アラを使った新商品で福島から循環型の水産業を発信したい

皆さんはじめまして。いわき市の老舗鮮魚店「おのざき」の四代目小野崎雄一です。持続的な循環型社会を目指し、鮮魚店から大量に生まれる「魚のアラ※」を活用した新しい商品づくりのプロジェクトを始めました。商品化にあたり、皆さんからご支援をいただきたく、今回クラウドファンディングにチャレンジしました。よろしくお願いいたします。

※魚を2枚、3枚おろしなどにした後に残る、頭、中骨、かま(頭の下のえらからひれにかけての部分)、尾などのこと。骨付きで旨味が多い部位。



<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


改めまして、老舗鮮魚店「おのざき」の四代目、小野崎雄一です。6年過ごした東京からUターンし、2020年1月に家業に入りました。外の世界から水産業界に入ってみて、改めて感じたことがあります。それは、魚屋からは大量の「アラ」が出るということです。

弊社は、鮮魚店だけでなく、寿司屋や食堂といった飲食店も2店舗運営しており、日々大量の魚をさばいていて、とにかくアラが出てきます。これまでは、そのほとんどをお金を払って捨てていました。あまりにもモノの流れが一方的で、時代に反して循環的なものになっていないな、と感じています。

この問題は、弊社に限った話ではありません。漁業は、そもそもが「獲れた魚を獲れた分だけ売る」という業態です。計画的な水揚げも難しく、獲れすぎて売れ残ったものはそのまま廃棄されていました。弊社の課題は水産業の課題そのものだったわけです。大量の食品ロスは、SGDsの観点から見ても持続性に欠けますし、なんとかできないものかなと、もどかしく感じていました。


どうしても出てしまう「アラ」を主役にしたいと考えています

こちらがアラ。日々大量に出てきます

そこで考えついたアイデアがアラの商品化です。ひとつは、アラや内臓、骨を瞬間冷凍して粉末にし、だし製品として販売するアイデア。もうひとつが、県内で廃棄されている規格外の野菜とアラを合わせたアラ汁を商品化するアイデアです。どちらも循環型社会に適応した商品であり、福島から新しいビジネスモデルを提示することにもつながります。

私を中心に、これまで商品化に向けてリサーチを続けてきましたが、壁にぶち当たっています。瞬間冷凍したアラを粉砕して粉にする「粉末機」や、商品をパッケージに詰める「包装機」を新たに購入する必要がでてきました。そこで、皆さんからのご支援を募り、機械の購入代金やパッケージの制作費に当てさせていただければと考えております。ご支援、よろしくお願いします。


おのざきの歴史

具体的な計画をお知らせする前に、まずは、私たち「おのざき」について説明いたします。おのざきは1923年に創業されました。その後1955年に、祖父にあたる小野崎英雄が引き継ぎ、その後の1973年に法人化されました。町の魚屋として、鮮魚や刺身、干物、煮魚などを販売してまいりまして、現在は、4つの鮮魚店と、「潮目食堂」、「海鮮寿司おのざき」の2つの飲食店を経営しています。

4つの店舗を持つ鮮魚店というのは東北地方でも珍しく、売上ベースで言えば東北の鮮魚店のなかで2番目売り場面積でいえば東北一の規模です。いわきの水産業、台所を支える魚屋として、地元の「常磐もの」の魚のおいしさを伝えるべく、社員一同、品揃えとたしかな技術の提供を第一に、お店を運営してきました。


おのざき平店が入っている平のやっちゃば

平店内。オープン直後からお客様がいらっしゃいます

現場業務を学ぶため、ラトブ店の店長も経営業務の傍らで兼任しています

2つある飲食店の経営にも力を入れています。私が実家に戻ってきたのに合わせ、妻も東京からIターンして私と二人三脚で働くことになりました。

妻の提案で、寿司おのざきでは、より地元感、いわきの良さを打ち出すことにしました。寿司の盛り合わせに使うお皿を、いわきの粘土でしか出せない常磐ブルーの「常磐白水焼」に変えたり、いわき市を代表する魚・めひかりの握りを塩で食べる食体験を代表メニューにしたりしました。おかげさまで多くの方に、私たちの料理をご賞味いただいています。


妻と二人三脚でアイデアを出したり、販売の企画などを考えています

寿司おのざきで提供される握り。常磐ブルーの美しい常磐白水焼の皿に盛りつけます

私には姉が二人おりますが、小さな頃から母に「いずれはあなたが会社を継ぐんだ」と言われていました。自分はいつか魚屋を継ぐんだろうなと思ってきましたが、若いうちに自分で起業したくて、もともとは海沿いの街・小名浜で台湾スイーツとカレーの店を開くつもりだったんです。

ところが、開業準備の真っただ中で、父に「会社がピンチだから戻ってこい」と言われました。突然家業に入社せざるを得ない状況になったことに戸惑いもありましたが、断腸の思いで開業準備をしてきた店を投げ出し、目の前に困っている人がいるのなら、という想いで流れに身を任せ、家業に入社することにしました。

家業の魚屋に入り、老舗企業ならではの様々な課題が山積していることに驚きました。それだけでなく、福島の水産業に対しての課題にも気づかされました。これらの課題に対して、自分が早めに課題解決に向けて着手しないといけないな自分の代でこれらの課題をクリアしなければと、そんな強い社会的使命感を覚えるようになりました。


こちらが一号店の様子

     現会長・小野崎英雄と妻・晟子の人情溢れる接客に多くのお客様が殺到した現会長・小野崎英雄と妻・晟子の人情溢れる接客に多くのお客様が殺到した


それぞれの課題

私たちの前には、大きな課題が3つあります。ひとつは水産業全体の問題です。先ほども紹介したように、水産業はこれまで循環を意識してきませんでした。ただただ一方通行の「獲れば獲っただけ」というスタイルで安売りを続けてきてしまったことで、漁業資源の正しい活用、分配が行われず、全国的な漁業資源の枯渇という問題にも見舞われ、それを長期化させてきたように思います。

じつは、世界では、この数十年で魚の生産量は2倍に増えました。一方、日本の魚の生産量は、この数十年で半分になってしまっているんです。生産量だけではなく、消費量も減り、かといって魚の値段が上がっているわけではありませんので、業界全体が地盤沈下してしまったようなかたちです。世界では水産が盛り上がっている一方で、古来から魚を食べてきた島国・日本の水産業は衰退している。このギャップを埋めなければなりません。

2つ目の課題が、私たちおのざきの課題です。自店舗での販売に重きを置きすぎてしまい、時代のニーズにあったオンライン販売や、卸売り販売を拡大することができておりませんでした。販売する商品も、鮮魚や干物、煮魚などがほとんどで、時代の変化にマッチしていません。オンライン販売や卸売り販売を拡大するためには、鮮魚・干物だけではなく、循環型社会に対応するオリジナル商品を開発することが初手として必要だと考えております。


いわき市の漁業の中心のひとつ、小名浜漁港

小名浜港に水揚げされるカツオ

そして3つ目の課題が、福島の水産業が抱える課題です。原発事故により、漁業の形態、水揚げなどが大幅に制限されただけでなく、賠償金など恵まれた金銭的支援を受け取ることで、かえって自立の機会を失ってしまったように感じています。自力で立て直せるような新しいビジネスモデルを確立するということができていません。これが3つ目の課題です。

これらの課題を解決するには、持続可能な漁業、水産業のあり方を現場から示していくことだと思っています。私たちの代で資源を食い尽くすのではなく、次の世代、さらに次の世代を見据え、漁業資源を守りながら持続可能なビジネスモデルを確立しなければなりません。そんな問題意識から「アラを使った商品化」というアイデアが生まれました。


新しい船出のカギを握る「アラ」

アラを使った新商品開発として、まず予定しているのが「だし製品」の開発です。アラや骨、内臓を急速冷凍し、それを粉砕して「だし」を作ろうというものです。普段のお料理などに使っていただくだけでなく、ラーメン店をはじめとする飲食店などでも使っていただくことで消費を増やせれば、その分、循環型の水産業が根づいたことになります

もうひとつが、「アラ汁」です。いわきは漁業だけでなく農業も盛んで、特に夏になると野菜が取れ過ぎてしまったり、廃棄処分になったりしています。そうした野菜をアラを組み合わせ、アラ汁を商品化できないかと考えています。おいしさだけでなく、環境に対するメッセージを発信することにもつながるはずですし、栄養成分を意識し完全栄養食として商品化できれば、忙しいビジネスパーソンや、栄養が足りなくなりがちな高齢者にも使ってもらえるのではないか、と考えました。

そしてなにより、環境に配慮した循環型の商品は、原発事故を経験し、多くの皆さんからのご支援をいただいた福島県の水産業だからこそ取り組むべき新しいビジネモデルだと感じます。一旦は環境を深く傷つけられたからこそ、回復した豊かな海を、大切に引き継いでいきたいと思いますし、環境に配慮した循環型の商品を作ることは、福島県の水産業者の責任だとも感じています。


いわき中央卸売市場でのセリ。資源に限りのあるものを扱うからこそ持続性が求められます

資源量の豊富な魚種を見極めながら魚を仕入れています

循環型の社会にしていくためには、アイデアや理念を、広く消費者に訴えていくチャンネルも必要です。私たち鮮魚店も、単に商品を販売するだけでなく、自社で製造し、付加価値をつけ、ストーリーとして伝えていく必要が出てくるということです。製造業・販売業ではなく、いわば「情報発信製造小売業」へと変化していくことが求められていると感じます。

一方、今回のプロジェクトで新たな設備投資が必要になってきました。購入を考えているのが新たな包装機粉末機(60万円ほど)の購入です。また、商品に込められた理念や、商品の魅力をパッケージに落とし込む必要があり、みなさからのご支援をデザイン費や資材費(20万円)にも回したいと思っています。支援金の使い道とスケジュールは、以下のように考えています。

支援金の使いみち 合計100万円
 包装機、粉末機など設備投資 60万円
 包装デザイン、包装資材購入費 20万円
 ブランディング、情報発信などの経費 20万円

大まかなスケジュール
 2022年1月  商品開発をスタート
 2022年3月  クラウドファンディング終了
 2022年4月  プロタイプの完成、さらなる磨き上げ
 2022年5月  商品の本格リリース


リターンについて

ご支援いただきました皆さんには、アラだしのプロトタイプや、既存の商品の詰め合わせ商品券定期便のようなサブスクリプションのようなサービスも組み込みました。また、弊社で使っているジャンパーやエプロンなどのグッズも取り入れてみました。実用的なものですので、ぜひ着用いただき、おのざきファミリーの一員になっていただければと思います。

課題だらけの水産業ですが、下ばかりを向いているわけにはいきません。今回のプロジェクトを皮切りに、これまで以上に、いわきの皆さん、県外の皆さんにいわきの水産品の魅力をお伝えしてまいりたいと思います。今回のプロジェクトは、都内に拠点を置く合同会社YOBOSHIさんと合同で進めています。東京と地方の人材の交流や発信などにも力を入れてまいりますので、ご支援、よろしくお願いいたします!


【合同会社YOBOSHIとは?】

私たちは、地方企業と人材の想いを繋ぎ、本質的な価値を追求する為に伴走するスローコーディネーター集団です。大量な消費社会における効率性。ファストフード、ファストファッションは私たちに幸せをもたらしたのでしょうか?地域での複業がトレンドになりつつある今、私たちはあえて立ち止まりたいと考えております。非効率の中にある効率こそが、地域における複業に求められられていると考えています。地域に効率よく 複業人材を提供する仲介業者をコーディネーターと仮定するとした場合、私たちは地域の本質的価値を追求する為に伴走するスローコーディネーターとして、安易に効率性を求めず持続可能な資産を地域に残すことを目指します。

この度はおのざきさんの循環型プロジェクトの企画、実行を担っております。どうぞ応援をよろしくお願いいたします!(合同会社YOBOSHI代表:神谷哲治 WEBサイト:https://www.yoboshi.co.jp/


【企業・ひと・技 応援ファンドとは?】

いわき市、いわき産学官ネットワーク、いわき信用組合、いわき商工会議所などが連携し、次世代に継承していく技術やサービス、商品を持つ事業者や、新型コロナウイルスを乗り越えるための新しいビジネスモデルを構築し、市民の安全・安心に取り組む事業者をサポートするために企画されたものです。新しい時代に、残したい・伝えたい。そんな企業を、ぜひ、みんなの力で支えましょう。応援よろしくお願いいたします。(事務局・いわき商工会議所 創業・承継委員会)

■特定商取引に関する記載
・販売事業者名:株式会社おのざき
・代表者名:小野崎 幸雄
・事業者の所在地:〒970-8026 福島県いわき市平字鎌田町38番地
・事業者の電話番号:0246-23-2259
・送料:送料込み
・対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
・ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
・その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal )をご確認ください

■通信販売酒類小売業免許
名義/番号:株式会社おのざき 税務署名:いわき その他:平成24年11月20日免許(いわき法第9183号)

  • 2022/05/05 12:15

    みなさん、こんにちは!専門家の小泉武夫先生を訪問した私たちは、魚のアラを活用した人向け食用商品の開発は、実は想定以上にハードルが高いということに気づかされました。そんなこともあり、私たち3人は、今後の方向性について議論を重ねました。そして導き出した答えは...「多々ある課題を乗り越え、魚のアラ...

  • 2022/04/12 11:32

    みなさんこんにちは!魚のアラを使った商品開発を進める中で、・魚の油分が多すぎる・旨味を最大限に引き出すことができないの課題に直面しておりました。そこで私たちは、専門家に意見を仰ぐために、福島県いわき市出身の大先輩で東京農業大学名誉教授である小泉武夫先生(https://koizumipress...

  • 2022/04/05 14:03

    みなさんこんにちは!クラウドファンディングが終了しておよそ2週間が経過しました。この2週間のうちに、魚のアラを活用した商品開発にあたって非常に濃い進展がありましたので、複数回にわけて商品開発の進捗を共有して参ります。まずはじめに、アラを活用した商品開発のために、3人のチームを結成しました。株式...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください