STAGE」内お好みの1枚からオリジナルプリント(A3サイズ、額装) / 45,000円
・御礼メッセージ
・完成写真集を直筆サイン入りで贈呈
・写真集「STAGE」の中からA3サイズオリジナルプリント額装付きを直筆サインとエディションナンバー入りで贈呈

******************
<古瀬和哉>

1976年生
長野県木曽郡木曽町(旧三岳村)出身

3歳で家の裏の土手でスキーを始めて以来スキーに焦点を定めた人生設計を展開しつつ現在に至る。学生時代は競技スキーに没頭していたが、高校卒業後、夏のニュージーランドでスキーバム生活を通してスキー場以外の天然斜面に出会って以降、スキーの本質を求める旅は続き、北米やニセコ、アラスカなどに広がっていった。2004年から白馬カラースポーツクラブでガイドとしてのキャリアをスタート。スキーヤーとしてスキーのカッコよさを伝える活動とともに、ガイドとして大自然の中での幅広いスキーの楽しみ方を伝える役目を担っている。

日本山岳ガイド協会認定登山ガイドIIスキーガイドII
日本雪崩ネットワークLevel 2

スポンサー:VOLKL, PATAGONIA, DALBELLO, MARKER, SMITH, HESTRA, ELEPHANT, HIKE WAX, COLOR SPORT CLUB

▼最後に……

最後までご覧頂きありがとうございます。
人の心をつき動かすような作品づくりに励ますので、どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします!!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください