弘化元年(1844年)から続く、170年以上続くお店で初代岡田梅次郎から現在、岡田哲生で5代目。

多くの作家や文化人に愛されたおでんの老舗「たこ梅」です。


お店に来られるお客様も、親から子へ、子から孫へと移り変わり気がつくと「日本一古いおでん屋」と言われるようになりました。

初代から受け継いできた味である関東煮(おでん)、たこ甘露煮、上燗酒を大事にし伝え続けてきました。
おでん出汁は170年以上の間、絶えず継ぎ足し。
今現在も、それらは変わらずに提供している、大阪のおでん屋さんです!



コロナで度重なる、時短要請、休業要請、酒類提供禁止などが続き「どうしたらいいんだ、、、」と、自分たちの大変さばかりに目が向いていましたが、

お客さまから「早く美味しいおでんで食べたい」「お店に行きたい」というメッセージをいくつもいくつもいただきます。

その時に気づきました。

お客さんが、戻ってこないんじゃない!
お店に行きたい!でも、出かけづらい、大阪に出張がない。

それだけのお客さんがお店に行きたくても行けないんだ!お客さんの方が、大変なんだ!と


代々続く店の味と共に、お店でのかかわり、ぬくもりをお客さんに届けたい!ひとつの答えを選択する決意をしました。

キッチンカーで「出張おでん屋」をやろう!

お客さんがお店に来られないのであれば、こっちからお店ごと行こう!

そんな挑戦を決意したのです。

お客さんの、あなたの人生を少し豊かにする「たこ梅」の新たなチャレンジ、ぜひ、応援をお願いします。
5代目店主 岡田哲生

スタッフ 谷口(左) 5代目店主 岡田哲生(真ん中) たこ梅本店店長 和田(右) 


今回、たこ梅キッチンカー計画を牽引する「たこ梅 本店」の和田店長が目指すキッチンカー像・・・ 


こんな感じで作りたい!(イメージ図)まずこだわったポイントとして

●お店さながらの「鍋を炊いている姿」を見えるようにして

まるでお店に来ているかのような雰囲気を味わってもらえる設計にする予定です。



そして和田店長の譲れないポイント


●昔から変わらず残る、木造の雰囲気のある本店の外観・・・

「この外観をそのままカーデザインにしたい!」

たこ梅本店 昭和50年代

キッチンカー完成イメージ大阪道頓堀の歴史を長く見守ってきた「たこ梅本店」

その外観を可能な限りカーデザインに落としこみ

「たこ梅本店をそのままキッチンカーにしたい!」



そんなこだわりを実現させるために和田店長の友人でもある

キッチンカー制作をしている「モビマル」の河西さんに相談して

どんなキッチンカーにするのかをじっくり考えています。


そんなイメージを、正式なデザインとして形にし

「早く作りたいなぁ!」とワクワクしています。

左から↑北店安藤店長 ↑モビマル河西さん ↑本店和田店長 

ベースになる予定の参考車体

お店のスタッフさん達「お店の雰囲気も楽しんでくださいね♪」お店と同じ鍋をキッチンカーに設置予定

「お店の雰囲気も味も全部持っていきたい!」

日本一古いおでん屋「たこ梅」の「味と歴史」を全国にお届けする

それが私たちが目指すキッチンカーです。




2,3年すればコロナもさすがに収まっていると思います

そうしたら、キッチンカーはいらない?

いやいや!そういうわけじゃないんです!

たこ梅キッチンカーは、お客さんに新たな楽しみを生み出してくれるのです



例えば想像してみてください。



秋の紅葉秋の紅葉


秋には、キッチンカーを紅葉のきれいなスポットに止めて

そこで、紅葉を愛でながら「秋が旬のおでん」を楽しんでもらったり

筍のおでん(関東煮)


ふきのおでん(関東煮)




雪景色雪景色




冬には雪景色の中で・・・

出汁がたっぷり浸み込んだ「聖護院大根」を食べてとろけてもらいたい。





甘くて苦味も少なく、柔らかさが特徴の「聖護院大根」

たこ梅はそれを、「とろけるような柔らかさ」になるまで煮込みます。


満開の菜の花畑満開の菜の花畑



新春には菜の花畑のわきにキッチンカー

その春の香りにつつまれながら、その土地ならではの「地酒」を味わうのも良いですね。




春の香りと共に楽しむ日本酒



桜がきれに咲き誇っています桜がきれいに咲き誇っています


そして春には、満開の、あるいは、はらはらと桜がこぼれる中で

おでん(関東煮)とたこの甘露煮、上燗酒でお花見を楽しむ。





もちろんお店はお店の楽しみがありますが、キッチンカーがあれば

いままでお店では味わえなかった楽しみを創り出すことが出来るのです。


外で、「自然や季節のいろどりを感じながら味わう」こんなことができたら、、、


キッチンカーで只、おでんを食べてもらうだけでなく

「お客さんに新たな楽しみを生み出し届けたい。」

「たこ梅キッチンカー計画」ではそんな思いも秘めています。


出張おでん屋に蔵開きに来た方々が並んでくれていますたこ梅の出張おでん屋!蔵開きに来た方々が並んでくれています

2019年にたこ梅初の出張営業で、白鹿さんの蔵開きイベントにて出店。

その次の年の2020年にも出店させて頂きました。


蔵開きでおでん(関東煮)をお出ししています蔵開きでおでん(関東煮)をお出ししています



ただ、出張おでん屋となると

材料だけではなく、鍋やコンロなどの機材も準備して積み込み設営・・・となかなか大がかりです。



このとき、キッチンカーがあったら、材料を積み込むだけでそのまま移動できて

到着したらすぐに店開くことができる!

フットワークが軽くなり、出張おでん屋のハードルがかなり下がります!


「出張おでん屋できへんか?」というお声にレスポンスよく応えることが可能に。


例えば

会社での催事やパーティー、社員さんの慰労はもちろん、仲間同士のパーティーや家族や親せきが集うときにもお邪魔できるようになります


ここでも、新たな楽しみをお客さんにお届けできると思うのです!



特定非営利活動法人 
創作和太鼓集団「打鼓音」代表 
渡邊晃伸 様より

私たち全国を走り回る和太鼓の団体「打鼓音」はこの10年以上大阪にくれば必ずたこ梅さんに来るのを楽しみにしています。

オールシーズン「おでん」の味に魅せられ、唯一の楽しみに訪問させていただいています。店長をはじめスタッフも人柄がよく、笑顔で楽しい時間を過ごせる最高な場所です。これまでに和太鼓のコンテストが埼玉で開催され、優勝してそのまま大阪まで走り、たこ梅さんで打ち上げをしたこともありました。とにかくご縁の深い、打鼓音の愛する味と場所です。打ち上げで駆けつけてくれた打鼓音の皆様。

「打鼓音」代表 渡邊 晃伸 様

星槎グループで活動し和太鼓を始める。高校和太鼓部響の卒業生等と打鼓音を立ち上げる。演奏・作曲・演出・デザインと様々な分野で活躍。これまでに数々のコンテストでの受賞を受けている。


日本プロ麻雀連盟29期生関西本部(4段)
麻雀&bar「ohana」店主  
稲岡 ミカ 様より

たこ梅さんのおすすめの点!なんといってもどの季節に食べても美味しいおでんです!

「おでん」といえば皆さんのイメージはやっぱり冬だと思うのですが、驚くことなかれ!
どの季節にお食事に行っても、満足のできる季節ものもありいつも最高のラインナップです!

そしてお店の方の気配りも素晴らしいです♪

ついつい足を運んでしまう理由は、ここにもあるかもしれません!ぜひ皆様食べてみてください♬

プロ雀士 稲岡 ミカ 様


日本プロ麻雀連盟29期生関西本部(4段)であり、大阪梅田にある麻雀&bar「ohana」店主。(お店の住所:大阪市北区小松原町1-7ミスターりんビル5階)




元プロ野球選手(近鉄バッファローズ) 
現、健康麻雀講師 
加藤哲郎 様より

大阪らしいといえば大阪らしい、大阪らしくないといえばらしくない。
店はコテコテでも味はコテコテとちゃうな。
上品な味付けが俺にピッタリやな。
店主が客と競輪と麻雀の話に没頭、「むこうのお客さん大丈夫か?」
こっちが気ぃ遣うで、と思うが、意外とそれが気遣い?

女子だけ、カップル、オッさん同士、積もる話もあるわなぁ。
本題に入ると、味は今更言うまでもないわな。

まぁタコ甘露煮と鯨すじネギ袋食うたら「たこ梅」の虜。
大阪道頓堀の大人の社交場へ来てみまへんか?元プロ野球選手 加藤哲郎 様

1994年にプロ野球選手を引退。今は、「賭けない、酒を飲まない、タバコを吸わない」という「健康麻雀」の講師をしている。


実施スケジュール

10月27日  クラウドファンディング開始
12月19日  クラウドファンディング終了
2月以降 リターン発送開始


集まった費用の使い道

キッチンカー車両購入費用

キッチンカー全国行脚費用

全国営業許可証取得費用

クラウドファンディングページ作成費用

リターン品の製造・発送費用

CAMPFIRE手数料

たこ梅本店 店長:和田訓行より

170年以上続くおでん屋「たこ梅」ですがコロナ禍になったことで世の中が代わり、

まともに営業できない日が、10か月以上も続きました。

お客さんも出張がなくなったり、テレワークも増えた影響で、顔を見かけなくなった常連さんも多くいらっしゃいます。

「このままでは、たこ梅170年以上の歴史にピリオドを打つかもしれない・・・」

しかし常連さん達は、

「また来るで!」

「やっぱりお店の雰囲気を味わいたいなぁ」

「早くお店で飲みたいわぁ」

「次はいつ営業できるん?」


とたくさん応援メッセージを届けてくれます。

そんな応援に応えたい!感謝を伝えたい!

「待ってるだけじゃ伝わらないから」

「じゃあこっちからキッチンカーでいこう!」

「お店の雰囲気も味も全部持っていくで!!」


キッチンカーを使って「日本一古いおでん屋」を伝える。新たな土地で「たこ梅」を知ってもらう。絶えず継ぎ足してきた、おでん出汁の「歴史と味」を全国に届けて味わってもらう。そのために、皆さんの応援をお待ちしております!!

たこ梅本店 店長 和田訓行


実行者紹介_有限会社たこ梅

現在は大阪に3店舗

道頓堀 本店 :大阪市中央区道頓堀1-1-8
新梅田食道街 北店:大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街1F
新梅田食道街 分店:大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F
お店情報はこちらから:https://takoume.jp/store


そして通販でも美味しいおでんを取り扱っております。
お取り寄せサイト:https://www.takoume.com/
有限会社たこ梅 
〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3丁目17−8 た古梅難波事務所
店舗公式サイトhttps://takoume.jp
ページ制作サポート:株式会社パーシヴァル

  • 2021/11/17 18:00

    こんばんは!たこ梅クラファン担当たにぐちです!(^^)/毎朝、コーヒーを豆から挽いて楽しむのにハマっていますお気に入りの豆は・マイルドカルディ・無印良品のダークなんですが・・・なんと今朝コーヒーミルが壊れてしまいました( ;∀;)「コーヒー飲まれへんやん!!!」ということでさっそく仕事帰りに梅...

  • 2021/11/07 17:09

    こんばんは!たこ梅のクラファン担当 谷口です!先日、大阪道頓堀にある「たこ梅 本店」にてひさびさに出勤してきました!怖・・じゃなくて”やさしい”先輩に見守られながら働いています('Д')営業中のお店で働くのは久々だったので、テンションも上がり常連さんや、初めてたこ梅を訪れたというお客さん達と、...

  • 2021/11/03 18:00

    こんばんは!日本一古いおでん屋 たこ梅です!10/29~スタートした「たこ梅キッチンカー計画」ですがさっそく支援して頂いた皆様、本当にありがとうございます!暖かい応援コメントも書いていただき嬉しい限りです( ;∀;)キッチンカーをメインで進めていく 本店和田店長も気合が入っております!和田店長...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください