プロジェクトページの作成

イベントを開催するためのプロジェクトや、リターンでイベントを設定する際の注意点は?

イベントを開催するためのプロジェクトや、リターンでイベントを設定する際の注意点

クラウドファンディングでリアルイベントを開催する際は、注意すべき点があります。ここではプロジェクトページ作成時に必ず記載しておく4つのポイントをご紹介します。

・クラウドファンディングでイベントを行うために資金を募る
・クラウドファンディングプロジェクト内でイベントをPRする
・リターンとしてパトロン限定のイベントを行う

このようなプロジェクトを行う際に、プロジェクトページに入れておくべき情報をまとめました。報告会や講演会など支援者を集めて行うものが設定されている場合はプロジェクトページの中に下記の内容を記載しましょう。

1.日程を記載しましょう

イベントを行う日程を記載しましょう。詳細が決まっていない場合は、◯年◯月頃などおおよその日程を提示しましょう。

2.場所を記載しましょう

イベントを行う場所を記載しましょう。場所名だけではなく住所も記載しましょう。詳細が決まっていない場合は、〇〇地区、〇〇近郊などおおよその場所を載せましょう。各種交通機関からのアクセス方法なども紹介するとさらによくなります。
※Googleマップを利用される場合は、Googleの利用規約に則りご利用ください

3.限定数を設定しましょう

イベントに参加できる人数に上限がある場合はリターンに限定数を設定しましょう。プロジェクト公開後は限定数を設定・変更することができないため注意しましょう。

4.プロジェクトオーナー様ご自身が出向く場合の費用について記載しましょう

報告会や講演会などでプロジェクトオーナー様ご自身が出向くリターンを設定する場合は、交通費や滞在費などについて詳細を記載しましょう。交通費や滞在費について別途必要か、それともリターンの金額に含まれているか記載しましょう。

例)10,000円のリターン:世界一周の報告会を開催できる権利世界一周後20○○年から全国へ報告会開催に出向きます。世界一周するのに準備が必要なこと、世界一周した感想、困ったことなど講演してほしい要望に応えます。事前にメールにて講演内容について相談しましょう。交通費は10,000円に含まれておりませんので、別途請求いたします。

プロジェクトオーナー様が知っている情報を全て支援者の方が知っているわけではないため、支援者の立場に立って必要な情報を記載しましょう。

クラウドファンディングのプロフェッショナルが
全力でサポートします

経験豊富なCAMPFIREの専任スタッフがあなたのプロジェクトをサポートします。
1つのプロジェクトに1人が担当しますので、わからないことはお気軽にご相談ください。