Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

tatako

5件のパトロンと0件のプロジェクトオーナーになっています

  • 現在地:未設定
  • 出身地:未設定

    【福島の子どもたちに思いっきり遊べる夏休みを】遊ぼう青森キッズサマーキャンプ

    福島県の子どもたちに思いっきり夏休みを楽しんでほしいを実現させるプロジェクトです。子どもたちが赴く先は、自然豊かな青森県十和田市。体験乗馬やキャンプを通じて「十和田の楽しい」を身をもって感じてほしいと考える多くの地元方々の協力も得て、今年で6回目の開催を目指します。 皆様、応援お願いします。

    FUNDED
    現在193,000円
    パトロン21人
    残り終了

    人工呼吸器を使う子どもたちと家族のためのシーツを作って届けたい!

    【サードゴール30万円挑戦中!】医療の進歩により自宅で人工呼吸器を使う子どもは国内で三千人を超えました。そんな寝たきりの子どもたちの必需品が、背中の湿度調整をする「空調マット」。このプロジェクトは、空調マット用のカバーシーツを作って、子どもたちとご家族に、皆様の想いを添えて届けるチャレンジです。

    SUCCESS
    現在354,400円
    パトロン66人
    残り終了

    「今夜、行き場のない人」を路頭に迷わせないため、団体の枠を越えた基金を作りたい!

    今日も、誰かの緊急事態。でも、東京には「傘」がない。世代、国籍、SOGI……あらゆる分断を越えて、誰も路頭に迷わせない東京をつくるため、8団体協働で緊急一時宿泊時の宿泊費拠出と横断的な調査をおこなう「東京アンブレラ基金」を立ち上げます。

    SUCCESS
    現在6,113,500円
    パトロン741人
    残り終了

    世界が忘れた「カチン国内避難民」の子どもたちに学びの機会を作りたい

    ミャンマー北部で長い紛争が続いています。紛争の影響は、いつも罪のない子どもたちに最も大きく及びます。自らも避難しつつ、子どもたちを育もうとする方々とともに、約1年間、学びの場を作りたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

    FUNDED
    現在192,000円
    パトロン26人
    残り終了

    「パパに会いたいプロジェクト」原発事故自主避難の子どもたちに家族の時間を届けたい

    原発事故自主避難の多くは母子避難です。父親は福島県に残り家族の生活を支え続けています。母親は一人我が子を育て、子どもたちは年に数回しかパパに甘えることが出来ません。そんな子どもたちにパパを届けたいのです。

    FUNDED
    現在160,000円
    パトロン24人
    残り終了