皆のアイデアで一つの村を作る”あの村”では、家、薪ストーブ、トイレ、団らんの場など、色々なものが完成して揃ってきました。しかし、まだ大きな仕事が残っています。それは【風呂作り】!大自然を感じる露天風呂を作って、いつでも最高の気分で暖まれるようになりたいのです!

プロジェクト本文

 
皆さんこんにちは。”あの村”(https://anomura.jp )というサービスをやっております。村長の堀元と申します。

”あの村”とは何かといいますと、世界初の月額会員制村作りサービスです。

有りていに言うと、「DASH村みたいな体験があなたもできちゃうよ!」というサービスになります。

村民(会員)になると、365日いつでも遊びに来て、村作りができる、というものです。 

(より詳しい情報を知りたい方は、あの村公式サイトへどうぞ!)

 

2017年7月に正式オープンしまして、今はサービス開始から5ヶ月ほどが経過した時期になります。

村長の僕は、正式オープンと同時にあの村に住み始めたので、住みはじめて5ヶ月でもあります。

そんなあの村では、村民が日々やりたいことを色々と持ち寄ってきて、作りたいものをガンガン作ったり、ときに自然と戯れたりしています。

 

こちらは物置小屋を作っている村民の様子。自分たちで設計図から作り、構想をゼロから練るところから始めていました。

 

こちらは、ツリーハウスを作った時の様子です。

木の様子に合わせて柔軟に設計を変更しつつ、意見を出し合って理想のツリーハウスを追求しました。

 

このように、あの村では、毎日のように多くの新しい挑戦が行われています。

村民の皆様は「村作り」という新しい娯楽を、日々楽しんでいます。

 

 

インフラもないゼロからの村作りだったので、最初はこんな様子でした。

(最初は完全にただの竹林です。こんな感じのザ・自然が1400坪広がっていました) 

 

さて、あの村もそんな村民達の努力のお陰で、だいぶ村らしくなってきました。

  

家もでき…

 

ツリーハウスもでき…

 

レンガ作りの調理台を囲んで、はしゃぐこともできちゃいます。

 

そんなこんなで、とても順調かつ楽しく村作りが進んでいるのですが……一つだけ問題があります

 

あの村の最大の問題。それは、風呂がないこと!!

そう、あの村には未だお風呂がないのです!

 

そんなことってあっていいのか…?

「お風呂」すらないって…村って言えないだろ…。

風呂が欲しい…!どんなものでもいいから、風呂が欲しい…!

願わくば、竹のざわめきと星のきらめきが感じられる、素敵な露天風呂が欲しい…!!

そう!こんな感じの…!!

 

ということでですね、茶番をお見せして申し訳なかったんですが、我々はお風呂が欲しいのです。

あの村では頻繁にワークショップをやるのですが、しょっちゅう「お風呂はありますか?」と聞かれます。

その問い合わせの度に「あ、ありません…!水シャワーなら浴びられます」という答えを送るのは大変つらいものがあります。夏ならともかく、この季節に水シャワー浴びたら死んじゃうよ

 

もう一人の常駐スタッフのゴリくんもお風呂が欲しすぎて、よくこういう顔になっています。

 

 

皆さん、どうか風呂が欲しい僕たちを救ってください!

今回のクラウドファンディングでは、お風呂を作るための費用を集めさせて頂きます!

風呂がない絶望の表情が僕たちの顔に固定されないように、どうかご協力をよろしくお願いします。

あ、ちなみに、上のイメージ図では省略しましたが、当然ながら脱衣場と、お風呂の目隠しになる壁も一緒に作ります。女性も安心して入浴頂けます。

 

実は以前も、風呂作りに挑戦したことはありました。

地面に2つの穴を掘り、片方で火を焚いてお湯を沸かし、対流で流し込むという設計にしました。

イメージはこんな感じです。

 

しかし、この設計だと、温かい風呂にするまで2時間かかりましたし、とても実用に耐えうるものではなく、廃棄されてしまいました。

 

結果、ただ僕がハシャいだだけという地獄のようなトライアルでした。画が汚い。

 

ということで、風呂作りは挫折し、そのままになっていました。

僕たちは、頻繁に近隣の銭湯や温泉に入りに行ってました。

結果、付近の入浴施設に異常に詳しくなるという副産物を得ました。千葉県南房総のオススメ温泉を知りたい方は是非僕たちにお声がけください。

 

これまであの村には、のべ300人以上の人が訪れました。

 

イベントだけでも、ガチ企画からユルい遊びまで様々なものを行ってきました。

二泊三日でゼロから家を建てるというガチ企画や……

 

クリスマスパーティーのような、完全な遊び系のものや……

 

巨大キャンプファイヤーのような自然満喫系まで、多種多様な企画を行ってきました。

 

また、これらの、僕たち運営スタッフが用意した企画とは全く別に、村民が自主的に行ったプロジェクトも多岐にわたります。

こちらは、村民がティピー(ネイティブ・インディアンのテント。中で焚き火ができる)を作っているところです。

彼は、冬キャンプはティピーの中で焚き火をしたい!という願望があったそうで、どうしても作りたかったそうです。

自分でゼロから設計し、布を発注し、布をミシンで縫い合わせて、竹を切って骨組みを作っていました。

 

こんな風に、数え切れないほど多くの人に関わってもらい、数え切れないほど多くの夢や挑戦を越えて、今のあの村ができました。

以下、印象的な大きなできごとだけを抜き出して、年表にしてみました。

 

2016年6月:あの村プロジェクト開始。開拓ワークショップ実施。

2017年1月:鶏丸焼きワークショップ実施。

2017年4月:あの村スタートのためのクラウドファンディングを実施。150万円以上を調達。

2017年5月:ゼロから家を建てるワークショップ実施。一軒目の家ができる。

2017年6月:風呂を作るワークショップ実施。風呂が一応できたものの、それ以降使われない。

2017年7月:サービスとしての”あの村”正式オープン

2017年8月:あの村オープンパーティ。村民が自主的に作り始めた「多目的小屋プロジェクト」開始。

2017年9月:村民が自主的に竹林を開拓、畑を作るプロジェクト開始。ツリーハウス制作ワークショップ実施。

2017年11月:家作りワークショップ実施。二軒目の家ができる。

 

ご支援頂いたお金は、風呂作りに使わせて頂きます。

・お風呂の上下水道整備…20万円

・耐火モルタル、耐火レンガ、岩など浴槽周り…15万円

・脱衣所としての小屋、お風呂の周りの目隠し壁など建物関係…25万円

これに、CAMPFIREの手数料を考慮して、70万円という目標額にさせて頂きました!

 

☆露天風呂作りワークショップ参加権利(9,000円)

2月10日〜12日(三連休)の風呂作りワークショップにご参加頂けます。

※三日間通しての参加になります。交通費別。

もちろん、作ったお風呂に入ることもできます!

あの村のワークショップは【協力】と【自由さ】をウリにしておりまして、毎回、参加者は皆とても仲良くなって帰ります。

何しろ1400坪の土地を自由に動き回れますので、参加者は皆テンションが上がって好き勝手にいろんなことをやり始めます。

ツリーハウスを作るワークショップなのに、なぜか笛を作り始めたりします。

こんな感じで、あなたの創造性を全力で発揮して、居合わせた人たちと劇的に盛り上がれるのが、あの村のワークショップの良さです。

僕たちと一緒にお風呂を作って、最高の思い出にしませんか?

 

☆これがホントの一番風呂!【最初の入浴者】権利!(5万円・1名様限定)

新しく作ったお風呂に一番最初に入れる権利になります。村で一番偉い人になった気分が味わえます

※2月10日〜12日の、風呂作りワークショップへの参加権利を兼ねます

※上記のワークショップ終了後、最初にお風呂に入る権利です。ワークショップへの参加ができない場合、最初の入浴者になる権利は失効しますのでお気をつけください。

 

☆あの村でグランピング!ベルテント宿泊権利+入浴権利(7000円)

ここ数年、すっかり注目されているアウトドアの新しいカタチ【グランピング】を、あの村で味わえちゃいます!

煙突が出てるのが見えるでしょうか?テントの中には薪ストーブを設置しておりまして、冬でも暖かく快適にキャンプが楽しめます!

 

薪ストーブの暖かさを存分に味わいながら、薪の火で沸かすコーヒーの美味しさに震えてみてはいかがですか?

 

そしてもちろん、作ったお風呂に入ることもできちゃいます!あの村の環境と自然を存分に味わい倒してください!

※日程は自由。クラウドファンディング終了後に調整。

 

☆【朝イチ風呂】&宿泊体験セット!(12,000円)

新しく作ったお風呂に朝イチバンで入れる権利になります。朝焼けを見ながらお風呂に入るという最高の贅沢が味わえます。

※上記の宿泊権利を兼ねます。

※日程は自由。クラウドファンディング終了後に調整。

 

☆あの村オリジナルつなぎプレゼント!(7,500円)

完全限定販売のファングッズ「あの村オリジナルつなぎ」をお送りします。

全21色、サイズもS〜LLまでご選択頂けます。

※仕入れた70枚の在庫内からの販売となりますので、一部のサイズと色は売り切れている可能性がございます。ご了承ください。

※備考欄にご希望の色とサイズをご記入の上、ご支援ください。なお、現在の在庫は以下のURLからご確認頂けます。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1fAQuX30lvdi6q11CRE-X-W_dzVxq_STbC7rOCE2kL3I/edit?usp=sharing

 

☆日帰り入浴権利+ あの村オリジナルステッカー(5,000円)

あの村まで日帰りで遊びに来てください!焚火で作るホットサンドを食べたり、お風呂に入ったり…と、あの村の暮らしを体験してもらい、作ったお風呂に入って頂けます。

また、その際にあの村のオリジナルステッカーをお渡しします。

 

☆半年村民権(32,000円)

半年間、あの村の村民になれちゃいます!

あの村の村民税は、基本料金が月額6200円ですので、半年分は、6200×6=3万7200円となります。

5000円以上オトクにあの村の村民になれちゃうチャンスです。

村民になると、こんな感じで非公開のFacebookグループに参加できて…

あなたの好きなことを投稿し、あなたの好きなように村作りを進行させられます!

あなたの「やってみたい!」を実行するのに、あの村の環境が最高であることを保証します。

是非、僕たちと一緒に村作りをして、かけがえのない経験を作りましょう!

 

☆地名決定権(5万円・6名限定)

あの村のおよその地図は、以下のようになります。

 

この土地の、平野(×2)、竹林、沼地、川(×2)の名前を付ける権利です。

あなたのお好きな名前で、あの村の地図にも載りますし、村民は皆その場所をその名前で呼びます。

合計6箇所の名前を付ける権利を差し上げますので、6名様までとさせて頂きます。

また、公序良俗に反する名前や極端に呼びにくい名前等はお断りさせて頂く場合がございますのでご了承下さい。

 

堀元 見

村長。1992年生まれ。沖縄生まれ北海道育ち。

慶應義塾大学理工学部卒。2016年に大学卒業後、就職せずにフリーランスになり、遊び作りをして生計を立てることを決意。

昨年一年を通して大小30以上の遊び企画を実施する中で、創造性を発揮できる「生産する娯楽」こそが最高の娯楽だと確信。

その後、生産の宝庫である村作りを娯楽として行う試みを開始。あの村プロジェクト立ち上げに至る。

夢は「娯楽界に革命を起こすこと」。

好きなお風呂は川が見える熱めの露天風呂

twitter:@kenhori2

Facebook:堀元 見

ブログ:こっちは遊びでやってんだよ!

 

 

赤木 勇極(ゴリ)

1992年生まれ。Webデザイナーになるべく北海道から上京するも、あの村にツリーハウスを建てたいという思いだけでプロジェクトに参画した。現在はあの村に住み込み、DIY関連の大工仕事を行なっている。

様々なスキルを高めることを生きがいとしていて、元本職であるWebデザインの他、DIY、料理、ダンス、音楽、グラフィック、サバイバル、各種パフォーマンスなど、あらゆることに精通しており、最近はマジックを練習している。

無類のチョコとコーヒー好き。猫派。

 

”現代には本当の娯楽が少ない”。これが僕がいつも感じていることです。

本当の娯楽は、”創造性を発揮して、究極の達成感を得ること”だと思っています。

一生懸命工夫したり、仲間と協力して何かを完成させたりする過程こそが、そして終わった時の達成感こそが、本当の娯楽だと思っています。

日々新しい娯楽は生まれて消えてを繰り返していますが、 本当に楽しくて普遍的な娯楽はなくなりません。

”あの村”は、そんな普遍的な娯楽としての村作りを、皆さんに提供し続けていきます。

 

そのためにも、風呂がなくて僕たちの心が折れそうという問題は早急に解決される必要があると考えます。

皆さんのご支援によって、心が温まるばかりか身体まで物理的に温まることができますので、是非ご支援をよろしくお願い致します。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

何かご不明点などありましたら、こちらから堀元までお気軽にご連絡ください!

 


※当プロジェクトは日本テレビ等に関係はありません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください