◎ はじめに・ご挨拶

 カリー寺住職の中平了悟と申します。兵庫県尼崎市でお寺の住職をしながら、お寺でいくつかの取り組みをしたり、地域社会にいろいろな形で関わらせていただいたりしています。その中の一つが、お寺でカレーを食べながら、地域や、文化・異文化について触れ、地域交流をするという「カリー寺」というイベントです。おかげさまで、盛況に開催を重ねていく中で、地域に染み出し、さまざまなつながりを持つことができるようになってきました。

 その成果と、つながりをさらに地域に還元しようと、昨年(2020年)に「カリー寺基金」というプロジェクトを立ちあげました。今年も引き続き、このプロジェクトを実施し、最終プレゼン大会を開催するにあたってクラウドファンディングでのご協力をお願いすることにいたしました。
 できることであれば、たくさんのみなさんに知っていただき、賛同とご協力をいただきながら、このプロジェクトを実施したいと思っています。

 

◎ カリー寺基金とは?

 「カリー寺基金」は、カリー寺による地域のあらたな企画やチャレンジを応援する、補助金・奨学金のようなチャレンジです。この企画は、カリー寺というイベントと、そこから生まれたレトルトカレーの成果を地域に還元したいという思いから生まれました。具体的には、西正寺を中心に、尼崎という地域で起こる新しい取り組み(楽しい刺激的な企画/取り組み、あるいはだれかの生きやすさ・暮らしやすさを作り出すような企画/取り組み)に対して、カリー寺という取り組みで得られたお金(このクラウドファンディングでの支援も含みます)と、つながり・関係性を通して応援を行ないます。

 大賞10万円特別賞5万円という助成枠を設定しています。書類選考を経て選出されたファイナリストによる最終プレゼン大会(2021年4月24日土曜日実施予定)を実施して、受賞企画を決定します。キン学的な部分のみではなく、選考のプロセスを通じて、人や地域とのつながりを作り出し、育むことも目的にしています。賞金を獲得して終わりではなく、むしろこのプログラムへの応募があたらしい気づきや、関係・つながりのはじまりとなり、展開していくことを期待しています。

 お寺での楽しい取り組みが、地域の新しい発想やアイデア、あるいはつながりを生み出していく。この企画・カリー寺基金が、そんな循環のきっかけになればと思っています。今回のクラウドファンディングでは、その大会の実施と、助成枠の拡大のためのご支援をお願いしています。


【動画】カリー寺基金説明会 「カリー寺基金について」
2021年1月23日に行われた説明会における「カリー寺基金についての説明」の部分です




◎お寺/地域の可能性

 地域コミュニティの変化、人の生活や意識の変化によって、「お寺」はいま存在意義が問われる時代になってきているように感じています。「お寺が地域にある意味とはなんだろう?」「お寺はなにができるんだろう?」、そんな声も聞こえてきます。しかし、カリー寺や西正寺での取り組みの中で感じられたことは、「まだまだお寺には可能性がある」ということでした。お寺には、その場所がもつ可能性や、長い時間の積み重ねのなかで蓄えられてきた人・地域との関係性、そういった蓄えられてきた財産(ソーシャル・キャピタル)があるということでした。

 カリー寺の開催にあたっては、多くのボランティア、檀家さん、町内会をはじめ地域のご理解と協力をいただきました。例年の開催によって、地域のお店や施設とのコラボによる盛り上がり、大勢の人と人とのつながりが生まれてきました。お寺の風景や、地域の関係性にも変化をもたらしてきたように思います。そういった意味で、カリー寺は、お寺の可能性を感じさせてくれる場になりました。
 このつながりを、より広く、より豊かにするためのチャレンジとして「カリー寺基金」があります。


 カリー寺2019の様子は以下のリンクから動画をご覧いただけます。
 https://youtu.be/zrK4V3FtrRQ

◎ 昨年度の成果

 ここで、すでに実施した昨年のカリー寺基金の取り組みから、受賞企画とファイナリストについてご紹介したいと思います。昨年実施したカリー寺基金では、以下の様な企画が受賞/ファイナリストとなりました。

 大 賞:まごころSHOP (株式会社コーディアル 福田惇)
 特別賞:【写真と言葉のフォトブック】プロジェクト (景山幸信)
 特別賞:発達障がいを持つ青少年のクラブ活動 (特定非営利活動法人アスロン 井原一久)
(他、ファイナリスト3組)
 ・chichi cafeプロジェクト (chichi cafeプロジェクト)
 ・あんたのオムツ私がかえたったんやで100人化計画(清田仁之)
 ・コミュニティスペースhinata U25企画
           (NPO法人サニーサイド/コミュニティスペースhinata 前口あかね)

【動画】カリー寺基金説明会 2020年カリー寺基金大賞企画「まごころSHOP」報告
2021年1月23日開催の説明会において、
前年度大賞企画「まごころSHOP」の取り組みについて報告いただいた部分の動画です。


◎ ご支援いただいたお金の使い道

今回のプロジェクト(クラウドファンディング)でご支援いただいたお金は、以下の用途に使わせていただきます。
・カリー寺基金ファイナル(最終プレゼン大会)の開催費用
・カリー寺基金の広報費用(チラシデザイン費/印刷費/他広報に関する費用)
・クラウドファンディングのリターン品に関する費用
 (製作、購入、梱包、発送に関する費用)
・クラウドファンディングに関する費用(主に手数料)
また、支援いただいた額に応じて
・カリー寺基金の賞金の拡大(特別賞の枠の拡大)を行ないます。


◎ 私たちの地域・お寺でおこったいろいろな取り組み

 カリー寺(西正寺)は、兵庫県尼崎市の住宅地にあります。
 近年、この西正寺やお寺の周りでは、地域にかかわるさまざまな取り組みが行われています。

・お寺でカレーを食べながら文化・異文化に親しむ「カリー寺」

カリー寺フェイスブックページ
https://www.facebook.com/currytemple/

カリー寺2019ダイジェスト動画
https://youtu.be/zrK4V3FtrRQ

・お寺に集い、社会課題を語り合う「テラからはじまるこれからのハナシ。」


・着物や職人仕事など、伝統文化に触れ考える「大江戸ブギウギ」(2019年3月)


・しょうがいのある方のヘルパー派遣のNPOが企画する「書道の会」


・無料の「ふるまい」があつめられた「ふるまい市」


・「いのち」をテーマに、被災地を想う「いのちつむぐ芸術祭」


 お寺と地域の人たちがむすびつき、あたらしい取り組みや、それぞれの人生に根ざした企画がもちこまれるようになりました。それぞれの開催にあたっては、地域のみなさんから大変たくさんの応援や、手助けをいただきました。そのほか、尼崎では市内のいろいろなところでみんなのサマーセミナー、ミーツ・ザ・福祉等、活発で勢いのある取り組みがたくさん進められています。

 まだまだ、まだまだ、やれることがあるはず。

 きっかけさえあれば、ずっと温めていた企画やチャレンジをやってみたいと思う人もきっといるはず。そういったまだ形になっていない、あたらしい取り組みを応援すること、今のこの地域ならばそれができるのではないかと思っています。


◎ 2年目のカリー寺基金を開催するにあたって

 このカリー寺基金も2年目を迎えました。地域のつながりや、昨年の受賞者/ファイナリストの協力を得て、この取り組みもバージョンアップしています。このクラウドファンディングでも、その一端をご報告・ご披露していく予定でもあります。
 カリー寺基金は、運営している私たちにとっても挑戦を積み重ねていく試みでもあります。ご支援いただくみなさんにも、ぜひ一緒にこのプロジェクトを作り上げていく仲間になっていただきたいと思っています。

 どうぞ、賛同・応援をよろしくお願いいたします。

 

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/03/07 08:35

    おはようございます。カリー寺基金クラウドファンディングへのご協力ありがとうございます。追加/コラボのリターン企画については、あと少しで公開させていただける見込みです。三月中旬以降は、ラインナップが出そろいますので、お気に入りのリターンがあれば、ぜひご協力をいただけましたらうれしいです。さて、本...

  • 2021/02/28 19:00

    カリー寺住職こと、中平了悟です。クラウドファンディングへのご協力本当にありがとうございます。ひとつひとつのご支援と、コメントをありがたくいただいています。「【コラボリターン企画】 松崎智海さん『だれでもわかる ゆる仏教入門』(著者サイン入り)と、レトルトカレー(1個)をセットでお送りします。」...

  • 2021/02/21 11:58

    こんにちは。住職です。昨日から追加されたリターンの古着屋さん「ふくる」について、紹介されている記事がありましたので、ご紹介します。https://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/ne...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください